細川 忠興。 【刀剣ワールド】細川忠興|戦国武将

細川忠興とは

持賢は、京兆家当主の座を13歳で継いだ勝元を補佐する立場にあり、持賢の猶子で2代当主となった政国も、9歳で京兆家を継いだ政元の幼少時の後見役であった。 そんな思いが伝わってくる物語です。 忠興はこれを聞いて、西軍に屈した幽斎に対して怒り一時不仲であったと伝わります。 4代熊本藩主)• 織田信長との関係もそうですし、茶道の師・千利休に対しても最後まで情をもって礼節を尽くしました。 細川忠興(ほそかわただおき)は1563年、室町幕府第13代将軍・足利義輝に仕えていた細川藤孝(ふじたか)の長男として生まれました。 戦国きっての美男美女だったので、2人が並ぶと「人形のように美しい夫婦」と信長がほめたのだとか。

>

細川忠興とガラシャ夫妻。その結婚生活の実像とは?

忠興もガラシャに「もし自分の尊厳に関わることがあったら、近臣と共に自害するように。 例えば細川忠興は、細川ガラシャと言葉を交わしたというだけで庭師を手討ちにしたり、細川ガラシャの料理に髪の毛が入っていたのを見付けたときには、細川ガラシャがかばったにもかかわらず、料理人を打ち首にしたりと、細川忠興の妻への歪んだ愛情にまつわる逸話は、枚挙にいとまがありません。 大坂の屋敷に居た珠(ガラシャ)は、西軍に襲われると人質になることを拒否して屋敷に放火。 信貴山城の戦いで活躍し、織田信長より直筆の感状を受ける 1578年(16歳)元服。 ガラシャの覚悟は既に決まっていました。

>

細川忠興 (ほそかわただおき)とは【ピクシブ百科事典】

なお、長政が移った筑前国の年貢もによって持ち去られている。 完全に病んでます。 9年()、忠利が豊前小倉40万石から54万石の領主として加増・移封されると忠利に44万5,000石を残し、自らはに入り 、9万5,000石を隠居領とし北の丸を隠居所(本丸には忠興四男のを入れる)とした。 彼は千利休が豊臣秀吉から蟄居を命ぜられて堺へ下るとき、「淀の渡し」まで見送りにいっています。 「」や「」(ふくしままさのり)ら武断派の武将7名は、石田三成襲撃を実行したのでした。 後に織田信長に仕え、昭元から信良と名を改め、信長の姉妹を正室として娶り義兄弟として織田家親族となった。 小倉城は、戦国時代に作られた勇壮な城構えのお城で、北九州市のシンボルとなっています。

>

【刀剣ワールド】細川忠興|戦国武将

元和6年(1620年)病気を理由に三男・に家督を譲って隠居し、出家して「 三斎宗立」と号して悠々自適な生活をした。 後に義春の子のが短期間であるが備中守護にも任じられている。 ただ、忠興のガラシャへの愛情は本物で、結果として忠興はガラシャに対し配慮してやれなかったことをとても後悔していたのではないかと思います。 洛中洛外図屏風「細川殿」 、細川氏はに従い・方として活躍し、・を中心に一門で8か国のを占める有力となる。 中世 [ ] 細川氏の祖は、足利氏の祖・の庶長子であるである。 元勝の嫡子の時にの家臣に列し、子孫は(宍戸から転封)の家老として仕えた。 ちなみに、関ヶ原前後における忠隆の宛自筆状5通がのに現存しているが、それを見ると忠隆は自他ともに世子と認められている様子がうかがえる。

>

【刀剣ワールド】細川忠興|戦国武将

仲の良かった前田玄以から危機を伝えられると、忠興は潔白を訴えますが、秀吉はそれを証明するために「黄金100枚を秀吉に支払うこと」と、「秀次に連座した前野景定(長康の息子)に嫁いでいた娘を捕らえること」を命じてきす。 玉の本名は明智玉、忠興と同じ1563年 永禄 に、かの有名な明智光秀とその正妻・照子 ひろこ との間に生まれました。 同時に 阿波細川氏とも呼ばれる。 光秀の娘ということからもお分かりいただけると思いますが、ガラシャは父とともに主人である織田信長の強い影響下にありました。 ともにいさぎよく政界を引退しながらも、細川護熙と小泉純一郎の2人、まだ目が離せません。

>

細川忠興の名城!小倉城の魅力をご紹介

医学への造詣 [ ] が製剤させたの紫雪に関心を持ち、江戸に詰めていた忠利に頼んで薬能書付きのこれの製法を入手し、玉弥というお抱えの指導のもと、自ら製剤している。 「本能寺の変」では、妻が「明智光秀」の娘である「明智玉子」(あけちたまこ:のちの細川ガラシャ)だったことで、明智光秀との内通を疑われる可能性もありましたが、主君・織田信長への追悼の意を表すなど、巧みな処世術によって見事切り抜け、やがて39万9,000石の大大名へと出世します。 細川幽斎の長男。 天正6 1578 年織田信長の嫡子信忠から1字を与えられ忠興と名乗る。 前者を上守護家、後者を下守護家と呼んだらしい。 ・1579年(17歳) 明智光秀の3女・玉子と結婚。

>

細川氏

・1582年(20歳) 「本能寺の変」 光秀の娘だった妻の玉(ガラシャ)を幽閉する。 侍女達を逃がし、細川家の家臣の小笠原秀清に介錯させて亡くなった。 義昭と信長の対立が深まると、父・藤孝は信長に恭順し、忠興は父と共に信長の家臣となり、信長の嫡男・に仕えた。 『紅蓮』(作詞:、作曲:) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 持隆の子・は、実休とその子のの元での傀儡でしかなかった。 天文18年()、細川晴元の重臣・三好長慶が裏切って細川高国の子・に味方し晴元の政権を倒した()。 秀吉の没後、徳川家康へ三男忠利 ただとし を人質に出し、関ヶ原の戦い(1600)では、妻玉は石田三成 みつなり から大坂入城を求められたが応ぜず、大坂玉造 たまつくり の邸で最期を遂げた。

>

細川忠興とは

豊臣秀次事件 家督を継いだ忠興は秀吉につき、光秀側についていた同じ足利一門の 一色満信を謀殺して一色家を滅亡させ、秀吉から丹後全域の領有を許された。 自分はキリシタンなので自害が出来ず、家臣に介錯をさせて命を落とすという悲劇が起きた。 ガラシャを殺した!? 忠興のヤンデレが極まった決定的なエピソードは、ガラシャに死を選ばせたことです。 2階には、福岡県の有形民俗文化財に指定されている小倉祇園太鼓の山車も展示しています。 その織田信長への細川忠興の心酔ぶりが窺える出来事のひとつが、1581年(天正9年)に行なわれた、織田信長主催の観兵式である「京都御馬揃え」での逸話です。

>