黒子 の バスケ あかし。 プロフィール:赤司征十郎(あかしせいじゅうろう)

プロフィール:赤司征十郎(あかしせいじゅうろう)

背番号は12。 結果的に適わなかったが、日向が彼のシュートを攻略するキッカケとなった。 プレースタイルもチームプレーから圧倒的個人技を駆使したバスケに変わっていった。 WCから陽泉に加入した帰国子女。 その能力はどんな体勢からでもシュートを打てるというもの。

>

【黒子のバスケ】キャラクター人気投票ランキング!一番人気なキャラは誰だ!

私自身、全部見ているほどの大ファンで特にバスケットボール経験者なら. 当初は「影として光(火神)を日本一にする」ことを目標に試合に臨むが、IH予選で中学時代の相棒である青峰の所属する桐皇に敗退した後、「帝光中の6人目」ではなく「誠凛高校の11番 黒子テツヤとして日本一になりたい」と志を改める。 中学時代に対戦した木吉の実力を高く評価している。 ポジションはPG。 桐皇内でこそ目立たないが、並の高校ならエースクラスの実力がある。 中学時代の後輩である花宮からは「人の嫌がることをさせたら右に出る者はいない」と評され、重要な局面においての3Pシュートを決めることで相手の戦意を削ぐことが多い。 中学時代の黒子の光であり、現在も彼のことを愛称の「 テツ」と呼ぶ。

>

【黒子のバスケ】キャラの名前に隠された秘密とは?人気キャラ投票実施中!

父親の教育による負荷の影響から発生したためか、徹底した勝利至上主義者で、「 全てに勝つ僕は全て正しい」という極端な思想を持つが、それを体現する圧倒的な強さを見せつける。 策略家な部分も窺える。 ポジションはPF()。 実力テストでは2年生305人中112位と、バスケ部2年生では最も成績が悪い。 努力家であり、プライドも高い。 非力だが優れた技巧を持つ「柔」のC。 ポジションはSF()。

>

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説まとめ

かわいいと言われることもあるが、ギリギリBカップのがコンプレックスで、やそれに目が釣られる男を敵視している。 1on1では青峰を抜き、紫原がゴール前でボールに触れるが、力でねじ伏せてゴールを決めた。 高校は京都の洛山高校に進学し、バスケ部の主将を務めている。 リバウンドが得意で、その実力は笠松も推している。 だが、黛にわざと得点させて目立たせることで「 上書き」を行い、影の薄さを取り戻すことに成功する。 チームプレイよりも個人プレイが目立つ。 黄瀬涼太(きせりょうた)が人気の理由 黄瀬の特技は「模倣」であり、「キセキの世代」全員の技を模倣する「完全無欠の模倣」も習得します。

>

プロフィール:赤司征十郎(あかしせいじゅうろう)

ボールを片手で保持できる大きな手と握力の強さを活かし、ボールを手放す直前でプレーを強引に変更できる「 」を持ち、WCでは用の新技「 」を披露する。 誠凛バスケ部唯一の彼女(声 - 小林真麻 )持ち。 ポジションはSF。 誰に対しても丁寧語で話すなど基本的に礼儀正しく、冷静沈着で言いたいことは率直に言う性格。 現実のバスケでも稀に起こる現象である。

>

プロフィール:緑間真太郎(みどりましんたろう)

顔をからかわれるなどチームメイトたちからは軽んじられているが、重要な局面では主将らしい優れた統率力と判断力を見せる。 女性ファンの多い黒子のバスケですから、その優しくて甘いマスクも人気の秘密なのは言うまでもありません。 プライベートで外出するときは帽子を着用する。 背番号は4(『EXTRA GAME』では大学生バスケットボールチーム「Strky」の7)。 WCで黄瀬を擁する海常高校と対戦。

>

プロフィール:赤司征十郎(あかしせいじゅうろう)

家事は自分でこなしているため、部活の合宿では自作の料理を振る舞うこともあり、本人も非常に大食い。 バスケに関しては優れた頭のキレを見せることがあるが、勉強は苦手で学業成績は悪く 、誠凛の入試もギリギリで合格した。 今吉翔一 声優:中井和哉さん• 中村 真也(なかむら しんや) 声 - 身長:181cm 海常高校2年生。 ポジションはPF。 間延び気味な口調でしゃべる。

>

プロフィール:緑間真太郎(みどりましんたろう)

赤司征十郎 ・単純な能力強化。 ポジションはSF。 彼もまた天才の一人であり、ラフプレー無しでも他を圧倒するほどのバスケセンスを誇る。 負けず嫌いで、バスケでの挑発にはお返しを忘れない。 背番号は10。 ポジションはPG。 は「百戦百勝」。

>