横浜 市営 バス 路線 図 時刻 表。 十日市場駅 横浜市営バス時刻表、東急バス時刻表、神奈中バス時刻表、ふれあいバス時刻表

横浜市営バスの時刻表と所要時間表のページ

横浜市の主催により現在のみなとみらい21地区で開催されたの来場客輸送では民営バス各社と分担し、市営バスは横浜駅西口 - 会場のシャトルバスに加え、の試みとして設けられた新横浜・大黒ふ頭・新本牧駐車場の3箇所と会場間を結ぶ輸送を担当した。 このことが、市内バス路線の市営バス統一実現をさらに遠ざけた。 路線の総延長は30. inArray stationNameWithoutBrackets, uniqueStationNameList! 2010年(平成22年)6月28日より設定。 2ルートそれぞれのテーマカラーに彩られた専用のカラーリング車両を用いて運行されており 、Nルート89系統の野毛山動物園 - 一本松小学校間を除いた全区間で あかいくつと同様の各種観光乗車券が利用できる。 交 :横浜交通開発により運営される系統。

>

綱島駅から鶴見駅前〔東口〕 バス時刻表(13系統[横浜市営バス])

2階建てバス(過去車両) 白色の車体。 (昭和41年): 横浜市交通局再建計画がスタート。 88系統仲町台 - 都筑ふれあいの丘 - センター南駅間運行便の廃止によるもの• 試験改造車はいずれも廃車されており現存しない。 1:いすゞ自動車• 横浜市営バスが長らく手掛けてきた定期観光バスに代わり、 あかいくつと同じく自由に乗り降りできる形態の観光バスとして2016年度に新設された。 かつては滝頭・港北営業所にもCNG車が配置されていたが、滝頭営業所は度、港北営業所は度にCNG充填設備が廃止され、所属していたCNG車両は浅間町営業所および緑営業所に転属された。 32分• 新横浜地区の提携施設や提携店舗での割引やサービスの特典も付加されている。 先ほどと同じように、ウィンドウにバス停名をフリーワードで入力したり、鉄道駅や系統から探したり、マップの中のバス停のアイコンを選択する事もできます。

>

バス時刻表|駅探

後にこれをベースに首都圏全域各社で利用可能となったも併せて発売・利用可能とされていたが、新たにIC式共通カードPASMOの発売が開始されるとマリンカード・Yカードは2008年(平成20年)2月21日に販売終了 、バス共通カードは市営バスでのPASMO利用率が3割を超え、今後も一層の普及が見込まれるとして2010年(平成22年)3月31日に販売を終了することとなった。 これら導入車両は既に現存しないが、滝頭・浅間町営業所所属の一部車両が青線の周囲に銀色の帯を装飾して運行している。 前者は側面と後部に大きく『横濱 BAYSIDELINE』のロゴ、後者は『横浜 LIMOUSINE』のロゴが入る。 横浜市営バス [13] 鶴見駅前〔東口〕行• (始)• 09:06 発 09:38 着• (平成4年)3月: 市営バス・地下鉄共通カード「」発売開始• 2:三菱ふそう• その他に横浜市街地での観光に特化した特殊路線や、行ツアーバスに代表される貸切運行および、スクールバスの運行がある。 経路選定は既存路線より離れた交通空白地帯、あるいは病院・公共施設へのアクセスが不便な地域を補完することに主眼が置かれており、2009年度(平成21年度)に緑区・中区において 、続いて2012年度には既存路線からの変更を含めて鶴見区・神奈川区において曜日に関わらず日中2便の運行で開設された。 横浜市営バス [13] 鶴見駅前〔東口〕行• 滝頭営業所が運行を担当し、曜日を問わず日中に概ね20 - 30分間隔で運行される。 市営バスは路線の拡大を図るべく(昭和4年)に計23路線の申請をしているが 、これに対し後から申請した各民営バスの路線が先に認可されるなど、当時路線の許認可を取り仕切っていた県や鉄道省の理解は得られず対立していた。

>

横浜市営バスの時刻表と所要時間表のページ

(昭和10年): 市内遊覧バス営業開始• 三渓園Sルートは土曜と日曜日の日中時間帯のみの設定であるが 、野毛山動物園Nルートについては開設以前からの横浜市営バス一般系統であった89系統を継承しているため 、曜日を問わず毎日終日にわたり運行がある。 横浜市営バス [13] 鶴見駅前〔東口〕行• jetpack-image-container:after,. 現在この制度が利用可能な区間は以下の4つである。 バスツアー」が行われた。 市内遊覧バス用スーパーハイデッカー車・貸切用ハイデッカー車 赤色の車体。 しかしの開通により大幅な路線撤廃がなされ当地区での市営バス運行は短命に終わった。 発売には発売日の2日前以降の新横浜駅到着の「EXご利用票」または「ご利用票」のいずれかの提示が必要である。 廃止された営業所・派出所 [ ]• 小型バス路線開設の継続とふれあいバスの開設(後述)• 暫定運行措置路線とは、運行経費の一部を横浜市の一般会計から繰出し2007年(平成19年)4月から2年間暫定運行を行ったもので 、一定の利用が見込まれる廃止区間をカバーする形で新たに5路線が開設された。

>

横浜市営バスの時刻表、路線図や運賃などのお役立ち情報のまとめ

横浜市営バス [13] 鶴見駅前〔東口〕行• 1990年より1行表示形式のLED電光式装置が標準仕様として採用されていたが 、2014年2月よりLCD表示器の試行運用を本牧・浅間町営業所で開始したのち、次第に現在の仕様への置換えが進んだ。 2006年: 107系統の一部区間をへ移譲• 磯子営業所金沢派出所: 横浜市金沢区幸浦二丁目1-17 (1991年5月10日廃止)• 2009年6月1日: 21・34・36・41・45・58・74・111・201・202・213・215系統に新設• 再使用が繰り返された 6系統 運行区間 使用時期 1代目 横浜駅 - 保土ケ谷駅東口 - 戸塚駅 1948? 好評につきこれ以後も継続的に同様のツアーが企画されることとなり、2013年10月現在この廃車作業立ち合いツアーは第12回目まで計画・開催されている。 CNGノンステップバス(過去車両) 白地の車体に濃い青色のバンパーで、車体にはの学生チームによるデザイン、市交通局関連の広告、又はのラッピングが施されている。 2008年: 、に導入• (昭和8年): 貸切バス営業開始• 後部に青い横浜の名所イラストが描かれ、・・の3種があった。 青色の面積が後部に行くにつれて大きくなっている。

>

バス時刻表|駅探

雨の日臨時便と急行系統の増設• 150系統 [ ] No. : 横浜大空襲により浅間町車庫を中心に壊滅的被害 、バス53台焼失• 市内定期遊覧バスのリニューアルと企画乗車券の新設• 他社とは異なり、 家族以外でも適用になるのが特徴である。 presentation-wrapper-fullscreen. (3年): 磯子営業所金沢派出所廃止• これにより市営・民営問わず運行規模の縮小を余儀なくされ、横浜市内の路線バスはに基づき横浜市が統合主体に選ばれるも、すでに市内民営バスの殆どがの支配下に置かれており 、結局横浜市による統合は実施されず、東急の手によって整理・統合されてしまった(・・が対象)。 ) 個人が作成しているページですので、横浜市営バスの路線新設 などの要望やバスの遅延に関する苦情などは受けられません。 54km 鶴見駅 - 安田銀行前 - 向井町二 - 富士電機前 3. この小変更以前の塗装車はファンから旧塗装車と呼ばれている。 32分• 1949年(昭和24年)にはが神奈川中央乗合自動車から一部路線を譲受。 ・・には現在市営バスの運行はない。

>