両 利き の 経営。 両利きの経営 成熟事業もイノベーションも

オライリー教授「変化の時代、両利きの経営を」:日経ビジネス電子版

幹部は思いつきでアイデアを口にしない。 三井物産入社後、海外留学を経て、三井物産デジタル社長に就任。 米カリフォルニア大学バークレー校でMBA (情報システム専門)、組織行動論の博士号(Ph. 特に中小企業では、以前からある製品のスペックを少し高めた新製品開発の発想にとらわれがちです」. といいますのは、何だかんだ言って、どうしても企業は人材不足にもかかわらず、あれもこれもやろうとして結局どれも中途半端になってしまいます。 従来の提供価値と新規の提供価値、従来の事業・顧客層と新規の事業・顧客層の二軸で構成されるポートフォリオで整理すると、4つの象限にはそれぞれ異なるDXの方向性が見えてきます(図1)。 富士フィルム 富士フィルムは両利きの経営によってイノベーションを起こし、写真フィルム事業の低迷による危機を脱しました。

>

いま話題の「両利き経営」って何だ? コロナ禍を乗り切る新事業の見つけ方(NIKKEI STYLE)

同校教授、ハーバード・ビジネススクールやコロンビア・ビジネススクールの客員教授などを経て現職。 そして、入山氏によれば、本書には、以下のような四つの大きな学術的価値がある。 著者らは、研究者として、またコンサルタントとして、多くの組織やリーダーたちと交流を重ねてきた。 新しく市場に出てきた知識やスキルをいち早く取り入れる• 新しいメソッド、戦略、概念や視点が内容の大部分を占め、革新性に富む。 仕事のやり方、仕事に対する姿勢といった、その組織をコントロールしているシステム全体を指します。 多くの企業は、戦略的なビジョンを掲げ、巨大な資本を持ち、優秀な人材を揃えている。 Amazon 今ではGAFAの1社として知らない人はいないほどの大企業になった Amazonは、両利きの経営によって今の地位を築き上げました。

>

デジタルトランスフォーメーションの対象領域

そもそものきっかけは、加藤氏が、MBA留学時代の恩師であるオライリー教授にAGCの取り組みを紹介したことだった。 リードし、破壊せよ 本書の原題は、「Lead and Disrupt リードし、破壊せよ 」である。 難解な専門用語、長く複雑な文章、不明瞭な言い回しで書かれているうえ、非論理的。 破壊的イノベーションに飲み込まれた企業は数知れない。 「ダイヤモンド経営塾」第八期講師。 私が この10年間で読んだ300冊のビジネス書の中で、一番すごいと思った本です。

>

両利きの経営

主な著書に『会社は頭から腐る』(ダイヤモンド社)、『AI経営で会社は甦る』(文藝春秋)、『なぜローカル経済から日本は甦るのか』(PHP新書)などがある。 パナソニック社外取締役、東京電力ホールディングス社外取締役、経済同友会副代表幹事。 ハーバード・ビジネス・レビュー編集部がおすすめの経営書を紹介する連載。 が初の著書。 両利きの経営の事例1. 2点目は、再定義した存在目的に合わせて事業戦略も組み替えたこと。 知の深化• それこそが両利きの経営である。

>

両利きの経営とは|新規事業を生み出す、変化に対応する組織の作り方

イノベーションのジレンマを克服し、大きな転換を図って生き残りを果たした企業もあるが、それはごく少数と言わざるを得ない。 既存の成功企業は、勝者であり続けるために必要な経営資源を全て備えている。 知の探索と深化をかじ取りする「両利きの経営」 「両利きの経営(Ambidexterity)」の詳細についてはぜひ拙著を読んでいただきたいのですが、その基本コンセプトは「 まるで右手と左手が上手に使える人のように、『知の探索』と『知の深化』について高い次元でバランスを取る経営」を指します。 主な著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)、『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』(日経BP社)のほか、Strategic Management Journal、Journal of International Business Studiesなどの国際的ジャーナルへの論文発表も多数。 「100年時代の人生戦略」を提唱し、35万部のロングセラーとなった『』で描かれた展開が現実に始まったのだ。 これらの4つの象限のどれも重要であり、「同時に検討する」という企業もあるでしょう。 作者:冨山 和彦 翻訳:入山 章栄 出版社:東洋経済新報社 発売日:2019-02-15• しかし、世界の経営学の先端で今もっとも研究されているイノベーション理論の基礎は、「両利きの経営」であるといって間違いありません。

>

なぜAGCは「両利きの経営」を実践できたのか──島村CEOと語る「深掘り」と「探索」を共存させる経営 | Biz/Zine(ビズジン)

経済産業省は、コロナ禍で再認識された課題である企業のDXを促進するため、「令和3年度税制改正要望」で新たな税制措置を要望しています。 。 おかげさまで望外な好評をいただいているのですが、中でもビジネスマンのみなさんから反響が大きかったのが、「イノベーションに求められる『両利きの経営』とは」という章でした。 これまで、「イノベーションのジレンマ」を克服する方法について多くの議論がなされてきたが、本書によれば、その問題を解決する真の鍵は、両利きの経営にある。 両利きという概念は、認知心理学の研究に由来するものである。 両者は何を語ったのだろうか。

>

いま話題の「両利き経営」って何だ? コロナ禍を乗り切る新事業の見つけ方(NIKKEI STYLE)

両利きの経営とともに考えるべきこと ぜひ今回の記事を参考にして、時代の波を勝ち進んでいける経営を行ってください。 日本語版として、気鋭の経営学者である入山章栄氏による理論の背景、冨山和彦氏による実務の最前線からの日本企業への示唆という「W解説」を収録する。 アマゾンのCEO、ジェフ・ベゾス氏は次のように語っている。 新規事業とまでいかなくとも、マネジメントが何か新しい変化を起こしたい時には、 組織カルチャーの変化も意識すると良いかもしれません。 さらに、ITの浸透によって実現される概念である「DX(デジタルトランスフォーメーション)」にも注目ですね。

>

なぜAGCは「両利きの経営」を実践できたのか──島村CEOと語る「深掘り」と「探索」を共存させる経営 | Biz/Zine(ビズジン)

世界のイノベーション研究の最重要理論「両利きの経営」に関する初の体系的な解説書。 「両利きの経営」に求められる組織能力 皆さん、こんにちは! 今月は冬に向かって新型コロナウイルス感染拡大の第三波(?)の状況も懸念されますが、大阪都構想/住民投票やアメリカ大統領選挙の話題が目立ったように思います。 理論的な洞察と関連する実際の業務を結びつけるようなアイデアやコンセプトは限定的である。 従来のビジネスの概念や知識が大部分を占めるが、いくつかの革新的なアプローチや視点を含む。 業界をリードし、成功をおさめた企業であっても、その好調が永続するわけではない。 組織コンサルタントとしてAGCの取り組みを間近に見ていた加藤氏は、同社が最初から「両利きの経営」を意識していたわけではないことに注意を促した。 倒産ということではなく、長期的な衰退に入るという意味です。

>