ハンク モブレー。 ハンク・モブレー・クインテット[CD]

ハンク・モブレー

モブレーと付き合いのあったミュージャンたちは口をそろえて、彼の性格の善さを言うのは、そういうところにも表われているのではないかと思う。 パーソネルは、Donald Byrd tp , Hank Mobley ts , Barry Harris p , Doug Watkins b , Kenny Clarke ds。 恐らく、ライオンはモブレーの作曲の才能を、テナーのプレイ以上に「買って」いたのではないだろうか。 そこには自分が目立とうなどという野心とかエゴというものは、あまり感じられず、むしろ無私の奉仕に近いような印象すらある。 バイタルな吹き回しに、トランペットの真鍮が輝く様に鳴る。

>

Hank Mobley/ハンク・モブレー おすすめCD名盤と主要作レビュー

快調なモーガンと、地味なモブレーが渡り合っている。 アート・ブレイキーの轟音ドラム・ソロが終了し、テーマの合奏が始まると、その絶妙なスピード感に、再び背筋に電撃が走るようだ。 133• モブレーを理解する上で、最初に聴くべき好盤である。 ハンク・モブレーが何故かB級のミュージシャンのように呼ばれるのは2つ理由があると考えます。 Blue Note 1568 下記のランキングサイトに参加しています。 マイルス・デイヴィスやジョン・コルトレーンのような革新性や何か新たな展開みたいなものに期待するのではなくて、ハード・バップ全盛時代の音楽的フォームを前提として聴けば、こんなに多彩で素晴らしい演奏を繰り広げた奏者はそういないんじゃないだろうか。

>

Hank Mobley (ハンク・モブレー)|プロフィール|HMV&BOOKS online

テクニックと歌心溢れるブロウ。 自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 ハードバップが大流行したのが1950年代。 それは、この後のジャズが不遇となっていく時代のモブレーの不器用な身の処し方を見れば明白だ)、相変わらずのフレーズやサウンドを続けている。 私はレコード番号でブルーノートのアルバムを記憶するような真面目で博覧強記なジャズファンではないのだが、1568番の『ハンク・モブレイ』だけは、タイトルと番号をセットで覚えてしまっている。

>

Hank Mobley/ハンク・モブレー おすすめCD名盤と主要作レビュー

もとのテーマよりもアドリブのフレーズの方が、よりメロディアスで歌っている。 ここでは、かなり強調した書き方をしているが、ハンク・モブレーという人にとって音楽をプレイするということは、表現するとか、金や名声を得るとかいうことよりも、まず第一に、気心の知れた仲間とプレイすることだったのではないか、と思える。 『Hank Mobley And His All Stars』(写真左)。 ファンキー・ピアノが代名詞のホレス・シルバーの紡ぎ出すアーバンでジャジーな響き。 さらにまた、ジャズという音楽ジャンルの人気も頂点に達し、翳りが見え始めてきた。

>

ハンク・モブレー

曲の出来によって、アドリブの質は変わる。 よって知らず知らずのうちに、私は「モブレー・エキス」を体内に大量摂取することとなり、モブレーの大ファンとなりました。 19,675件のビュー• 品質には万全を期しておりますが、万一、破損や汚れ、お届け違いなどございましたら、商品到着後7日以内に[]よりご連絡ください。返品交換方法をご連絡いたします。 しかし、ライオンはモブレーの作曲の才能を「買って」いた。 1,159• 1956年の録音。 がんばろう東北、がんばろう関東。

>

「コルトレーンになれなかった男」ハンク・モブレーのテナーを聴こう!

返品交換について お客様のご都合によるキャンセル・返品交換は承っておりません。ご注文内容をご確認のうえ、ご注文ください。 しっかりと芯の入った骨太なブロウ。 22,466件のビュー• しげどん モブレーは、62年は録音がなく、63年以降の盤は、海賊ライブ以外は基本的にジャズロック盤で、好きになれない。 また、このアルバムの特徴をもう一つ挙げるとすれば、きわめて抽象的な言い方なのだが、「ジャズ喫茶が良く似合う」アルバムだということだ。 ブルーノートの1550番。

>