ベンツ suv 中古。 GLS(メルセデス・ベンツ)の中古車

GLE(メルセデス・ベンツ)の中古車

電動格納ミラー• チップアップシート• このモデルは、リアバンパーの下部に足を近づけることによって、トランクリッド/テールゲートが開閉する「フットトランクオープナー」が標準装備されています。 内外装デザインを一新して、最新技術と装備を搭載。 ピックアップトラック• パワーシート• キーレス• ただ安定した人気を誇っているので、中古車を手放す際に高いリセールバリューを発揮する。 TV フルセグ• グレード構成は多彩で、30年前の1990年式230GEも流通しているが、最も多いのが約53台のG350dで、価格帯は約638万~約1149万円となっている。 ヘッドライトウォッシャー 安全装置• このW463型Gクラスは2018年にフルモデルチェンジに匹敵するビッグマイナーチェンジを行っており、すでに登場から30年が経過したロングセラーモデルとなっている。 5万円以下• ハーフレザーシート• ミュージックプレイヤー接続可• 220 d 4マチック AMGライン ディーゼルターボ 4WD• ポータブルナビ• オートマチックハイビーム• オーディオやナビを操作するコマンドシステムを採用 中古車の平均走行距離はこの3カ月間の間、約4000kmで推移し、平均価格も3カ月前が約1470万円で現在は約1585万円付近を横這いで推移している。

>

GLE(メルセデス・ベンツ)の中古車

ターボチャージャー• 軽自動車• そして最高出力585ps、最大トルク850Nmを発生する4L 、V8ツインターボエンジン+9速ATを搭載するG63 AMGの2グレードを用意。 エアコン• 横滑り防止装置• 武骨でタフなSUVというキャラクターは不変だが、2018年のビッグマイチェン後はプレミアム性がさらに高められて富裕層を満足させている 続いては2018年に行われたビッグマイナーチェンジ以降のGクラスだ。 グレード名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 158. 自動駐車システム• パワーステアリング• 250 4マチック エディション1 4WD• 220 d 4マチック ローレウス エディション ディーゼルターボ 4WD• シートエアコン• 衝突安全ボディ• 3L、直6エンジンはその後3. 5L、V8エンジンはスーパーチャージャー付きに変更。 ルーフレール• 220 d 4マチック スポーツ ディーゼルターボ 4WD• バックカメラ• ワイヤレス充電のQiシステムも備わる、自然対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンス)」と、最新の安全運転支援システムも与えられている。 スーパーチャージャー 国内• また、ボディカラーについては「カルサイトホワイト」「ジュピターレッド」などが設定されています。 さらに、2012年のマイナーチェンジではオーディオやナビを操作するコマンドシステムを採用するなどインテリアを大幅に改良。 オットマン• ミッション/駆動系/乗車人数• ショート以上にレアモデルだ 多種多彩なエンジンと魅力的な特別仕様車を設定 ロングセラーモデルだけにエンジンラインアップも多彩。

>

GLAクラス(メルセデス・ベンツ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

そして大きく変更されてもそれぞれの世代にファンが多いためなかなか値落ちしないのが特徴だ。 パークアシスト 過給器• CDナビ• オートライト• 全周囲カメラ カーナビ• したがって買い時は自分の欲しいクルマが見つかった時ということになる。 ダウンヒルアシストコントロール• 後席モニター オーディオ• 2019年4月には最高出力286ps、最大トルク600Nmを発生する3L、直6ディーゼルターボ+9速ATを搭載したG350dを追加し、ラインアップを拡充させている。 220 d 4マチック スポーツ 本革仕様 ディーゼルターボ 4WD• やはり高いステータスを誇るメルセデスベンツGクラスは中古車となってからも、そのステータスは全く色あせておらず、高い価格帯をキープしている。 DVD再生 AV機器• 型式名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 158. 電動格納サードシート 外装• 2018年にフルモデルチェンジ級のビッグマイナーによって一新されたGクラス。

>

SUV/クロカン メルセデス・ベンツの中古車一覧(全国)

250 4マチック 4WD• ブルーレイ再生• 220 d 4マチック ディーゼルターボ 4WD• USB入力端子• 基本的なプロポーションは変わらないが、内外装が多くく洗練された そして2018年6月にビッグマイナーチェンジを行ったGクラスが日本に導入された。 (2020. 初代Gクラスは1979年にデビュー。 メモリーナビ• このクルマは、「家族や仲間とどこへでも気軽に行ける快適な走行性能」「どんなライフスタイルにも合う多彩な使い勝手」「様々なシーンに溶け込む美しいデザイン」というコンセプトで開発されています。 デビュー当初は3L、直6エンジンのみだったが、主力エンジンとなる5L、V8エンジンを追加。 助手席エアバッグ• センターデフロック• クリーンディーゼル 内装• LEDヘッドランプ• シートヒーター• HDDナビ• ETC2. DVDナビ• 2Lへと排気量アップ。 アルミホイール• 2018年1月発売モデルには、「GLA180」「GLA220 4マチック」「GLA250 4マチック」などのグレードがラインナップされています。

>

GLS(メルセデス・ベンツ)の中古車

また、2017年4月発売モデルにおいて実施されたマイナーチェンジからは、同社のSUVの多くに採用される「パンチドグリル」、強調されたフロントフォグランプ、アンダーガードをデザインモチーフとしたフロントおよびリアバンパーなど、メルセデスのSUVが備えるオフロード特性を強調したエクステリアが採用されました。 SDナビ TV• オプション• 大人7名がゆったりできる、ラグジュアリーSUV メルセデス・ベンツのSUVの最上級モデル。 ETC• 続いて、約ディーゼルエンジンを搭載したG350d で、価格帯は約1425万~約1650万円。 ボンネットバン• 中古車の価格帯は約1425万~約2568万円とほとんど新車と変わらない水準だ。 (2020. 電動リアゲート• 現在は5ドアのロングボディだけだが、かつては3ドアのショートモデルやカブリオレも用意されていた。 エンジンは最高出力330ps/最大トルク700N・mを発生する3L直6クリーンディーゼルターボで、組み合わされるミッションは9速ATの「9G-TRONIC」。

>

GLC(メルセデス・ベンツ)の中古車

運転席エアバッグ• トラック• スマートキー• また、新型Aクラスで導入された、インフォテインメントシステム「メルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンス」と、最新の安全運転支援システムも備える。 フロントカメラ• バン・商用車• 日本市場には1983年から導入されているが、本格的導入となったのは1990年にW463型と呼ばれる2代目モデルに進化してからだ。 衝突被害軽減システム• 250 4マチック スポーツ 本革仕様 4WD• クリアランスソナー• 組み合わされるミッションが4速ATから5速ATへ変更され進化する。 ショートをベースにソフトトップを装備するカブリオレもラインナップ。 サイドエアバッグ• 日本では1997年から追加販売された。 車種の特徴 2014年に日本国内での販売が開始されたメルセデス・ベンツの「GLAクラス」は、「GLKクラス」の次にデビューした、同社5番目となるコンパクトSUVです。 ドライブレコーダー• 3列シートを備えるプレミアムSUV メルセデス・ベンツのSUVラインナップにおける中核モデルとして、プレミアムSUVというカテゴリーを創出した、Mクラスの後継車に該当するモデル。

>