ドミノ in 上海。 ドミノin上海 恩田 陸:文芸書(電子版)

恩田陸『ドミノ』と『ドミノin上海』における人物紹介の変化|政宗九|note

ぐだぐだしゃべるなとか、変な豆知識を言いたがるやつね、とか。 安倍久美子(27)映画配給会社勤務。 登場人物を動かしているから。 ハイになってくると、前にちょっと書いておいたことをいつでもひっぱりだせるような脳の状態になるというか。 GK(ゴースト・キッドナッパー)の保管係。 『ドミノin上海』では安倍久美子もかなりの活躍を見せる。

>

ドミノin上海 恩田 陸:文芸書(電子版)

恩田陸『ドミノin上海』がKADOKAWAから発売された。 柔道黒帯。 驚いた泥棒が彫刻から手を離したため、彫刻が倒れ、飛び散った破片を受けた燦燦が気絶します。 最初にお聞きしたいんですが、『ドミノ』の続編の『ドミノin上海』で上海を舞台にされたのはどうしてですか。 その場ではストーリーはなかなかできないので。 スピード感溢れるパニックコメディとして人気を博した『ドミノ』()の発売からおよそ20年。 気持ちいい。

>

「ドミノin上海」恩田陸著|日刊ゲンダイDIGITAL

上田:なるほど。 だから『ブルース』も『ワンスモア』も、エチュードというかたちで膨らませていったんです。 久々に、読書の純粋な楽しさを堪能させてくれた恩田陸さんに、心からの拍手を。 冒頭から25人の人間と、パンダら3匹の動物が一斉に動き出す。 『ドミノin上海』は二十五人と三匹が出てくるので、完全に限界を超えてました。

>

神様だって、止められない。恩田陸『ドミノin上海』2月4日発売!

ダリオは、いつも出先で逃げ出す癖があり、いい匂いにつられてか王の厨房に迷い込んでしまったのです。 お客さんも覚えられないので、ここはまとめて説明しようとか、色味で分けようとか考えるんですけど。 それぞれが、それぞれの事情で青龍飯店へ フィリップが喪に服していた頃、上海浦東(ぷーどん)国際空港の到着ロビーでは、市橋えり子と田上優子、北条和美が再会に喜んでいます。 読んでいて、いちばん興奮する場面です。 故郷への帰還、熊さんとの相撲、飼い主との再会. その気はなくても、無意識のうちにその先に育っていくような種をどっかに蒔いておくみたいなことってありませんか? 『ブルース』で、引っ掛かるところがあったんですよ。

>

【書評】『ドミノin上海』恩田陸著 ポップな群像コメディー

もつれ合う人々、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが次々と倒れてゆく。 だからこの人もっと動いてくれないかなって思ったりしながら書いていたときもありました。 トラブルの真っ只中にあっても、生き生きしている。 上田:たくさんの人たちが、あるひとところに集まる話が好き、というところはあるんですか。 大トカゲは成仏できずに浮遊。 例えば、えり子達3人の元後輩森川安雄(もりかわやすお)は、上海で成功している若き実業家としてインタビューを受けているだけです。 なお、こちらに感想を書いているのでよろしければご参照を。

>

神様だって、止められない。恩田陸『ドミノin上海』2月4日発売!|株式会社KADOKAWAのプレスリリース

ペットのイグアナを調理された映画監督、動物公園のパンダと飼育員、現代アート即売会の画商、最速を目指す宅配寿司(すし)屋、観光旅行に訪れた女性陣などの姿が示された後、それぞれのストーリーが進行し、やがて直接的・間接的につながっていく。 上田:他にもこれは出しておくといいだろうというようなものはあったのですか? 恩田:ダリオや燦燦とか、動物はすごく役に立ってたな。 ところで、上田さんに聞きたかったのは、あの複雑な『ブルース』と『ワンスモア』をどうやって書いたのかってことなんです。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 今回はタイトルの通りに上海を舞台にしていまして、多くの人物の目線による群像劇形式で描かれていきます。 映画配給会社勤務で神社の神官の娘である安倍久美子(あべくみこ)と日本側プロデューサー先祖は山伏である小角正(おづぬただし)と一緒に祈祷し、魔物の除霊に挑む。

>