スピロノラクトン 25mg。 医療用医薬品 : スピロノラクトン (スピロノラクトン錠25mg「テバ」)

スピロノラクトン錠25mg「トーワ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ノイダブル錠25mg なかでも、スピロノラクトン錠25mg「CH」は、フィルムコートが施されているので、臭いはだいぶ抑えられていると感じます。 尿の排出が増えることで血液量が減り、血管にかかる圧力が減り血圧が下げられます。 高カリウム血症..だるい、息切れ、脈の乱れ、手足のしびれ、不安感、取り乱す、けいれん。 2).カリウム製剤(塩化カリウム<製剤>、グルコン酸カリウム<製剤>、アスパラギン酸カリウム<製剤>等)、ACE阻害剤(カプトプリル、エナラプリル、リシノプリル等)、アンジオテンシン2受容体拮抗剤(ロサルタンカリウム、カンデサルタンシレキセチル、バルサルタン等)、アリスキレン、カリウム保持性利尿剤(トリアムテレン、カンレノ酸カリウム)、シクロスポリン、ドロスピレノン[高カリウム血症を誘発することがあるので、血清カリウム値を観察するなど十分注意する(これらの薬剤と本剤の相加・相乗作用による血清カリウム値の上昇<危険因子>腎障害患者、高齢者)]。 これらの薬剤と本剤の相加・相乗作用。

>

医療用医薬品 : スピロノラクトン (スピロノラクトン錠25mg「TCK」)

まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。 ミトタン投与中• 高カリウム血症を誘発しやすい薬剤を併用 患者の属性に応じた注意喚起• 非ステロイド性消炎鎮痛剤 インドメタシン 等 カリウム保持性利尿剤との併用により、その降圧作用の減弱、腎機能障害患者における重度の高カリウム血症の発現が報告されている。 9).非ステロイド性消炎鎮痛剤(インドメタシン等)[カリウム保持性利尿剤との併用によりその降圧作用の減弱、腎機能障害患者における重度の高カリウム血症の発現が報告されている(プロスタグランジン産生が抑制されることによって、ナトリウム貯留作用による降圧作用の減弱、カリウム貯留作用による血清カリウム値の上昇が起こると考えられる<危険因子>腎機能障害)]。 非ステロイド性消炎鎮痛剤 インドメタシン等 カリウム保持性利尿剤との併用により、その降圧作用の減弱、腎機能障害患者における重度の高カリウム血症の発現が報告されている。 5.肝障害のある患者[高カリウム血症が発現する恐れがある]。 抗アルドステロン薬の部類です。

>

スピロノラクトン錠25mg「トーワ」

腎性浮腫• スピロノラクトンは、抗アルドステロン薬に分類される利尿薬です。 また、免疫抑制薬のタクロリムス プログラフ)と抗がん薬のミトタン オペプリム)との併用も禁止されています。 重篤な副作用はめったに起こりませんが、下記のような疾患を引き起こす可能性があります。 3.減塩療法時[水分・電解質が欠乏し、脱水症状や低ナトリウム血症等が現れやすくなる]。 薬の服用量は年齢・症状によって異なるので、年齢・症状によってこれらの薬が使い分けられます。 浮腫や高血圧症のほか、心不全の治療にも用います。 6).消化器:食欲不振、悪心・嘔吐、口渇、下痢、便秘。

>

スピロノラクトン錠25mg「トーワ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ナトリウムイオン不足はリチウムイオンの貯留を促進するといわれているため、ナトリウム排泄を促進することにより起こると考えられる。 ひどくなると、精神的な変調をきたしたり、不整脈を起こすおそれがあります。 肝性浮腫• また、がんにともなう腹水にも使用されます。 栄養 失調性 浮腫• これらの薬剤と本剤の相加・相乗作用による血清カリウム値の上昇。 妊婦・産婦• また重大な副作用として、 ・おかしな言動をする ・発疹ができでしまう ・痙攣したり、手足がしびれる などの症状が現れることがあるので、念のため注意をするようにしましょう。

>

スピロノラクトンのニキビや心不全への効果は?女性化など気になる副作用も掲載!

薬を使用後、体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。 ただし、気をつけなければならない副作用のおそれもあります。 副作用の症状がひどい場合には、必ず医師に相談するようにしましょう。 おもに、いろいろな病気で生じる浮腫(むくみ)の治療に用います。 本剤がジゴキシン及びメチルジゴキシンの腎からの排泄を低下させるため、血中ジゴキシン及びメチルジゴキシン濃度を上昇させることがある。 • 【飲み合わせ・食べ合わせ】 飲み合わせに注意する薬がたくさんあります。

>

医療用医薬品 : スピロノラクトン (スピロノラクトン錠25mg「トーワ」)

軽い高血圧であれば、薬をやめられることもあります。 4).乳酸ナトリウム[乳酸ナトリウムのアルカリ化作用を減弱することがある(本剤により高カリウム性アシドーシスが惹起され、乳酸ナトリウムのアルカリ化作用と拮抗する可能性がある)]。 また、長期間服用した患者(男女とも)に乳癌が発生したとする症例報告がある。 スピロノラクトンの種類を分かりやすく! これが最後の見出しです。 高カリウム血症• 副作用 血液中のカリウム分が増えすぎてしまうことがあります。 (小児等への投与) 小児等に対する安全性は確立していない[使用経験が少ない、また、乳児については「慎重投与」の項参照]。

>