自転 し ながら 公転 する。 山本文緒 『自転しながら公転する』

自転しながら公転する

「本社もさ、早めに後任の人を決めてくれないと困るよね」 同意を求められて都は「そうですねー」と曖昧に頷いた。 すっかり慣れた?」 「慣れた部分もありますけど、まだまだ至らないところもあるなあって思います」 言葉を選んで返事をする。 都は外からウィンドウをチェックしようとクロスを手に外へ出た。 テーブルに置かれていたメニューを見ると値段は決して安くはなく、街道沿いにあるパネルで注文するような家族向けの回転寿司より高級な感じがした。 都は箸の先を軽く噛んで、自分がそれを本当に望んでいるのかと考えた。 聞いても覚えられない」と不安を訴えたからだ。

>

山本文緒さん『自転しながら公転する』

「そういうところから自由な人ではあるんです。 ぐるぐる悩む都に貫一の放った言葉は、「そうか、自転しながら公転してるんだな。 ニャンというベトナム人留学生からも告白されて迷う都でしたが、父親まで体調を崩し、経済状態が悪化。 これが実に7年ぶりの新刊である。 狙い目は都心の大きな書店ではないかと思います。 ぎりぎりまで働く予定だし、産休が明けたらすぐ復帰するつもりだから」 「それは、あの、おめでとうございます」 長谷部が結婚しているという話は聞いたことがなかったので、都は一瞬口ごもってしまった。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。

>

新海誠さん推薦!山本文緒、7年ぶり待望の新作『自転しながら公転する』本日発売!|株式会社新潮社のプレスリリース

その日は遅番だったので昼休憩も最後に取った。 これ差し入れ」 わーありがとうございます、と杏奈が洋菓子の紙袋を受け取った。 検査の結果はやはり父からの電話で、更年期障害だと聞かされた。 恋愛、家族の世話、そのうえ仕事もがんばるなんて、そんなこと無理! ぐるぐる思い惑う都の人生の選択から目が離せない、共感度100%小説。 かすかに彼女は微笑む。 この店に入るのは初めてだった。 今のショップは、若い社会人女性をターゲットにしたきれいめの服を扱っている。

>

新海誠さん推薦!山本文緒、7年ぶり待望の新作『自転しながら公転する』本日発売!|株式会社新潮社のプレスリリース

「どうした?」 警備員かと思ったら、馬面に眠たげな目の、あの寿司屋の店員だった。 生きていく中で必ずつきまとう 不安や迷い、孤独や絶望、 嫉妬、自己嫌悪、不信感など この小説を読み進めていくと、 本当に様々な感情が出たり 入ったりするため、 正直精神的な疲労感を感じて しまうことは否めないのですが、 読み終えた 後に湧き上がってくる中々言葉では 表現できない温かな感情は、 今まで感じたことの ないものでした。 いいこともすれば悪いこともする人で、都にはそれが理解できないから魅力を感じるともいえます」 性格の異なる都と貫一だが、会話も弾むし、互いにとても楽しそう。 ブログ運営者より: この記事の本文は読書家ライター・冬木みさをさんに書いて頂きました! 目次• そして頭も体も忙しいのに、心は意外と退屈だったりもして。 都会でバリバリ働いている女性なら、こんなことは考えないのか。 モールを出ると、大粒の雨が正面から吹き付けてきて、傘をさしていてもみるみるうちに足下とスカートの裾がびしょ濡れになった。 30代の前半からよく本を読むようになりましたが、小説はほとんど読みませんでした。

>

新海誠さん推薦!山本文緒、7年ぶり待望の新作『自転しながら公転する』本日発売!|株式会社新潮社のプレスリリース

『自転しながら公転する』のツイッターの公式アカウントでも各書店ツイートがリツイートされます 山本文緒さんの待望の新刊『自転しながら公転する』。 夢中になって読み進め、気づいたときには閉塞した毎日から進み出る力が湧いている傑作です。 恋人を家に連れてこいと親に言われて服装に悩む場面では、こんなことを考えています。 弁当箱を包んで都は立ち上がった。 また、都と交際を始めても、将来結婚するためにお金を貯めるといった様子はなく、むしろ途中で無職になってしまう。

>

待ちに待った最新作!|山本文緒さん『自転しながら公転する』

しかし、読者は笑えない。 ママ、好きだったと思って。 精密検査をすると聞いていきなり顔を 叩 はたかれたようなショックを受けた。 そう懊悩(おうのう)しつつも都は一つずつ自己決定し、人生の駒を進めていきます。 普段は店の人の態度に違和感があっても、長年販売員をしている都は店員の気持ちが分かるので、怒ったりクレームをつけたりしたことは一度もなかった。 そんな時、絵里とそよかから言われた言葉が都の心を揺さぶります。

>