千田 有紀。 私が大学教授を辞めない理由 奨学金制度を批判する自由と義務(千田有紀)

「日本型近代家族」は限界 家族形成をサポートする仕組みの充実を

シスが生まれながらにして・を尊重されるのに対し、トランスはそうではないというのが、トランス差別をめぐる諸現象の根幹にあるにもかかわらず、です。 絡みで氏を何が何でも潰したい達とソックリ。 そして、面会交流がうまくできなければ、同居親が間接強制でいわば「罰金」を課される可能性は、高まってきているである。 「つらいね~」 「飲みに行きたいし、バッグもほしいけどさ~」 「思うけど、買えないね、実際。 いろいろと語りたいことがあるのですが、以下ではまず第一節で、千田氏の基本的な議論を要約し、その範囲に焦点を絞って反論をします。 ・キズナアイは容姿も含めて男に媚びており、不適切だという声がある ・私も不適切だと思う ・キズナアイは解説に「ほー」「はーい」などと相槌を打つだけの性別役割分業で差別的 ・キズナアイがもっとしっかりしたキャラなら女子学生の励みになったはず ・現代社会は女性の勉強や働くことへのサポートが足りない ・今後は研究や教育にかかわる分野で配慮をお願いしたい 千田有紀教授はさらにTwitterでも自説を展開する。 日本のフェミニストが言ってきたことは、ハーグ条約でも親子断絶防止法案でも、母親だけが育児をするべきという方向に向いているわけだが。

>

千田有紀「「女」の境界線を引きなおす:「ターフ」をめぐる対立を超えて」(『現代思想3月臨時増刊号 総特集フェミニズムの現在』)を読んで

」 繰り返しですが、私たちが自分自身にもどうしようもない仕方で女性だからです。 しかも論拠が自分の知人にいない、ということであり、匿名での差別書き込みの多さを考えても何の根拠もなしに差別者の存在を覆い隠そうとしている魂胆が透けて見えるのである。 「家族」の歴史 しかし、1970年代からそうした家族のあり方の自明性が崩れてきたと千田教授は説明する。 面会交流が殺人などの痛ましい結果を招いたのは、何もこれが初めてではない。 この際に、私たちの女性としてのを毀損して私たちが安心して暮らせないような言説環境を作り出すこと、私たちもまたシス女性も被る性差別や性被害の多くをしばしば被っており、「女性」と「トランス女性」の線引きによってそれが曖昧化され、私たちがさも被害の危険が実際より少ないかのように見なされかねないことなどを考えているようには思えません。

>

【ニッポンの議論】共同親権「法的制度の構築不可欠」「導入には多くのリスク」(1/4ページ)

しかしこれまでにも何度も「女性」でシス女性のみを指す用法があったために、この個所を読んで「トランス女性もシス女性も暴力を受け得る」という実情に照らして適当な読みではなく、「シス女性は暴力を受け得る」という誤った読みへと誘われる可能性は大いにあるように思います。 「当時の日本は戦後復興から高度経済成長期に入り、農業人口が減少し、雇用労働者が量的に増える時代でした。 この点にの学者ぜんとしたアカデミック業界的なものの「鈍感さ」を感じたひとたちがいたのではないかと思う。 私たちはたくさんの悩みに直面しています。 一般人に言い負かされた挙げ句、最後にとった行動がアカウントの非公開化とはなんとも情けない。

>

コラム:キズナアイ・千田有紀騒動における4つのすれ違い(勘違い)

それだけ、日本では母親の親権が強く、父親の親権が弱い。 1995年 - (比較教育社会学)修士課程修了• その状況のなかでは自分の性別を他人に認めてもらえず、一方的に押し付けられるだけの存在となり、性的に自己疎外の暗闇に閉じ込められてしまうのである。 このことについて私は大学に相談したことがあるが、1階のトイレがあるからそれを使いなさい、というだけであまりきちんと対応しようという感じでは何らなかった。 250頁 「マネーの有名な「双子」の症例[……]は、のちに嘘であることが暴露された。 それは当時の社会、そして現在の社会でも今なお、「男性」の定義として、男性器が大きな役割を果たしてきたからである。 私のは「構築した」ものではあるかもしれませんが、「自由」に選んだものではまったくありませんでした。 フォーステーターが生物学的に接近しているという話から、千田氏はその道を取らないと宣言されたあと、いきなりセメンヤ選手の話が出てきます。

>

【炎上】社会学者の千田有紀、ノーベル賞を解説するキズナアイが女性差別だとケチをつける

こうした人との議論のなかでよりよい社会は実現されるのではないでしょうか。 一言でまとめるなら、全体の核となる「トランスはを自由に選択している」が、いかなる専門家の引用も当事者の引用もなしに、それゆえ何の正当化もなしに前提とされ、しかも私が見る限りトランス当事者の発言と合致していないという事実のゆえに、千田氏の議論はそのほとんどが破綻している、というのが私の見立てです。 かつて、「女とは子どもを産む存在」「女は生まれながらにしてに女であって、解剖学的な運命だ」といった 生物学的な本質主義にまみれていた「女」というカテゴリーを、さまざまな存在--トランス女性も含む、現実に存在する多様な女たちを意味するカテゴリーとしてずらしていくことを主張するとてもいいタイトルだと思われたのだ。 そういった「状況」がもたらされる社会のシステム、制度構築のありかたについて考察していたつもりなのだが。 そこで出てきたのが今回の論文だったため、千田氏自身がそのように述べているのかはわかりませんが、関連する多くのひとが、これこそがその論文であると判断し、その内容を心配していたのでした。 自由に選べるなら、周りに合わせて普通の男の子の振りをしようとした中学時代に、私はになってに追いやられるのでなく、ただ普通の男の子として生きることが出来たことでしょう。

>

「女」の境界線を引き直す意味-『現代思想』論文の誤読の要約が流通している件について|千田有紀|note

まとめ:千田有紀 キズナアイで炎上 千田有紀教授はフェミニストで、NHKで放送されたノーベル賞の解説で使用されたキズナアイを女性差別の象徴だと批判した。 「女性はかわいらしくあるべきだ」というジェンダー規範があるから、「女性らしくかわいい」キャラクターに人気がある。 「ターフ」と呼ばれる人々はこうした「常識」をなぞっているから「男性器」を恐れているだけで、を持っているわけではないというのです。 実際この本にはさんの「(トランス)女性の生活の中の音楽」という文章ものっていて、こちらはむしろこれまでまともに響くことも聞き取られることもなかった、日々この街で生活を送っている一人のトランス女性の感じるものを、その生活ごと語り、そのなかで音楽というものがどのように経験され、そして音楽によって感じるものがどう変容していくのかと言ったことを繊細に描いていて、素晴らしい文章となっています。 また、今の銭湯や温泉自体についてもそもそもこの社会にはかつシスの女性と男性しかいない、同性同士ならば同じ湯でも大丈夫という考えのもとで設計されてきた点を問い直す必要がトランス女性の入浴問題を考えるにあたり求められてくるはずだが、この点まで千田は踏み込まず、自らが話題化したテーマであるにも関わらず、「争いを深め、不要な対立をあおる風呂について語ることが、生産的だとは思えない。 これはTwitterやネット社会自体の問題と言える部分もありますが、改善の余地はあったように思われます。

>

【ニッポンの議論】共同親権「法的制度の構築不可欠」「導入には多くのリスク」(1/4ページ)

」 この押し付けが不当なのは同意しますが、実のところ、これは千田氏がトランスに押し付けている立場そのものです。 — 千田有紀 chitaponta もちろん、この主張にも賛否はあると思いますが、そこまで過激な思想でしょうか。 第二の問題は、自身で引用した文章の「トランス排除的な視点をもつひとを単に言及するため」を無視している点です。 そこでは「いらだったトランスたちの攻撃的な活動」がリストアップされています。 見た目で判断はしてるのはなんなんだろうと。

>

【炎上】社会学者の千田有紀、ノーベル賞を解説するキズナアイが女性差別だとケチをつける

たしかに性にまつわるさまざまな抑圧が、「男」と「女」の意味づけをめぐって、とくに「女」の意味づけをめぐって——なぜなら、普遍と同義とみなされている「男」は定義される必要がないから——いまだに展開しているかぎり、「女」の意味を徹底的に解析することは不可欠の要件ではある。 これがリベラルや文系学者の手口なんじゃないのですか?ちなみに社会学者であらせられる千田氏はこのような記事を発表しています。 考えてこともなかった。 その一方でトイレやお風呂の話をし出したのは、少なくともトランス当事者やその支持者ではないはずです。 本来は、そのような視点こそが「理念」と呼ばれるものです。 大人たちに女の子向け、男の子向けとして推薦されたおもちゃや服、遊びを好まない子どもはいくらでもいるし、そのことがロールの根拠のなさを示すのだが、ではその子が成長の過程で性別を移行したい、生まれたときに割り当てられた性別と異なる性で社会生活を送りたいと希望するかといえば、これは全然別の話である。 「男性器をつけたままの手術をしていないトランス女性」 直前の段落では「ペニスのある女性」という言い方をしているのですが、こちらは「女性である」と明示し、それがたまたまペニスを持っているだけという語り方でいいのですが、一転してこの個所では「男性器をつけたままの手術をしていないトランス女性」という言い方になっています。

>