川田 智也。 川田智也、南麻布・中国料理『茶禅華』に行ってみたい!徹底調査 プロフェッショナル

川田智也は中国料理人でお店の場所や料金に予約困難で3カ月待ちで予約方法は?

その一方、実生活の中での美意識、芸術、精神性など「心」の面では、 日本独自の伝統や風土を重んじ、 そこでただの大陸の模倣ではない文化的、学術的昇華が生まれ、 先人たちは日本ならではの独特の世界観を築き上げていきました。 世界三大料理といえば、 「フランス料理」「トルコ料理」「中華料理」と知っている方は多いのではないでしょうか。 川田智也さんの尊敬する人は、 両親と元「麻布長江」、現「長江SORAE」の長坂松夫氏、「日本料理 龍吟」の山本征治氏ということです。 それが体や心にとって美味しいということです。 引用: 凄いこだわりと思想の詰まった料理といえます、普段から食べられている家庭料理でも凄く感謝をして頂いていますが、 「川田智也」さんの料理を頂く事になるようでしたら感動して涙が出るかもしれません。 26歳で副料理長に就任後、28歳のときに日本料理『龍吟』で修業を開始する。 それなら、日本人である自分が、日本で日本の食材を使い、中国料理の技法を駆使して料理を生み出すことしていきたいと 「川田智也」さんはいいます。

>

ミシュラン2つ星店「茶禅華」の料理長 川田智也が語る「本物志向」をテーマにした「美巣」主催の第1弾インタビュー記事公開のお知らせ!|【西日本新聞ニュース】

やはり幼い時に体験・経験したことって記憶に残るし大切だなと 改めて思いました。 古代日本、大陸との交流、文化が往来していたその時代、 先人たちは実学の基礎を「漢学」においておりました。 それまで、お茶といえば、渋くて苦くておじいちゃんが飲むもの、みたいなイメージがあったんですが。 。 その後、日本食材を活かす技術を学ぶべく 【日本料理龍吟】に入社。 当時はまだ見習いで、料理の手伝いもろくにできなくて、料理長に「せめて最後に出す中国茶ぐらいは美味しく淹れろよ」って言われたんです。

>

1980年以降生まれ 注目の若手シェフ 東京・南麻布「茶禅華」川田智也 Tomoya Kawada Chef シェフ

まぁ、18歳の子供でしたからね 笑。 その夢に邁進するように、2000年にアルバイトとして 「麻布長江」に入門し、2002年に入社。 しかし、一歩店の中に入ると、そこここに中国の「趣(おもむき)」が散りばめられている。 シェフの川田智也は中国料理の「麻布長江」で働き、その後に「日本料理 龍吟」で日本料理を経験した。 伝統の中国料理と日本料理の技を調和させた 「和魂漢才」という新たな中国料理を生み出し、 世界から注目されるシェフだそうです。

>

Chef

豆腐も味噌も醤油も、日本の食文化を今、支えているものは、ほとんどと言っていいほど中国から伝来したもの。 中学・高校といった学歴は非公開ですが、高校卒業後すぐに幼い頃からの夢である料理人になるべく上京し調理師の専門学校に入学しました。 幼稚園の時に食べた四川料理に感動して、将来料理人になりたいと思ったそうで、 幼稚園の卒業アルバムにも「料理人になりたい」と書いてたそうです。 茶禅華 Sazenka 東京都港区南麻布4-7-5 ご予約専用TEL:050-3188-8819 info sazenka. そんな思いを重ねていくうちに、日本で国産の食材を使って料理を作っていくのなら、もっと日本の食材について知らなくてはいけない、それには、和食の人に教えを請うのが一番だと思ったわけです。 それを現代の料理、レストランに置き換え、中国料理店、 そして日本料理店で研鑽を積んだ料理長が、 中国料理の大胆な「旨さ」、日本料理の滋味深き「美味しさ」の 双方を引き出せるような中国料理を、 日本の食材、風土嗜好に合わせ、 世界に発信できるような中国料理に挑戦いたします。 それからは、暇さえあれば中国茶巡り。

>

1980年以降生まれ 注目の若手シェフ 東京・南麻布「茶禅華」川田智也 Tomoya Kawada Chef シェフ

川田智也は2017年2月に独立 川田智也さんは和食の修行先「龍吟」にて、台湾店の立ち上げに関わります。 台湾では地元の食材で日本料理を作る、今と真逆の仕事でした。 帰国後にいよいよ独立、中華料理の修行先「麻布長江」の先輩がオーナーを務めるお店で料理長になりました。 川田智也さんのモットー「和魂漢才」はあくまで主軸は中華で、日本の食材の豊かさや日本の風土気候を取り入れ、日本でさらに進化させた料理を目指しているそうです。 美巣のツバメの巣に出会って、味、香り、食感が完璧に整っているツバメの巣に初めて出会えたと思いましたね。 それも食材に、美味しさに、心に素直であることだと思っています。 現在、世界の市場ほとんどで、ツバメの巣のニセモノが出回っています。

>

川田智也、南麻布・中国料理『茶禅華』に行ってみたい!徹底調査 プロフェッショナル

香りの広がりが、それは素晴らしいんです。 引用元:茶禅華公式サイト このお店でしか食せない料理が、 お客様を楽しませるのでしょうね。 川田は、日本でさまざまな茶葉を揃えることも、一つのオリジナリティにもなると考えている。 2019年、2020年も同様に二つ星の評価を受けています。 緑茶から発酵が進んだプーアール熟茶まで、日本のお茶よりかなり種類が多いですね。 関連商品• SHOP DATE Adress 〒106-0047 東京都港区南麻布4-7-5 広尾駅より徒歩9分 白金高輪駅より徒歩10分 麻布十番駅より徒歩13分 周辺施設 有栖川宮記念公園 フランス大使館 フィンランド大使館 パキスタン大使館 ドイツ大使館 Tel 03-6874-0970 ご予約専用:050-3188-8819 Mail info sazenka. その料理での感動を人に伝えたいために、料理人になろうと思ったのですね。 客に最高の瞬間を提供するために、 ちゅう房では1分1秒を逃さぬよう走り回るスタッフの姿が。

>

【プロフェッショナル】茶禅華のシェフ、中国料理人川田智也とは?和魂漢才?

男性のハーフパンツやサンダルも禁止ということなどで、 興味がある方はご注意くださいね! 予約画面に進んでみましたが、結構満席で空いている日は少なかったです。 学生時代から、本気で中華料理を極めようとする意識の高さが感じられますね。 「茶禅華 さぜんか 」ではwebサイトからの予約を推奨しているようですね。 com 当店は大使館公邸一軒家を改装したお店です。 客席 1Fレストランホール 12席 1F個室 4席 2F個室 8席 駐車場 1台 ご予約の先約順におとりいたします。 古代日本、大陸との交流、文化が往来してきたその時代、先人たちは実学の基礎を 「漢学」においておりました。 私たちには、まだ観たことのないような世界が 「川田智也」さんの料理には表現されているのではないでしょうか。

>