納税 証明 書 交付 請求 書 書き方。 [手続名]納税証明書の交付請求手続|国税庁

[手続名]納税証明書の交付請求手続|国税庁

このページの作成所属. 地方自治体の取り方や書き方は千差万別なので、このページでは以下、国税の税務署で取得する必要がある納税証明書を解説していきます。 納付後約3週間以内に申請される場合は、金融機関・コンビニの窓口で納付の上、領収証書を収納確認のためお持ちください。 1枚の提示で足りるもの• 車検用の納税証明書の交付を受けたい旨の記載 (注意)自動車税種別割を納付した日から10日ほどの間に交付の請求をする場合は、領収証書も同封してください(領収証書は、納税証明書の送付時にご返却いたします。 共通項目 宛名 税務署名を書きます 日付 記入日(本日)の日付を書きます 住所 税務署に届け出ている所在地を記入します 氏名 請求したい個人名や法人名とフリガナを書きます(個人事業主の屋号の記載は不要) 番号 個人番号か法人番号を右寄せで書きます(任意項目) その1 その1は納付すべき税額や納付済みの税額を証明し、未納税額があればそれも記載されます。 個人番号通知カードなど、番号確認ができる書類を窓口でご提示ください。 ・又は恩給の証書• 窓口へは平日の9時から17時30分までにお越しいただきますようお願いします。 窓口で納税証明書を受け取る場合、本人確認書類 運転免許証)が必要となります。

>

納税証明書の交付手続き

・運転免許証• ・在留カード又は特別永住者証明書• 郵送で納税証明書交付請求書を提出する 納税証明書交付請求書は、郵送で提出するのも可能です。 ・個人の場合…個人の印 ・法人の場合…法人の代表者印 【会社印 いわゆる角印 や代表者個人の認印は不適当です。 また、上記書類を参考に自作しても問題ありません。 ・教習資格認定証• (例4)• 通知カードは令和2年5月25日で廃止されましたが、氏名、住所などが住民票に記載の内容と同じ場合は、確認書類として使えます。 直筆で書き漏れのないようにしましょう。 定額小為替には有効期限 発行日から6ヵ月 があります。

>

納税証明書の交付手続き

】 納期限までに府税及びその附帯徴収金を完納していない(滞納がある)場合や、全税目 表示は府税 又は不動産取得税及び その附帯徴収金に未納のないことの証明書について、不動産取得税の徴収猶予期間が経過したものがある場合は証明できません。 なお、郵送での申請の場合は、お届けまでに概ね1週間程度かかりますので、予めご了承ください。 このため、納税証明書は大切に保管してください。 お手数ですが、領収証書(写し)を同封してください。 ・ 秋田県外からの申請などで秋田県証紙の購入が困難な場合は定額小為替(従来の郵便小為替)(証明事項1件につき、400円)を同封ください。

>

納税証明書が必要な場合は、こちらをご覧ください。

消印をしたものは無効となります。 委任状• 下の赤字に従って書けばOK 捺印をお忘れなく。 予め納税証明書を請求する事務所にお尋ねください。 また書面よりも手数料が安いので、お得に納税証明書を受け取るこが可能です。 納税証明書交付請求書(自動車税種別割納税証明書以外) 平成28年1月より、窓口に来られた方の身元確認および納税者ご本人の個人番号を確認させていただいております。 納税証明書交付請求書 窓口に用意してあります。 申告後間もない場合は納税証明書を発行できなこともあるので、まずは税務署で相談してみるのがいいでしょう。

>

納税証明書交付請求について

1区1税目1年度につき1件300円• )について滞納がないことを証明する場合は、税目や年度に関係なく1件とします。 道税の納税証明書 交付請求に必要なもの 印鑑、交付手数料相当額の <注意> 交付請求者の確認のため、運転免許証や個人番号カードなどの身分証明書の提示をお願いしています。 税目を選択し、課税期間を記入してください。 申請内容が不明な場合は連絡する場合もありますので、昼間に連絡がとれる連絡先電話番号も記入しておいてください。 また、自動車税管理事務所・同駐在事務所では、自動車税種別割の証明書のみ取り扱っています。 もしこれらがないという場合は、保険証+国民年金手帳で手続きが可能になります。

>

納税証明書の請求方法について

(交付請求書及び委任状の記載例)• 納税証明書交付申請書に必要事項を記入、押印のうえ申請してください。 】 (4)酒類販売業免許申請の納税証明書 (注)年度・事業年度に関係なく、証明日現在で未納がないことと証明を受けようとした期間において滞納処分を受けたことがないことを証明します。 代理人が請求する場合、以下の3つが必要になります。 その際は本人確認書類が必要なので、気をつけましょう。 1 納税証明書交付申請書 記入例を参照し、必要事項を記入のうえお持ちください。 交付手数料 1件につき400円(税目、事業年度、課税客体ごとにそれぞれ1件として数えます。 これにより、車検時に自動車税種別割の納税証明書を運輸支局等へ提示することが省略できるようになりました。

>

納税証明書交付請求書の書き方

委任状 (代理人の方が請求する場合) 納税証明書交付請求書の委任状欄に納税者本人が記名・押印したものが必要となります。 納税証明書交付請求書はどこで手に入れられる? 納税証明書交付請求書は個人でも取り寄せできます。 ) 電子署名を付与し、電子証明書を添付してe-taxで交付請求を行うことで、電子納税証明書(電子ファイル)で受け取ることができます。 原本の返還が必要な場合はその旨お申出ください。 交付手数料 1件につき400円(税目、事業年度、課税客体ごとにそれぞれ1件として数えます。 納税証明書交付請求書は。 3 委任状(上記2(2)の代理人の場合のみ) 申請者(来庁者)が納税者本人でない場合、委任状等が必要です。

>