オビト リン。 NARUTOのオビトが死んだ時にリンがお迎えにきたんですけど...

のはらリンとは (ノハラリンとは) [単語記事]

しかし、敵の岩宿崩しによって洞穴ごと崩壊し、出口へと走るがカカシの頭上に落ちてきた岩から庇ったことで右半身が岩の下敷きとなった。 リンの死 死んだと思われていたオビトだったが、実はマダラによって救われており生きていた。 スポンサーリンク 4.「オビト」が向かえた壮絶な最期 裏で暗躍していたオビトでしたが、リンが死んだ原因を作ったのが協力関係にあった「マダラ」本人であると知ります。 身長181cm。 口寄せ・追牙の術• 中忍試験ではマイトガイと戦ったが負けている。 右半身が柱間細胞でできているためイザナギの効果時間を10分近く維持することができ、小南の神の紙者の術を凌いだ。 これにより外道の術が使用可能となり、第四次忍界大戦では穢土転生にて復活させたかつての人柱力を新たなペイン六道として戦闘に利用しました。

>

【NARUTO】うちはオビトの名言・セリフ集│名言格言.NET

「木ノ葉崩し」後に、里に侵入したメンバーの、の2名と交戦、自らに加え、木ノ葉上忍の猿飛アスマ、夕日紅の協力をもってしてもイタチ達を撃退することはできず、イタチの瞳術「月読」によって戦闘不能に追い込まれるが、ガイの救援によって辛くもイタチと鬼鮫を退却させる。 髪型はボブで前髪は長く真ん中で分けて左右に流しています。 優しく献身的で思いと界でものっぷりのため、からは、、などと呼ばれる事も。 最後はナルトやカカシを庇って致命傷を負い、死亡してしまいます。 十尾の人柱力となり六道と同じ力を手にした後は忍連合を圧倒するが、戦いの中で何度も立ち上がってくるナルトとそれに協力する全忍の姿を見て、かつて火影を夢見ていた自分を思い出し今までの道を後悔する。 成長する環境で人は良くも悪くもなり、それは決して自分だけの力によるものではないということです。 水陣壁• 実際に二世代、三世代と受け継いで、ようやく結果を出せたプロジェクトは、世の中にたくさんあります。

>

【NARUTO】うちはオビトの壮絶な過去!最期が泣ける火影を目指した少年〜

カカシとオビトのコンビネーションにより、リンの救出と幻術の解除を行います。 名前が出たのは27巻末の「カカシ外伝 」からだが、2巻第16話の扉絵でカカシの枕元に置かれたでリン・ミナト共々登場している。 星座:• アカデミーではのはらリンとも出会っている。 コミックス第31巻 第276話• なお、1発使う度に膨大なチャクラを消費する上、上記のように燃費の悪い写輪眼との併用も要求されるため連発ができない。 そして何より、「自己犠牲により命を落とした」という衝撃的なストーリーが、彼女の人気を高めていると考えられています。 リンは登場シーンが少ないですが、重要な役割を担っているのでかなり大切なキャラクター。 黒ゼツがチャクラを練り直すために、始球空間へ飛ぶよう提案します。

>

NARUTO・687話「お前は必ず」

しかし、のはらリンはカカシに想いを寄せていたというこの3人にはやや複雑な感情が入り混じっていましたね。 八尾曰く、力を集中できる分十尾より強い。 では人間がチャクラを有していて、このチャクラが、現実世界の核エネルギーのように、諸刃の剣として描かれています。 次の世代に自分の夢を託すことで、夢を実現させる道を選びます。 これが、主人公ナルトによく似ていると言われる所以です。

>

NARUTOのオビトが死んだ時にリンがお迎えにきたんですけど...

このことにより、オビトは柱間の得意とする木遁を使用することが可能です。 万華鏡写輪眼• イタチはこの時写輪眼を開眼している。 - 概要 初登場は。 こんな風に、よく涙を浮かべちゃう子でしたね。 ナルト、サクラ、リーを率いて月の国に向かう。

>

【NARUTO】うちはオビトの名言・セリフ集│名言格言.NET

ナルトは幼い頃よりつらい経験をしていますが、少しずつ自分を理解し受け入れてくれる人間が増えたことにより、青年になっても純粋でまっすぐな性格のまま成長することが出来たと言えます。 バトルアクション漫画というジャンルなので、どうしても争いがメインになるので殺風景な雰囲気が漂ってしまうところ、リンは爽やかな風を吹かせている存在。 ここで待ってる• また、火遁・爆風乱舞は神威と豪火球の術を組み合わせた技で、中忍時代は写輪眼を開眼していなかったため使用することはできませんでしたが、青年期では使用可能となっています。 後にこの術を会得したサスケやうちはサラダは本来の名称を用いている。 オビトは事態の一部始終しか目撃していないので、「 カカシがリンを殺した」と認識しています。

>