コスモ 石油 ハイオク。 割高な「ハイオク」は“混合物”だった…ガソリンスタンドと石油元売りがひた隠す虚偽商法

コスモ、キグナス石油、ハイオク性能を虚偽宣伝[新聞ウォッチ]

メーカーが物流コストを削るため、「スーパードライ」「一番搾り」「ヱビスビール」など、違うブランドの商品を、同じ貯蔵タンクに保管していたという内容だ。 自動車メーカーが製品を送り出す世界の地域には、欧米などに比べて清浄性の低い低品質な燃料しか使えない国が存在する。 しかし、ハイオクには、石油元売り各社ではそれぞれENEOSがヴィーゴ、出光興産がゼアス、それぞれエンジンの洗浄性能などを謳った製品を販売していました。 でもハイオクガソリンは、わざわざ遠くのガソリンスタンドまで行って入れている人、結構います。 工業製品の品質を定義したJIS規格では、ハイオク・ガソリンの性能指標であるオクタン価は96. 過去の表示にもさかのぼって適用されるため、同法違反(優良誤認)に抵触する可能性がある。

>

中身は同じだった!?【ガチ比較】ガソリンで出力は変わるのか、4社のハイオクをNSR250Rでパワー測定

HPで「洗浄力が高い。 こういった特殊な状況においては、ノッキング防止と言う点で効果は考えられるが、ノックセンサーが装備されているエンジンは多い。 石油元売り3位のコスモ石油が「スーパーマグナム」のブランドで販売するハイオクガソリンについて、エンジンの汚れを取り除く添加剤が入っていないのに10年以上、 「使い続けるほどにきれいにしてくれる」と虚偽の性能を公式ホームページ(HP)に記載していたことが判明した。 過去の表示にもさかのぼって適用されるため、同法違反(優良誤認)に該当する可能性がある。 といった感じで現在もトラック運転手をやっています。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 コスモ石油は4月1日にスーパーマグナムの性能に関する記載内容を修正し、謝罪した=コスモ石油マーケティングのHPから 石油元売り3位のコスモ石油が「スーパーマグナム」のブランドで販売するハイオクガソリンについて、エンジンの汚れを取り除く添加剤が入っていないのに10年以上、「使い続けるほどにきれいにしてくれる」と虚偽の性能を公式ホームページ(HP)に記載していたことが判明した。

>

コスモ石油、ハイオクガソリンの『エンジン内洗浄剤』添加せず販売認める : ZAPZAP!

消費者庁が景品表示法違反(優良誤認)の疑いで調査に着手しましたが、実際に使っている方たちは「スーパーマグナム」にいわれているような「汚れを取り除く」効果があると感じますか? …続きを読む ハイオク仕様車だからハイオクを使用してるので価格優先です。 使い続けるほどに、エンジン内をきれいにしてくれる」「汚れを取り除く清浄剤が添加されていることも特徴」と汚れを除去する効果を 強調する記載をしていたが、4月1日に「エンジンをきれいに保つ添加剤が加えられている」などと修正。 (Avgas)は、有鉛ガソリンを使用している。 オクタン価が高いほど、ノッキングが起こりにくい。 ただし「レギュラーガソリンで走れる」といってもそれは緊急時(何らかの理由によりレギュラーガソリンしか入手できない事態など)の場合であり、改めて指定ガソリンを入手すべく自走可能にするための応急措置である。 なお、ごく少数が使用されている有鉛ハイオク仕様の自動車に対しては、「レッド・サブスティテュート lead-substitute :鉛の代用品」と呼ばれる添加剤を、指定された割合で投入することで対処する(lead 鉛 の発音記号は[led])。 無鉛ハイオクは、量販されるレギュラーガソリンと差別化を図れるため、ガソリンの販売各社()としても高い価格で販売でき、大きな利幅を得ることができる。

>

割高な「ハイオク」は“混合物”だった…ガソリンスタンドと石油元売りがひた隠す虚偽商法

景品表示法では、実際の品質よりも著しく優れていると宣伝したり、事実に反して競争業者が販売する商品よりも著しく優れているかのように宣伝したりすることを禁じています。 合併前のは、シナジーF-1• 日本国内でも例として無鉛高オクタン価ガソリンを要する車両の諸元表の燃料の欄には「無鉛プレミアム」などと表記される。 また、「エンジン内部にカーボンなどの汚れをキレイにする働きがある」と表記していたが、「エンジン内部のカーボンなどの汚れを付きにくくする働きがある」に修正されている。 昭和シェル株を出光株に交換する方式で、今年10月に両社が臨時株主総会を開き、2019年4月に昭和シェルは出光の完全子会社となる予定だ。 コスモのハイオク「スーパーマグナム」の添加剤には、エンジン内に汚れが付着しにくくなる効果はあるが、除去する効果はなく、コスモは「誤解を招く表現だった」として今年4月、ホームページ上の掲載内容を「エンジンをきれいに保つ」と修正したそうだ。 オートバイの場合 [ ] 自動車とは違い、一般にはコストあるいはスペースの関係上ノッキングセンサーを備えていないケースが多いため、ハイオクガソリン仕様車にレギュラーガソリンを入れることは望ましくない。

>

コスモ石油、ハイオクガソリンの『エンジン内洗浄剤』添加せず販売認める : ZAPZAP!

この場合は、 ECU にレギュラーガソリンを入れた時のプログラムが入力されており、レギュラーガソリンなど低オクタン価のガソリンを入れた際には、自動的にそのプログラムが作動する仕組みとなっている。 7月17日には、石油連盟会長が、定例報告でこの問題に言及。 2000年代に入ってから再編が進んでいた石油元売り業界は、出光&昭和シェルとJXTGホールディングスとの2強体制に入る。 そういった車両であればハイオクガソリンでノッキング等の改善は見込めうる。 最近では、ECUの書き換えによるトラブルを防ぐために、メーカー側がECUを容易に改竄できないように対策を取っている。 アポロステーションの名で数年掛けて全国 のスタンドが1つのCIに模様替えされる計画だ。

>

どこが違う? 性能差は? 知ってるようで知らないガソリンの真実

「ハイオクガソリンの基準」には合致している……でも、何だかな~ 今回の毎日新聞の記事では、 ブランド独自のはずのハイオクガソリンが、 混合されて売られているというのだ。 特にハイオクガソリンはわざわざ各石油元売り会社がブランド化して販売しているのだから、各社の製品に違いがあって当然といえる。 20日は毎日新聞が、消費者庁がコスモ石油の調査に入ったことを報じている。 みなさんも、そう思うと思います。 出典 [ ]. 欧州ではシェル石油とオランダのロイヤル・ダッチは早くから提携していたが、2005年に完全に合併してロイヤル・ダッチ・シェルとなり、2016年までは昭和シェル石油はその子会社だった。

>