アドバンス 理工。 研究成果最適展開支援プログラム A

アドバンス理工(シリーズ No.1660)|会社の流儀BLOG

Siウエハ、化合物ウエハの高温加熱• 本新技術では、強力な加水分解性能を有し繰り返し利用可能な「カーボン固体酸」を用いて、安価な未利用バイオマス原料を加水分解することにより、原料コストの大幅低下および製造コストの低下を達成する高付加価値糖の生産プロセスを確立し、量産化への足掛かりとする。 製品情報 Products• 2005年 4月 真空冶金株式会社が UMAT株式会社を合併し、アルバックマテリアル株式会社に商号変更。 1985年 3月 核融合臨界プラズマ実験装置「JT-60」の真空排気系を納入。 を設立。 1982年 1月 台湾台北市に ULVAC TAIWAN Co. 磁心材料は、これまでの数十年に渡り、主にケイ素鋼板が用いられきたが、省エネルギーの観点から我が国が強みとする材料革新が求められている。

>

変態点記録装置システム

2014年 6月 ULVAC Research Center TAIWAN, INC. 今後は実験装置から生産装置への橋渡しを担える人間を増やすことで自社の競争力を引き上げようとしている小針会長。 1992年 6月 資本金38億50百万円に増資。 はじめに 太古の昔に金属(鉄)が発見(製造)されて依頼 現在まで、さまざまな工夫、改善を凝らし、色々な 製品(形態)に加工されてきました。 詳細情報. 2000年 4月 台北五股サービスセンターを開設。 また、アルバック九州株式会社がアルバック精機株式会社を吸収合併。

>

アークウエルダ HA

FAQ• 2002年 7月 アルバック東日本株式会社が高山アルバック株式会社を合併し、アルバック イーエス株式会社(現・アルバック販売株式会社)に商号変更。 を設立。 卓上型ランプ加熱装置 MILA-5050(50mm角 タイプ)• 生産・開発については、各事業所の役割整理がひと段落した。 2005年 12月 台湾にフラットパネルディスプレイ製造装置などの製造を目的とした ULVAC Taiwan Manufacturing Corporation と、部品加工や部品洗浄などフィールドサポートを目的とした ULTRA CLEAN PRECISION TECHNOLOGIES CORP. 本新技術により、低熱膨張材料の評価を手軽に行えるようになることは、上記分野において、材料開発等の加速、歩留まりの改善を始めとする生産技術の向上、品質管理に寄与することが期待される。 2003年 3月 米国 RELIANCE ELECTRIC COMPANY より日本リライアンス株式会社株式(31%)を取得し、持分を81%に引き上げ。 2018年 10月 寧波愛発科真空技術有限公司が第三者割当増資を実施。

>

変態点記録装置システム

サポート技術情報 Support• 「実験」と「生産」の融合 真の教養持つリーダー育成 昨年1年間をかけて、チノーとのコラボレーションによる計装技術の開発に挑戦した同社。 を設立。 本新技術では、光干渉式の熱膨張率計測装置に、精密な振動減衰機構と温度制御機構を加えるもので、一般の実験室の振動レベル・温度揺らぎでも正確な熱膨張率計測を可能にするものである。 サポート技術情報 Support• 調節計• 2017年 9月 100%子会社化に伴い、愛発科中北真空(沈陽)有限公司を愛発科真空技術(沈陽)有限公司に商号変更。 光CVDの基板加熱などのエレクトロニクス材料の高温加熱• 近年、焼却炉やエンジンルームなどから排出される熱エネルギーを再生エネルギーとして回収する技術が注目されているが、中でも熱エネルギーを電気に変換する際、熱電材料による発電技術はメンテナンスフリーでクリーンな技術として需要が高まってきている。

>

沿革|企業情報|アルバック

材料ライブラリーからAIによって絞り込まれた候補材料を化学合成し、デバイス評価にて検証する。 1987年 5月 グループ会社支援のため、株式会社アルバック・コーポレートセンターを設立。 ガラス基板、セラミックス、複合材料などの熱処理• 2007年 9月 埼玉県日高市に大型の精密ステージの製造・販売するためシグマテクノス株式会社本社工場を新設。 熱サイクル試験• 機能性糖類の 革新的生産技術 東京工業大学 科学技術創成研究院 教授 原 亨和 フタムラ化学株式会社 本新技術は、医療面や家畜の免疫力向上面において高い生理活性を有する高付加価値糖として知られるマンノースを、未利用バイオマスから、カーボン固体酸を触媒として用いて安価に効率よく量産するものである。 とアルバック東北株式会社が共同出資で大型基板真空用部品の製造を目的とした Ulvac Korea Precision, Ltd. 1985年 4月 関西の拠点工場としてアルバック精機株式会社を設立。 2009年 4月 中国にタッチパネルの製造などを目的とした愛発科豪威光電薄膜科技(深圳)有限公司を設立。 次なるステージに向けて、注力するのはリーダーの育成である。

>

沿革

1982年 11月 米国 The Perkin Elmer Corp. サイリスタレギュレータ• 1964年 1月 外国事業部リライアンス部を分離し、米国 Reliance Electric and Engineering Co. 温度センサ• 2007年 11月 啓電実業股份有限公司の持株譲渡に伴い愛発科啓電科技(上海)有限公司を愛発科自動化科技(上海)有限公司に商号変更。 成都東方愛発科真空技術有限公司を子会社化し、愛発科東方真空(成都)有限公司に商号変更。 2004年 7月 韓国に ULVAC KOREA, Ltd. 台湾に研究開発を目的とした ULVAC Research Center TAIWAN, Inc. これまでは、開放点検しなければ分からなかったバルブの異…. 2006年 8月 精密ステージを製造・販売しているシグマテクノス株式会社の株式(70%)を取得。 に生産工場として平澤工場を設置。 アドバンス理工は創業以来、お客様第一主義の精神に基づき、極低温から超高温の広い温度領域での熱物性測定装置と赤外線加熱冷却システムを中心に、熱の総合技術で日本および世界の科学技術の発展と生産活動に貢献して参りました。 データベースによる一元管理 ・過去に測定登録したデータ等、測定結果を素早く検索し表示出来ます。

>