ワンダフル タウン 馬。 ワンダフルタウン坂路で余裕52秒4/京都2歳S|極ウマ・プレミアム

ワンダフルタウンが差し切り重賞初制覇/京都2歳S|極ウマ・プレミアム

通算成績は4戦2勝。 しかし、レースはダノンザキッドの1強。 経験を積み、地力を強化しながら大舞台を目指していく。 com Administrator KEIBA Movies. 長く良い脚を使えますし、決め手もしっかりしていて、頼りになる相棒です」 2着 ラーゴム(武豊騎手) 「惜しかったです。 競走日 競馬場 競走名 格 距離(馬場) 頭 数 枠 番 馬 番 オッズ (人気) 着順 タイム (上がり3F) 着差 騎手 斤量 [kg] 1着馬(2着馬) 馬体重 [kg] 芝1800m(稍) 14 8 13 006. 「こまめにジョッキーが乗ってくれて、誰よりも状態を分かってくれています。

>

高橋義忠厩舎» 馬の管理 ワンダフルタウン

直線で外に持ち出し、最速の上がり35秒0の脚を発揮した。 ワンダフルタウンらを相手に終始持ったままでしたからね。 ズバッと決めた。 それでいて体重はさらに増えています。 長く脚を使えるように決め手がしっかりしているし、頼りになる相棒ですね」 のちに語り継がれる伝説の新馬戦になるかもしれない。

>

JRA驚愕ワンダフルタウン「8馬身差」レコードで大楽勝! クラシック有力候補浮上も、本当に評価を高めたのは「世代No.1」とウワサされる、あの大器?

経験と持ち味を存分に生かした。 CWコースで併せ馬でした。 (馬体について)追い切りもしっかりとやって、その中で馬体重がマイナス2キロですから、馬自身の充実もありますし、特に問題はなかったです。 ペースが落ち着いたところでポジションを上げると、最後の直線入り口では先頭集団を射程圏に。 通算成績:4戦2勝• タイム欄の Rはレコード勝ちを示す• 前走の萩Sでは中団から差を詰められず3着。 馬連(8)(9)は710円、馬単(8)(9)は1630円、3連複(6)(8)(9)は4420円、3連単(8)(9)(6)は1万8890円。 少しもたつくように見えたのも許容範囲だ。

>

【京都2歳ステークス2020】 データ予想 厳選データ18選 !人気馬ワンダフルタウン脱落!

スタミナのある馬で、距離が延びて良くなってくるのは良い傾向だと思いますから、ここで賞金も加算できて先々が楽しみになりました。 競走成績 [ ] 以下の内容は、JBISサーチ およびnetkeiba. 25日、新潟競馬場で行われた2歳未勝利(芝1800m)は、1番人気の ワンダフルタウン(牡2歳、栗東・高橋義忠厩舎)が2歳コースレコードで大楽勝。 父:ルーラーシップ• 和田竜二騎手(43)に導かれ、大外から自慢の豪脚で差し切った。 6 良。 母:シーオブラブ• 少し早めに動きましたが、最後まで長く脚を使える馬ですからね。

>

ワンダフルタウンが差し切り重賞初制覇/京都2歳S|極ウマ・プレミアム

もう少し短い距離の方がポテンシャルを出せると思います」 8着 ビップランバン(川田将雅騎手) 「1コーナーまで力みましたが、それ以外は道中リズム良く走れました。 放牧中もこまめに状況を把握することが出来ますので、クラシック戦線を見据えて厩舎へ戻すベストなタイミングを図ります。 4角手前で馬群が凝縮すると迷わず大外へ。 牡2、栗東・高橋忠厩舎• 9秒と、このクラスにしては速いペース。 外に出そうとしましたが、出せない形になってしまいました」 5着 ダノンドリーマー(岩田望来騎手) 「ゲートで半馬身遅れてしまいました。 あらゆる面において高いレベルで競馬を迎えられるのではないでしょうか。

>

ワンダフルタウン (競走馬)

3/4馬身差の2着に2番人気ラーゴム、さらに3/4馬身差の3着に7番人気マカオンドールが入った。 来年のクラシックに向けて、有力候補に挙がったのは間違いないでしょう。 ただ、この馬が現状のNo. 競走成績は2020年11月28日現在 血統表 [ ] 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]. 先々が楽しみになった」と白い歯を見せた。 早くも再戦か。 「ワンダフルタウンが現状、クラシックの有力候補に名を連ねたのは間違いないですが、今回のレースでさらに株が上がったのは、そのワンダフルタウンに3馬身差をつけてデビュー戦を完勝した ダノンザキッドですね。 今後が楽しみな逸材です」(競馬記者) 来年のクラシックに向けて6月に新馬戦が開幕し、ここまで数多くの2歳馬がデビューを果たしているが、その中でもワンダフルタウンは最上位のグループに位置しそうだ。 戦績 [ ] 2歳(2020年) [ ] 6月28日、で行われた2歳新馬戦に3番人気でデビュー。

>

ワンダフルタウン坂路で余裕52秒4/京都2歳S|極ウマ・プレミアム

和田竜騎手は「馬自体充実している。 4週間前の反省を生かした。 新馬戦は東京スポーツ杯2歳Sの勝ち馬ダノンザキッドに完敗の2着だったものの、2戦目の未勝利を2歳コースレコードで勝利。 レース後のコメント 1着 ワンダフルタウン(和田竜二騎手) 「思ったより展開が向いてくれて、この馬向きの競馬で力を出し切ってくれました。 それもダノンザキッドが記録した勝ち時計は、先輩プレミアムを0. 追い切りは25日。

>

ワンダフルタウン自慢の豪脚差し切りV/京都2歳S|極ウマ・プレミアム

きょうから乗り運動を再開したところ硬さもなく、心配な個所はありません。 だから今回は鞍上が「前走を意識して早めに(アクセルを)踏んだ」とロングスパートを選択した。 自分の皐月賞本命🐴 — tyottoippuku tyottoippuku 1,8,9だな。 いずれにしても、どこかで再度ぶつかるであろうライバル。 初勝利は1月の京都でした。

>