オランダ 商館。 日本関係海外史料 オランダ商館長日記 訳文編之三(上) syoho12

平戸オランダ商館の歴史

白糸割符仲間による価格統制や蘭船出帆時期に対する統制の撤廃要求はなお懸案のままであり、幕府はポルトガル人排斥にはなお逡巡している。 そこで、日本が他国からの支配を受けないように、影響力のあるキリスト教の普及を止めました。 もとより貿易交渉が主任務であるが、中には医学、物理学などの学術を修得し、日本人に教えたり、蘭書を読解、翻訳著述する者も現れた。 地表に露出した石灰岩が雨水などで浸食されて誕生した地形のこと。 カテゴリ: ,• 136代 128代 、 ダニエル・アーメナウルト(2度目)(1772年11月4日-1773年11月22日)• これにより1602年に設立した東インド会社の船は 1609(慶長14)年に九州の平戸に到着し, オランダ総督のマウリッツから家康への親書と 献上品がもたらされます。 一番船船頭とは貿易品を運ぶオランダ船の船長のこと。

>

出島和蘭商館跡

有名なものでは、フランスの 二月革命やその後、 ルイ・ナポレオンが大統領に選ばれたこと、ヨーロッパ各国に自由主義、民族主義が波及して混乱にあることなどが記載されています。 (在任:1613年 - 1614年)• また、外国からの侵略に備えていたという説があります。 131代 123代 、 (1766年11月1日-1767年10月20日)• 13代 5代 、 ピーテル・アントニススゾーン・オーフルトワーテル(2度目)(1644年11月24日-1645年11月30日)• カテゴリ:•。 乗り込んでいった商館員は人質となり、同艦は湾内のオランダ船の有無を問い、食料等を要求した。 のちに三河吉田城(現在の豊橋市)の城主となり、徳川家を支えていますが、鳥田家も深溝以来. 出島は人の手で造成された「人工の島」。 二十二日に暇を許されるまでの間、商館長は何度か、大目付井上政重及び高官等の様々な質問を受けたが、一六四四年ブレスケンス号南部入港の際に捕縛されたオランダ人十名の釈放が、前年に続いて日本側の最も重要な話題であった。

>

平戸オランダ商館

159代 151代 、 (1826年8月4日-1830年8月5日)• 132代 124代 、 ヤン・クランス(3度目)(1767年10月21日-1769年11月8日)• 77代 69代 、 (1708年11月2日-1709年10月22日)• 山本家(初代・山本佐五左衛門)は三河吉田藩・松平忠利(まつだいらただとし)時代からの深溝松平家の家臣。 114代 106代 、 ヤコブ・バルデ(2度目)(1748年11月12日-1749年12月8日)• オランダ商館が出島に移った後、この付近は商人地となっていたが、オランダ塀、オランダ井戸、オランダ埠頭、護岸石垣など商館時代の遺構は現在でも残っている。 一六四六年の秋、最後の船は十一月十六日に帰帆した。 家康は使節を駿府に迎え、書状と通航許可の朱印状を託した。 17石2人扶持で、下級武士ながらの門構えは最後. 翌日着いた大坂で天候の都合等から二月十二日まで留まった後、船で瀬戸内海を下り、二月二十二日に下関に着いた。

>

徳川幕府は貿易相手国として、なぜオランダを選んだのか?

166代 158代 、 (1852年11月2日-1860年2月28日) 関連文献 [ ] 以下のの著書を参照。 オランダ商館は島原の乱の際に、大砲を搭載した商船を 差し向け、 反乱軍に発泡し鎮圧に貢献したのです。 その結果、 蘭学を学ぶ人が現れます。 オランダは、ポルトガルと違って、交易のみの方針をとっていたので、宗教上の軋轢(あつれき)を生むこともありませんでした。 本館をはじめ、宿泊所、調理場などが整備されていきました。 民家72戸分を立ち退かせて建設した。

>

オランダ商館とは

143代 135代 、 アレント・ウィレム・フェイト(5度目)(1780年11月6日-1781年11月23日)• 家康からオランダに朱印状が渡される このようななか、家康は日本との貿易を許可する朱印状 をリーフデ号の船長だったクワケルナックに与えます。 なぜなら、 士農工商という身分制度が日本にはあったからです。 これが、日本に到着した最初のオランダ船リーフデ号である。 日光東照宮の神馬(しんめ)の厩舎(きゅうしゃ)である神厩舎の長押には、人間の人生を表す合計で16匹の猿が彫られています。 ただし、選者も定かでありません。 8代、 (1639年3月2日-1640年2月13日)• 案外知られておらず、南アルプスの北岳で標高3193m。

>

第1部 1. 日蘭交流の始まり

これを受け家康は、使節を駿府に迎え書状と通行許可書 の朱印状を託し、オランダ商館が平戸に設立されました。 3代、 ヤックス・スペックス(2度目)(1614年-1621年)• カテゴリ:• 48代 40代 、 アルベルト・ブレフインク(2度目)(1679年10月24日-1680年11月11日)• 18代 10代 、 (1649年11月5日-1650年10月25日)• キリスト教を江戸幕府は認めませんでした。 八月八日に二隻、十三日に一隻のオランダ船が無事入港したが、船橋の建設が進み十五日には湾の入口が閉鎖された。 ところが1641年、幕府の命令により商館は取り壊され、貿易は長崎出島に移転しました。 32代 24代 、 (1663年10月20日-1664年11月7日)• (在任:1613年 - 1614年)• 本巻の圧巻は、しかし、一六三七年十二月十七日(寛永十四年十一月二日)にその第一報が平戸に届いて以後の、有馬の農民・牢人の蜂起、その天草への拡大、キリスト教徒の参加、江月和尚の平戸訪問、松浦隆信の入国、ついでオランダ商館の軍事援助、戦況と戦後処理に及ぶ、いわゆる島原の乱の経過を記した部分であろう。 このような管理貿易の体制が幕末まで続く。 破風(屋根の切妻にある合掌形の装飾板)にキリスト誕生を紀元とする西暦年号が記されていることを理由に、1640年、平戸オランダ商館は破壊され、翌1641年、33年間続いた平戸とオランダの貿易は幕を閉じました。

>

徳川幕府は貿易相手国として、なぜオランダを選んだのか?

担当者 金井圓・加藤榮一 (図版一葉、例言四頁、目次三頁、本文二五〇頁) 『東京大学史料編纂所報』第12号p. 4)、豊後国臼杵(現大分県臼杵市)の海岸に1隻の外国船が漂着した。 東インド会社も経営が悪化し1799年に解散した(以後貿易は国営)。 153代 145代 、 (1792年11月13日-1798年7月8日)• 59代 51代 、 ヘンドリック・ファン・ブイテンヘム(3度目)(1690年10月21日-1691年11月9日)• オランダ東インド会社設立の翌年である、のに商館を設置。 108代 100代 、 ヤコブ・ファン・デル・ワエイエン(2度目)(1742年10月17日-1743年11月9日)• オランダ通詞は蘭学興隆の陰の力となっている。 ポルトガルなどのカトリック教国は大名相手に交易と布教をセットで進めていたのです。 『江戸のオランダ人 カピタンの江戸参府』 (、2000年)• 京都を経て江戸到着は三十日だった。 最近のコメント• 61代 53代 、 ヘンドリック・ファン・ブイテンヘム(4度目)(1692年10月29日-1693年10月19日)• 155代 147代 、 (1800年7月16日-1803年11月4日)• 10)、オランダ国旗を掲げた船が久しぶりに長崎に入港した。

>