ダイハツ タント l。 【公式】タント トップページ|ダイハツ

ダイハツ・タント

【エクステリア】 カスタムで良かったです。 月間販売目標は8000台と発表されている。 前期型で採用されていたプレミアムシャインブラックはメーカーオプションの「プレミアムシャインブラックパネルパック」で設定可能。 - 福祉車両「フレンドシップシリーズ」の新たなラインナップとして、「タント フロントシートリフト」を発売。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2014年7月4日 , 2014年7月4日閲覧。

>

タントスローパー

660 カスタム VSターボ 4WD• 660 Xターボ SAII• グレード体系はNAエンジン搭載の「L」・「X」とターボエンジン搭載の「RS」の3グレードを用意。 電動シート• 軽自動車と割り切れば良いですが坂道は試乗で試すのが良いです。 6月10日 - ティザーCMを放映開始。 」で、CMキャラクターには、CMソングにはの「ORIHIME」が起用された。 4速ATを廃止し、変速ショックとタイムラグのないスムーズな加速とするCVTを全車に設定。

>

型式:DBA

4月 - 仕様変更。 福祉車両として軽自動車としては初めて助手席に昇降シートを採用したモデルも販売開始した。 また、全車速追従機能付ACC(アダプティブ)、LKC(レーンキープコントロール)、サイドビューランプ及び駐車支援システム「スマートパノラマパーキングアシスト」(付き車種では軽自動車初)で構成された運転支援機能「スマートアシストプラス」も採用された。 前述の東京モーターショーに参考出品された仕様を市販化したもので、軽自動車の助手席昇降シート車では初めて、2モードの昇降機能を搭載。 L FF:1,331,000円、4WD:1,457,500円• グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-LA600S 658cc 5 CVT FF 4名 28. NA車全グレード(「カスタムRS」を除く全グレード)において、で開発された「e:Sテクノロジー」のうち、新エンジンと改良型CVTを組み合わせたパワートレーンと停車前機能付新型「eco IDLE(エコアイドル)」、エコ発電制御(減速エネルギー回生機能)を採用したことで燃費を大幅に向上(で2WD車は24. PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2018年12月3日 , 2018年12月3日閲覧。 軽自動車にも大きな室内空間を求めるユーザーが増えたことから、販売台数では「ムーヴ」を抜いてダイハツの主力車種になっています。 初代は58馬力の直列3気筒DOHCエンジンと64馬力のターボエンジンを搭載している。

>

【ダイハツ新型タント】「新安全装備!」2020年12月1日マイチェン発売!最新情報、タントカスタム、燃費、価格は?

また、左記の2グレードに関してはリアアンダーミラー(室内付)が非装備となる。 フード、フロントフェンダー、バックドア、フューエルリッド、レールカバーを化することで、利便性・基本性能向上などによる重量増をカバーし、車両重量は2代目とほぼ同等となった。 インテリアでは「X Limited スペシャル」に軽自動車初のフローリングフロアを採用し、高級感と(清掃面など)使い勝手の両立をも実現した。 660 カスタム X スマートセレクション SA• キャッチフレーズは、標準系が「幸せ満点スモール」、カスタム系が「KING OF SMALL」で、CMキャラクターは標準系がと、を、カスタムは豊川悦司(2代目カスタム後期型から継続)と、菅野美穂が起用された。 660 フレンドシップ スローパー X SA• 660 カスタム X スマートセレクション SA&SN 4WD• また機能面では、ミラクルオープンドア開口部の足元を照らすスライドドアステップランプを装備し、後席に加え前席にも収納力のあるオーバーヘッドコンソールを設定した(ともに一部グレードに標準装備)。 左右分割してロングスライド(260mm)やリクライニング、手軽な操作での格納が可能なリヤシート、広大でフラットなラゲージスペースを確保する。 660 X スペシャル• 660 ワンダフルセレクション 4WD• スタイリッシュ&スペーシャスをコンセプトとした「タントエグゼ(TANTO EXE)」は、 ソファ感覚の座り心地の4席グラマラスコンォートシートを採用。

>

タントスローパー

大きな荷物もミラクルオープンドアと助手席ロングスライドによる広大な間口からラクな姿勢で積載が可能。 660 X SAIII• 660 X SA• 走行10km以下の「新古車」がまだ流通している。 さらに、「G」はメッキフロントグリル、エアロバンパー、リアスポイラー、フォグランプなどのエアロパーツやカスタムシリーズと同型の大型3眼メーター(タコメーター付)、ブラックを基調としたインテリアを採用し、高級感やスポーティー感を高めた他、以前設定されていた「X Limited」がバックモニター付きナビゲーションを標準装備して復活した(これに伴って、「X Special」は廃止)。 初代は58馬力の直列3気筒DOHCエンジンと64馬力のターボエンジンを搭載している。 衝突被害軽減システム• - インターネット・アーカイブキャッシュ• 内装にはセンタークラスターとドアアームレストにクリアホワイトを、シートに撥水加工を施したフルファブリックと防汚加工を施したホワイトのソフトレザー調のコンビシートを、エアコンレジスターノブにメッキをそれぞれ採用し、シルバー加飾を施したエアコンセンターレジスターリングを採用した「X"ホワイトアクセントSA II"」を追加。 2013年のフルモデルチェンジでは後席がフルフラットとなり、後部ドアは両側ともスライドドアとなった。 特別仕様車「VS」は「L」をベースに、各種エアロパーツや、ブラックの 専用内装などの採用により、スタイリッシュで上質感のある内外装とするとともに、キーフリーシステムなど装備を採用した。

>

タント L FF CVT(無段変速車)(2019年7月) のカタログ情報(10122385)|中古車の情報なら【グーネット中古車】

ダイハツ タント 660 L SA キーレス 富山県の詳細画像 その9• 電動リアゲート• センターメーターは見やすいエリア・距離に配置し、文字を大きくした。 中古車市場では2008年式以降の比較的新しい車種で走行距離が5万km程度、価格は70万円台から100万円台と値段的には高止まりしている。 660 カスタム VS 4WD• 走行10km以下の「新古車」がまだ流通している。 「LKC(レーンキープコントロール)」 車線をステレオカメラが検知し、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシスト• NA車の全グレードのエンジンを「第2世代KFエンジン」に置換し燃費を向上。 660 フレンドシップ ウェルカムシート カスタムX SA• 660 カスタム X トップエディション SAIII 4WD• 今回、NA全車に「第2世代KFエンジン」を搭載。

>

ダイハツ タント 660 Lの基本スペック|中古車なら【カーセンサーnet】

スライドドア• 660 Xターボ• ただし、「カスタムX"SA II"」における外観の変更、「X"SA II"」におけるプレミアムシャンブラックのセンタークラスターの採用、ウェルカムシート「L"SA II"」におけるリアアンダーミラー(室内付)の標準装備化のみで、タントの内装色は前期型に引き続きベージュ内装が採用される。 660 フレンドシップ ウェルカムシートリフト カスタム RS• 新型タントでは「ミラクルオープンドア」と運転席&助手席ロングスライドの3点を合わせた「ミラクルウォークスルーパッケージ」を採用することで、助手席側から運転席までスムーズに乗り降りすることができるようになっています。 カスタムは「L」を廃止して3グレード体制となり、全車にトップシェードフロントガラスを装着し装備の充実を図った。 「タントカスタム」は、大型エアロバンパーの採用やバックドアのメッキ加飾追加などで、上質な外観とした。 660 ハッピーセレクション• - 小物類は撮影のために用意したものです。 12月28日 - タントカスタムの新CMの放映が開始され、走行性能を示すために撮影地に採用された急勾配のとともに話題となる。 660 フレンドシップ ウェルカムシートリフト X 4WD• Photo(右):Xターンシート仕様。

>