ファントム ジョーカー。 「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」公式サイト

「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」公式サイト

カリー対決後に劉と藍猫に成敗される。 通称はヴォルフ。 剣術の天才である妹を初めてとして、周りの天才たちと自分を比べ、自らを「凡人」と称する。 フィリップが危険に迫られた時は翔太郎に連絡等してダブルドライバーを装着してもらう必要があり、通常のWのフォームやCJXに切り替えるにも変身を一旦解除する必要がある。 マイペースで明るい性格の少年。

>

ファングジョーカー (ふぁんぐじょーかー)とは【ピクシブ百科事典】

キャラクターデザイン - チェンイ・チン、マイケル・ディーデリッヒ、クレイグ・ケルマン、グレン・ムラカミ、デクスター・スミス、ブルース・W・ティム• ファントミラージュのボス。 2時間あまりの上映時間のうちおよそ1時間45分はアーサーの物語である。 「1人で飼って良いのは5匹まで」という村の掟を破り、6頭目をこっそり飼っていたため、殺されてしまった。 そして3年前の黒ミサの日、生贄として殺された兄の姿を目の前にしたことと、それによって召喚された悪魔のセバスチャンに名を問われた際、もし出来損ないの自分が生き残ったと知られればエリザベスや親族たちに迷惑をかけると考え、今までの弱い自分を捨て去るためと、兄の代わりに伯爵家を継ぐ覚悟で彼の名前であるシエル・ファントムハイヴを名乗った。 肉体が腐り果てたヴィクトリア女王の代行者として、大衆の前に姿を見せた。 さらにシエルの「魂を食らうまで執事として従え」という命令と、バラ迷宮で彼に「お前は永遠に僕の執事だ」という命令に「イエス」と答えていたため、永遠にシエルの執事として仕える運命となる。

>

ファングジョーカー (ふぁんぐじょーかー)とは【ピクシブ百科事典】

『』の替え歌や操り糸で、人形たちを操る。 同編の終盤に真相に気づいたシエルらに追い詰められ、シエルを殺そうとするが、最愛の姉の面影を残す甥を殺すことはできず躊躇してしまう。 単独のテントが割り当てられる一軍であるが独りだと眠れないという理由で正体を隠して一般団員のテントで生活を送り、シエルと同室となる。 しかし、仲間たちの笑顔を守るためにあえて目をつぶり、また貧血を起こすなどしても無理をして血を提供し続けていた。 黒髪の背の高い女性。 それに感化された市民は次々に暴動を起こし、ついには彼は「ジョーカー」として彼らの精神的な支柱となるのだ。 モヒカン頭でピアスを付けた粗野な性格の青年。

>

@trade

シエルの依頼によってしばしばスクープという形で敵が隠したい出来事などを白日の下に晒す役割を持つ。 悪趣味な嗜好を持ち、屋敷の奇抜な内装だけではなく、大勢の少年をとして家に迎え、その身体を貪る変態として知られていた。 声優名1人の場合はアニメのみであることを示す。 ヴィクトリア女王の馬丁を務める男性。 その後のセバスチャンとの戦いではチェーンソーを封じられて痛めつけられた後、殺される直前でウィリアムに助けられる。

>

黒執事の登場人物

半世紀前に死神派遣協会を脱退した死神で、協会からは「違反者」と呼ばれる。 グレルは「マーキング」を施されたマチルダのことを死亡者リストに書いてしまうほど気に食わなかった模様だが、彼女の身体のマーキングは後にセバスチャンが危機から脱する際に役立つこととなる。 女性には弱い。 その瞬間、「はい、カット!」の声と共に画面は一転し、サヴァツキは役者が演じる偽物だとわかる。 腕の立つ実業家として立ち振る舞う一方でプライドの高い男性。

>

《ファントム・ブラスター・ドラゴン》

その移送途中で、シエルに罪を着せられず苛立ったグレイに腹いせで殺害されてしまう。 葬儀屋。 ともすれば我儘な性格だがそこに邪気はなく、他人の言うことを鵜呑みにしたり、すぐに立場を変えたりする単純な性格。 本人曰く、女性と15歳以下の少年しか興味がないことを宣言しており、シエルやメイリンには好意的に接するが、フィニとバルドには素っ気ない。 上記にあっても該当編での初登場や主要人物についてはリンクを設けている。 その後、任せた仕事を完璧にこなすシエルに目をかけるようになり、モーリスの一件解決後に、完全に名誉回復したシエルを寮弟に指名する。

>

黒執事の登場人物

ピーターらとは対照的に、見た目に反して実はまだ若く、巨人症と思われる疾患がある(少なくともジョーカーらとほぼ同年齢)。 「青の教団編」では、兄に従ってスフィア・ミュージックホールを訪れたことでシエルの真相を知ってしまう。 ただし、ファングメモリはフィリップを守るためなら手段を選ばず敵を排除するようプログラムされているため、使用者までも ドライバーを使っているにも関わらず メモリの力に影響され暴走する危険性がある。 身体能力は高く、やることも間違ってないが、作業効率が悪いとセバスチャンからは評される。 作者からの呼称は「セバス」。 なお、ドジが多いのは極度の遠視によって、遠視用眼鏡で補正しても近場のものが見えにくいからである。

>

映画『ジョーカー』を絶賛してはいけない理由【評価/感想/レビュー/ネタバレ】

セバスチャンを連れて帰還を果たしたシエルを見て、本人ではなく弟の方だと気づいていたが秘匿することを決め、セバスチャンに執事長の証を託す。 ウィルやグレルの役職では扱えない最終兵器(デスブックマーク)も使用する。 ガリ勉とも称されるいかにも堅物なキッチリとした眼鏡の青年。 通称「P4(プリーフェクト・フォー、prefect・4)」。 ずれるピントに迷った 合わせる辻褄を探せ ほら枯れ葉が舞う やがて蝶になる そしてチューニング合って あとはなんだっけ 急なフェードで焦った 秒速で不条理が始まる とりあえず選んだせいだから 方をつけなきゃいけないな 退屈の理由は 思考停止の evidence 守るものも守れないならでしゃばるなよ 共感も栄光も賞賛も欲しがるのは野暮ってこと 正体不明の引力が常識を無に帰す引き金を引いてしまうから 冗談じゃねえよ Phantom's begun! 嘘にまみれきって蜃気楼 心まで霞んで蜃気楼 善々悪々も審議不能になる 全部嫌になった それさえも幸せな結末だ だめだ そんな悲しいこと言うな まだ世界は生きてる 君が泣いてたって生きてる だからこの空の先を見たい 邪魔すぎる運命のターゲット睨みながら 言えそうで良かった「まだ愛していたい」 激流は続く 暗い底はまだ見えない ふざけるな おい誰だ 無下に弄ぶな 時間が闇に競り負ける 熱くなってもご注意 悪はたまに正義を隠してる 裏腹は暴かなきゃ 結末の理路は不整然 無慈悲に泣く声も 無力に止まる足も 未来の足かせになるから 目を覚ませよ 「このままがいい」だとか「生きたい」も願うだけじゃダメってこと 大切なフレーズをこぼすな 物語がゴミになる 華麗に舞って Phantom's begun! あまりにきらめいて蜃気楼 心を動かして蜃気楼 明々暗々基準も不可解だ 全部無くなって消えたって ありえそうで笑っちゃう だけど忘れないで欲しい まだまだ旅は終わらない 納得するまで終わらない つまりこの空の先を見たい 邪魔すぎる恐怖のスパイダーネット穿ったなら 強くなれる前途証明の時間 悲しくちゃ終われない 覚悟の幕が上がる 悲しくちゃ終われない「まだずっと愛していたい」 正体不明の引力が常識をかき乱しても抗うのをやめない 冗談じゃねえよ Phantom's begun! 嘘にまみれきって蜃気楼 心まで霞んで蜃気楼 善々悪々も審議不能になる 全部嫌になった それさえも幸せな結末だ だめだ そんな悲しいこと言うな まだ世界は生きてる 君が泣いてたって生きてる だからこの空の先を見たい 邪魔すぎる運命のターゲット睨みながら 言えそうで良かった「まだ愛していたい」 悲しくちゃ終われない「まだずっと愛していたい」 I'll never catch bad fake. 電動剪定機型の死神の鎌を持つ。

>