猪突 猛進 読み方。 「猪突猛進」の意味や使い方を具体例と合わせて徹底解説します

猪突猛進の意味や良い時の使い方とは?例文や英語での言い方も調査!

「向こう見ずにひとつの事柄に突っ走る」という意味の「猪突猛進」とは違い、先を見据えて熟考している点が対義と言えるでしょう。 ただ、英語では日本語のようなポジティブな意味はありません。 この記事を読んで自分は「猪突猛進」と「勇往邁進」のどちらのタイプなのか振り返ってみてはどうでしょうか。 原型となる文字をイメージ出来るものもあれば、草書特有の書き方をしていて何を意味する文字であるのか分かりにくい場合があります。 この記事では「猪突猛進」の意味や語源、英語の表記や類義語、使い方の例文をご紹介します。

>

「猛進」とは?意味や使い方をご紹介

He is the type that make a headlong rush. 関連: まとめ 以上、内容を簡単にまとめると、 「 猪突猛進」= 向こう見ずに激しい勢いで突き進むこと。 基本、通常『猪突猛進』は良い意味では用いられません。 猪突猛進とは、イノシシが直線的に突進するように、 目標に対して向こう見ずに突き進むことです。 しかし日常において猪突猛進タイプの女性は「裏表がなさそう」「裏で何か企んでることはなさそう」というように、信用できるイメージがあったりします。 この例文の場合、「若いので猪突猛進な部分を持っていても仕方がない」というようなポジティブな意味が伝わります。 「 語源」=イノシシのように、激しく直線的に突き進む様子から。

>

猪突猛進の意味や良い言い方は?使い方・例文も解説

だけど、「子供は猪突猛進するくらいがちょうどいい」とも言ってくれていました。 目標に向けて突き進むという事自体は 良い事ではあると思いますが、 行動を起こす際は 将来とか周囲の事を考えて 行動を起こした方がいいでしょう。 ただ、 目標に向けてひたすら前進する という意味で用いる場合なら、 猪突猛進よりも 勇往邁進 ゆうおうまいしん の方が良い言い方と言えるでしょう。 信頼している人から言われたのなら、 「忠告されてるのかな」 「行動が軽率だったかな」 と、反省すべき言葉なのです。 (こちらについては、後ほどたっぷり解説しています)• まとめ それでは、猪突猛進(チョトツモウシン)の意味についておさらいしていきましょう!• まっしぐらに進む人の性格を表すときにも使われます。

>

「猪突猛進」の意味や使い方を具体例と合わせて徹底解説します

「猪」の読みをしっかりと覚えておきましょう。 また、その他の選択肢としては 「 違う四字熟語を使う」という方法もあります。 例えば『一意専心』という四字熟語は「わき目もふらずに心を一つのことだけに注ぐこと。 将来を考えず、ただがむしゃらに突き進む。 「沈思黙考」は「黙って深く考えをめぐらせること」を意味します。 この場合は、「良い・悪い」というよりも 「 突き進む時の勢いの激しさ」を強調するような時に使います。 60,938pv 日常生活の中で そっこう という言葉を用いることがありますが、 「そっこう」に当てはまる漢字には ・速攻 ・即効 ・. 彼はよく 猪突猛進するが、若い内は行動力があった方がよい。

>

猪突猛進の意味とは?元々は悪い意味?良い言い方は?由来/対義語や例文も!

「直往邁進」と「勇往邁進」は頭の「直」と「勇」のちがいだけで、基本的な意味は同じです。 「 勇猛果敢(ゆうもうかかん)」:勇ましく力強く、決断力があり何事も恐れない様子• たとえば、「彼の猪突猛進な姿勢が業績にプラスに働いている」「猪突猛進、顧客満足度向上のために頑張ろう!」といった表現も可能です。 年賀状では良い意味で使用される 「猪突猛進」は、「猪」の漢字を含むことから、猪年の年賀状でも好んで使われる表現です。 猪突猛進の語源・由来 次に、「猪突猛進」の語源を認しておきましょう。 そして 「猪突」の意味は、真っ直ぐに突き進む猪のことや、向こう見ずに物事を行うことです。 これは、年賀状などで使用する言葉として広く使用されている例文です。

>

四字熟語「猪突猛進(ちょとつもうしん)」の意味と使い方:例文付き

「猪突猛進」のように、はた迷惑な行為のニュアンスはありませんので、結婚式のスピーチで上司が新郎の仕事熱心な人柄を賞賛するときによく使われます。 猪突猛進な人は、悪い言い方をすると周囲への配慮が足らず、空気が読めない人です。 「 類語」=「暴虎馮河・匹夫之勇・直往邁進・一意専心」など。 つまり、「猪突猛進」は 「 イノシシのように激しく直線的に突き進む様子」 からできた言葉ということですね。 正しい読み方と共に、正しい漢字表記もしっかり覚えておくようにしましょう。 一方で、自らが使用する場合は、解釈の誤解を生まないよう従来の意味合いであるネガティブなニュアンスにとどめた方が無難です。 「暴虎馮河」は「向こう見ずで命知らずの人、またはそのような人の行動」「自分の力量を顧みず、感情にまかせて命知らずの無謀な行動をすること」という意味の言葉です。

>

猪突猛進【ちょとつもうしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

「猪年」にかけた、言葉遊びのひとつとして定着しているようです。 ・キミは彼のことになると、いつもの冷静さを欠いて猪突猛進な性格に変わるね。 実際の猪は方向転換もお手の物で、 バックもUターンもできるんですが、 猪が全速力で走っている様子は、、 その強靭な筋肉からスプリングが跳ねるような勢いのある走り方をして、 まさに猪突猛進の様子なので、 前にしか進めないと思われたようです。 私の上司は 猪突猛進型のタイプで仕事に対してはとても熱心だが、家事はろくにせず、家の中はゴミ屋敷と化してしまっているようだ。 」という意味です。

>

「猪突猛進」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

ひとつのことに向かって猛烈な勢いで突き進むこと• いずれも、「向こう見ずに突っ走ってしまう点が心配材料だ」というようなニュアンスで使用されています。 猪突猛進の書き方 四字熟語「猪突猛進」習字 四字熟語 四字熟語 読み方 ページの概要 猪突猛進 ちょとつもうしん 「猪突猛進」の四字熟語に対して、多彩な書体デザインによる比較検討の図鑑のように制作してみました。 なぜ私の同僚は周りの注意もきかずに自分の意志だけで行動するような 猪突猛進な人なのか、私には理解できない。 そのため、中国語では、ブタが『猪』で、家畜化されていない野生の猪を『野猪』と表します。 様々な種類の草書体が存在しており、その一種類から四字熟語の「 猪突猛進 」で表記することで文字の表現力を紹介しています。 」 「 猪突猛進で勝手に突っ走る部下の相手は本当に疲れるよ。 このような、凄まじい勢いで、かつ走り出したら止まらないという猪の突進のイメージから、「猪突猛進」という四字熟語が出来上がりました。

>