とりわけ 類語。 「特段」とはどういう意味?使い方や例文、類語を解説

「とりわけ」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

特に 「特に」とは、「普通と違って際立っているさま。 この行いは明らかに、ただ参加しただけの人に比べたら、主催者側にとったらVIP級のもてなしになってしまうはずです。 他方が地味でもう一方が目立ってしまうようなケースは往々にしてあることです。 取分き• 殊の他• 会議ではさまざまな意見が飛び交ったが、とりわけ短期間で売り上げを伸ばすための最善策は見つからなかった。 ある状況が起きたとしても、それによって自分はそれほど影響を受けないから大丈夫だという意識とともに用いられる。 とりわけ,次に掲げるような変化については,十分な対応を図ることとする. 例えば、何かのパーティーに参列した人の中に、豪華な花束や花飾りなどを自費で用立ててプレゼントしたとします。 彼の娘は とりわけ、卓球が得意です。

>

「とりわけ」とは?意味や使い方を解説!

取分き• ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 日本語WordNetによる、とりわけの類義語 意義素 類語・同義語 通常よりも目立って大きな程度にまたは範囲に ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 明確に、特に他から区別されて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 特殊な方法で ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 数ある中で ・・ 他と区別して 他のすべての考察に加えて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・. この「特別扱い」的な表現こそが「特段」の真骨頂といえるでしょう。 格別 「格別」の意味とは、「普通の場合とは程度・事柄が違っていること。 取分き• P」と刻まれることがあります。 また、「とりわけ」は、すでに平均的な水準を超えているいくつかの具体的な事柄のうちで、何か一つの事柄について説明するような場合に用いる。 2 「特に」は、状態についてだけでなく、意志的行為についても用いられるので、話者の主観を述べる際にも多く用いられることになる。 とりわけ、我が社の商品は機能に優れています。 この表現方法については、外国、特に英語圏で多く用いられることがあります。

>

【英語】1分でわかる!「among other things」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

他と区別して の意• 葬式やお悔み 「安らかに眠る」という表現を聞くのは、ほとんど葬式や訃報を告げる場面であるといえるでしょう。 良い意味でも悪い意味でも使われる 「特段」は、良い意味にも悪い意味にも使われる言葉です。 とりわけ。 クラシック音楽 の中では特に、モーツアルトの交響曲が好きです。 「とりわけ」と「特に」の英語表記の違い 「とりわけ」も「特に」も英語にすると「above all」「particularly」「especially」となり、例えば上記の「今年の冬はとりわけ寒い」を英語にすると「This winter is especially cold」となります。 例えば、「この仕事は誰でもできる簡単なものだから特段、いい人材を投入する必要はないよ」、という言い方。

>

【とりわけ】の例文や意味・使い方

特別 「特別」とは、「他との間に、はっきりした区別があること。 「押し並べて」とすると「ものを隙間のないよう敷き詰めて、全体が同じように並んでいる様子」をイメージすることができますよね。 より引用 ではさらにそれら意味を深くみていきましょう。 そして「提出」には「納期」「期限」というものが必ず設定されます。 特殊な方法で の意• 二つ目の「特に」を使った分かりやすい例としては、「今年の夏は特に暑かった」「今のところは特に問題はありません」「スポーツの中でも特にサッカーが好きです」「特に質問はありません」「大事な本だけど特にあなたにだけ貸してあげる」などがあります。 また、そのさま。

>

とりわけの類語・関連語

より引用 「特別」「格別」といった意味が「特段」と何ら変わりませんので、両者は限りなく近い類語となります。 また、上記の「スポーツの中ではとりわけ野球が好きです」のように、全般にそうだが中でも特別という意味で使うことが多いです。 他のすべての考察に加えて の意• より引用 つまり、同じものではない、差別化されたもの、という意味合いになるでしょう。 格段に• 「間違っている」なら「正解ではない」という意味が含まれているので自然です。 ただ、「より一層」は一種の励ましの言葉として多く使われます。 「押し」は意味を強める表現で、「並べて」は「並べる」という動詞からきています。

>

【とりわけ】の例文や意味・使い方

「特段」の意味や使い方を覚えよう! 「特段」という言葉の意味を正しく知っていれば、日常会話やビジネスの場面においてコミュニケーションがスムーズに運ぶようになると思います。 それ程 「それ程」とは、「特にそれと問題になるほど。 例えば、何かのパーティーを催したときに参加者へのおもてなしの態度に差をつける、といった行為です。 他にも、ビジネスメールで「社員一同、おしなべて感謝しております」と使うこともできます。 「特段」は少々、かしこまった言い方になりますので一般的な日常会話ではあまり使う機会は少ないかもしれません。 「とりわけ」の意味は「 似たようなものの中でも、その程度や様子が甚だしいこと」です。 詳細につきましては後ほどご説明いたします。

>

「とりわけ」とは?意味や使い方を解説!

否定的な用いられ方の言葉というわけです。 格段の違いがあるさま。 1 「殊に」「特に」「とりわけ」は、ある事柄の状態について、他とは非常に異なっての意で、ほぼ同じように用いられる。 その他にも、「この案件はとりわけ難しい仕事なので頑張ろう」「彼は日本代表の中でもとりわけ優れている」「パスタの中でもとりわけカルボナーラが好きです」「あのチームのキャプテンはとりわけ打撃が上手だ」などがあります。 他からはっきりと区別されるさま。 さらに、丁寧な連絡ができていないことに対する申し訳ない気持ちや、至急の連絡はきちんと済ませたことの確認の意味も含まれています。

>

とりわけの類語・言い換え

ここまで意味的にも似通った類語は珍しいほどでしょう。 広い範囲や数量が多い環境で、一つまたは少数を挙げながら、極めて甚だしい様子を表現する時に用いられる副詞の一つです。 比較対象がないのにこの言葉を使うと不自然に(説明が足りないように)聞こえますから、このような使い方は不適切です。 「おしなべて」の例文. 「特段」の例文 それではここからは「特段」を使った例文をみていきましょう。 とりわけ」。 よって、この例文で訴えている「特段の理由」とは、明日の納期に間に合わなくなっても許されるような特別な理由なのです。 「特段」の意味や使い方、わかりましたか? 今回は「特段」という言葉について、意味や使い方を紹介してまいりました。

>