新潟 県 河川 防災 情報 システム。 防災情報リンク集

【迅速な災害対応に貢献】新潟県 総合防災情報システムを再構築 災害情報システムなどクラウド化

大雨等により、避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くのより安全と思われる建物(最上階が浸水しない建物、川沿いでない建物等)に移動しましょう。 現地確認に向かう自治体職員や災害対応に当たる建設業者の活用を想定している。 外出すら危険と思われる場合は、建物内のより安全と思われる部屋(上層階の部屋、山からできるだけ離れた部屋)に移動しましょう。 今回の再構築ではシステム構成のうち、災害情報システムや現場映像情報収集システム、防災ポータルシステムをクラウド化した。 2020年度からはリニューアルした現地映像情報収集システムの運用も始める予定。 洪水に備えて(河川管理課)• 水難事故に遭わないために 川で遊ぶときの注意事項がご覧になれます 問い合わせ先:河川管理課:025-280-5414、砂防課:025-280-5424 このページにリンクを貼る場合は、左記バナーをご利用下さい。 警報級、注意報級の現象が予想される時間帯をそれぞれ赤、黄色で表示し、危険度とその切迫度が一目で分かる色分け表示を行い、また、警報に切り替える可能性が高い注意報についても、通常の注意報と視覚的に区別できる表示としています。

>

河川・雨量・通行規制などのリアルタイム情報

気象庁では、大雨や強風などによって災害が起こるおそれのあるときは「注意報」を、重大な災害が起こるおそれのあるときは「警報」を、さらに、重大な災害が起こるおそれが著しく大きいときは「特別警報」を発表して注意や警戒を呼びかけます。 人が大勢集まる屋外行事や高所作業のように避難に時間がかかる状況では、万一に備え早め早めの避難を心がけてください。 警報等に先立って、注意を呼び掛けたり、防災上の注意点を解説します。 上越市内の雨量状況、河川水位情報、ダム諸量状況が分かります。 参考:• 中小河川の上流域に降った雨による洪水害発生の危険度の高まりの予測を示しており、洪水警報等が発表されたときに、 どこで危険度が高まるかを地図上で確認できます。 実際の降水量、風向・風速、気温、日照時間等の観測データが分かります。 地震について 現在情報はありません。

>

【迅速な災害対応に貢献】新潟県 総合防災情報システムを再構築 災害情報システムなどクラウド化

蓄積した情報の中から、避難発令や避難所状況、支援要請、防災気象情報などを情報の種別ごとに抽出し、詳細とともに時系列表示できるため一覧性が高まった。 大雨警報(土砂災害)が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったとき発表されます。 気象レーダーの観測データを利用して、250メートル解像度で降水の短時間予報を提供します。 判定結果は「前ぶれ注意レベル(レベル1)」「警戒レベル(レベル2)」「危険レベル(レベル3)」の3段階で表されます。 安全で安心して暮らせる県土づくりは最も根幹的なものであり、土木部の重要課題として、災害復旧はもちろん防災対策に力を注いでいます。

>

河川・雨量・通行規制などのリアルタイム情報

積雪の高さだけではわからない積雪荷重(推定値)を知ることができます。 上越市では、災害情報等の市民の皆さんの安全・安心にかかわる情報をメールで配信しています。 また、天気が急変したときには随時修正して発表されます。 スマートフォン版サイトはこちら! 左記の全て(道路・河川・砂防・焼山)の情報がご覧になれます 問い合わせ先:河川管理課:025-280-5414 (URL) <外部リンク> (QRコード). また、記録的短時間大雨情報は、数年に一度しかないような短時間の大雨を観測・解説したりしたときに発表されます。 総合防災情報システムは、災害時の防災情報の収集や共有、配信が主な機能。

>

【迅速な災害対応に貢献】新潟県 総合防災情報システムを再構築 災害情報システムなどクラウド化

県や市町村、北陸地方整備局など関係機関が被害情報や災害対応情報を入力・閲覧でき、蓄積された情報を基にLアラートや防災ポータル、ツイッターなどで市民に避難情報などが伝えられる。 参考:• 5分間隔で発表され、1時間先までの5分毎の降水の強さを予報します。 参考:• 短時間強雨による浸水害発生の危険度の高まりの予測を示しており、大雨警報(浸水害)等が発表されたときに、どこで危険度が高まるかを地図上で確認できます。 新潟県 土木防災情報システム <外部リンク> 通行規制情報がご覧になれます 問い合わせ先:道路管理課 025-280-5476 <外部リンク> 降雪量、道路雨量等がご覧になれます 問い合わせ先:道路管理課 025-280-5476 <外部リンク> <外部リンク> 河川水位・雨量・ダム情報等がご覧になれます 問い合わせ先:河川管理課 025-280-5414 <外部リンク> 土砂災害危険度情報等がご覧になれます 問い合わせ先:砂防課 025-280-5424 <外部リンク> 新潟焼山の監視画像等がご覧になれます 問い合わせ先:砂防課 025-280-5424 【利用における注意事項】 この情報は、無人観測所から送られてくるデータを観測後直ちにお知らせする目的で作られています。 また、豪雪地帯である本県は毎年のように雪崩が発生し、山間地に居住する人々の大きな不安となっています。 従来のシステムは09年から運用していたが、システムの機能維持や、災害時の大量の情報の取捨選択などに課題があり、再構築に至った。 竜巻注意情報が発表された場合、周囲の空の様子に注意し、空が急に真っ暗になる、大粒の雨が降り出す、雷鳴が聞こえるなど、積乱雲が近づく兆候が確認された場合には、頑丈な建物に避難するなど身の安全を確保する行動をとりましょう。

>

ŒF–{Œ§ “‡Œ^ –hÐî•ñƒVƒXƒeƒ€

土砂災害危険度は、雨量の解析値や予測値などから現在および今後の降雨水準を算出し、その結果を基に土砂災害発生の危険性を判定したものです。 参考:• 家屋等の建造物の倒壊を防ぐ雪下ろし作業のタイミングの判断に役立ちます。 降水短時間予報は、15時間先までの1時間ごとの降水量を提供します。 土木部ホームページ「大地とまちの縁がわ」内を検索. インターネット環境を通じて市町村や関係機関からのアクセスも容易になったほか、クラウド化により被災した場合のバックアップ機能も高まった。 そのため、観測情報の故障や通信異常等による異常値がそのまま表示されてしまう可能性が有ります。 参考:• 台風が発生しているときに、台風の72時間進路予報が発表されます。

>