ツロブテロール テープ hmt。 ツロブテロールテープ2mg「日医工」

ツロブテロールテープ2mg「HMT」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

2.その他の副作用(頻度不明) 1).過敏症:発疹、そう痒症、蕁麻疹[症状が認められた場合には使用を中止する]。 31まで ビタコバール点眼液0.02% 0.02%5mL1瓶 シアノコバラミン 東亜薬品 後発品 R2. また、その薬剤の使用量が増加したり、効果が十分でなくなってきた場合には、喘息の管理が十分でないことが考えられるので、可及的速やかに医療機関を受診し治療を受けるよう患者、保護者又はそれに代わり得る適切な者に注意を与えると共に、そのような状態がみられた場合には、生命を脅かす可能性があるので、吸入ステロイド剤等の増量等の抗炎症療法の強化を行うこと。 31まで ケンエーアクリノール液0.2 0.2%10mL アクリノール水和物 健栄製薬 後発品 R2. 4.用法・用量通り正しく使用しても効果が認められない場合(目安は1〜2週間程度)は、本剤が適当でないと考えられるので、使用を中止する。 薬を使用後に体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。 31まで エリックス点眼液0.25% 12.5mg5mL1瓶 アンレキサノクス 千寿製薬 先発品 R2. 6カ月未満の乳児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。 過敏症:発疹、そう痒症、蕁麻疹[症状が認められた場合には使用を中止する]。

>

ツロブテロ-ルテープ「HMT」3品目の共同販売のお知らせ|プレスリリース|Meiji Seika ファルマ株式会社

5㎎、3~9歳未満には1㎎、9歳以上には2㎎を1日1回、胸部、背部又は上腕部のいずれかに貼付します。 31まで キンダロンローション0.05% 0.05%1g クロベタゾン酪酸エステル 前田薬品工業 後発品 R2. 31まで ジクロフェナクナトリウム坐剤50mg「CH」 50mg1個 ジクロフェナクナトリウム 長生堂製薬 後発品 R2. 31まで アンフラベート0.05%ローション 0.05%1g ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル 前田薬品工業 後発品 R2. ・カテコールアミン製剤:アドレナリン、イソプロテレノールなど ・キサンチン誘導体:テオフィリン、アミノフィリン水和物、ジプロフィリンなど ・ステロイド剤:プレドニゾロン、ベタメタゾン、ヒドロコルチゾンなど ・利尿剤:トリクロルメチアジド、フロセミド、アセタゾラミドなど 薬効・薬理 ・肺機能改善作用、気管支拡張作用、気管繊毛運動促進作用及び鎮咳作用などがあります。 31まで ベギータ坐剤25 25mg1個 ジクロフェナクナトリウム シオノケミカル 後発品 R2. 31まで ケンエーアクリノール液0.1 0.1%10mL アクリノール水和物 健栄製薬 後発品 R2. 31まで プレドニゾロンクリーム0.5%「マヤ」 0.5%1g プレドニゾロン 摩耶堂製薬 後発品 R2.。 従って、それ以降は貼付していてもほとんど薬物が残っていないので、気が付いた時点で貼り替えて下さい。 2.その他の副作用(頻度不明) 1).過敏症:発疹、そう痒症、蕁麻疹[症状が認められた場合には使用を中止する]。

>

貼付について

30まで D・E・X0.05%点眼液T 0.05%1mL デキサメタゾンメタスルホ安息香酸エステルナトリウム 日東メディック 後発品 R2. 31まで アクリノール外用液0.2%「ヤマゼン」 0.2%10mL アクリノール水和物 山善製薬 後発品 R2. 6.高齢者。 30まで イソプロ消毒液70%「NP」 70%10mL イソプロパノール ニプロ R2. アナフィラキシー:アナフィラキシーを起こすことがあるので、観察を十分に行い、呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹等の症状が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 糖尿病• 31まで 亜鉛華「ホエイ」 10g 酸化亜鉛 マイラン製薬 R2. 31まで ブセレキュア点鼻液0.15% 15.75mg10mL1瓶 ブセレリン酢酸塩 富士製薬工業 後発品 R2. テープの接着面に指がふれないように注意して下さい。 31まで クールウェイ点眼液2% 100mg5mL1瓶 クロモグリク酸ナトリウム 高田製薬 後発品 R2. 31まで 塩酸テルビナフィンスプレー1%「マイラン」 1%1g テルビナフィン塩酸塩 マイラン製薬 後発品 R2. また、その薬剤の使用量が増加したり、効果が十分でなくなってきた場合には、疾患の管理が十分でないことが考えられるので、可及的速やかに医療機関を受診し治療を受けるよう患者、保護者又はそれに代わり得る適切な者に注意を与えること。 5.用法・用量を超えて使用を続けた場合、不整脈、場合によっては心停止を起こす恐れがあるので、用法・用量を超えて使用しないように注意する。 31まで 尿素クリーム20%「SN」 20%1g 尿素 シオノケミカル 後発品 R2. 本剤は、24時間貼付により主薬の90%近くが皮膚に移行します。

>

ツロブテロールテープ1mg「HMT」の効果・用法・副作用

31まで ハオプラ点眼液0.1% 0.1%1mL プラノプロフェン 日本点眼薬研究所 後発品 R2. 31まで プレドニゾロンクリーム0.5%「マヤ」 0.5%1g プレドニゾロン 摩耶堂製薬 後発品 R2. 31まで ニトラステープ40mg 40mg1枚 硝酸イソソルビド 大協薬品工業 後発品 R2. この成績から、就寝前に貼付した場合、起床後にはがれても有効性に大きな影響はないと考えられます。 31まで アクリノール消毒液0.1%「昭和」 0.1%10mL アクリノール水和物 昭和製薬 後発品 R2. 31まで マイセラローション0.1% 0.1%1g モメタゾンフランカルボン酸エステル 前田薬品工業 後発品 R2. 31まで テビーナ液1% 1%1g テルビナフィン塩酸塩 岩城製薬 後発品 R2. ホクナリンテープを切って分割貼付することは、お勧めしておりません。 31まで キンダロン軟膏0.05% 0.05%1g クロベタゾン酪酸エステル 前田薬品工業 後発品 R2. なお、小児に使用する場合には、使用法を正しく指導し、経過の観察を十分に行う。 (FAQの内容は,2015年11月現在の情報を基に作成されています) 貼付について• なお、小児に使用する場合には、使用法を正しく指導し、経過の観察を十分に行う。 31まで ジクロスター点眼液0.1% 0.1%1mL ジクロフェナクナトリウム ニッテン 後発品 R2. (重要な基本的注意) 1.気管支喘息治療における長期管理の基本は、吸入ステロイド剤等の抗炎症剤の使用であり、気管支喘息において吸入ステロイド剤等により症状の改善が得られない場合、あるいは患者の重症度から吸入ステロイド剤等との併用による治療が適切と判断された場合にのみ、本剤と吸入ステロイド剤等を併用して使用する。 4.動物実験(ラット)で損傷皮膚に貼付した場合、血中濃度上昇が認められたので、創傷面に使用しない。

>

ツロブテロールテープ2mg「日医工」

KEGG DRUG 取扱い上の注意. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない]。 31まで レボフロキサシン点眼液0.5%「KOG」 0.5%1mL レボフロキサシン水和物 興和 後発品 R2. 31まで ビクロノール外用液1% 1%1mL ビホナゾール 岩城製薬 後発品 R2. 切り口表示に従って、2ヵ所の切り口を両方とも切って、テープを取り出します。 31まで ナファレリール点鼻液0.2% 10mg5mL1瓶 ナファレリン酢酸塩水和物 富士製薬工業 後発品 R2. ステロイド剤及び利尿剤は尿中へのカリウム排泄を増加させる。 31まで レクトス注腸軟膏50mg 50mg1筒 ジクロフェナクナトリウム 日医工 後発品 R2. 31まで マイセラ軟膏0.1% 0.1%1g モメタゾンフランカルボン酸エステル 前田薬品工業 後発品 R2. 30まで ボンフェナック坐剤50 50mg1個 ジクロフェナクナトリウム 京都薬品工業 後発品 R2. 31まで チンク油「昭和」(M) 10g チンク油 昭和製薬 R2. 30まで ツロブテロールテープ1mg「HMT」 1mg1枚 ツロブテロール 久光製薬 後発品 R2. 31まで ジクロフェナクナトリウム坐剤12.5mg「CH」 12.5mg1個 ジクロフェナクナトリウム 長生堂製薬 後発品 R2. 30まで サイベース軟膏0.05% 0.05%1g ジフルプレドナート 前田薬品工業 後発品 R2. 糖尿病の患者[糖代謝が亢進し、血中グルコースが増加する恐れがある]。 5mg、3~9歳未満には1mg、9歳以上には2mgを1日1回、胸部、背部又は上腕部のいずれかに貼付する ツロブテロールテープ1mg「HMT」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 31まで フェンタニル3日用テープ8.4mg「テルモ」 8.4mg1枚 フェンタニル 帝國製薬 後発品 R2. 31まで ケルガー液1% 1%1g テルビナフィン塩酸塩 前田薬品工業 後発品 R2. 〕 高血圧症の患者〔血圧が上昇することがある。 31まで 塩酸テルビナフィンクリーム1%「MEEK」 1%1g テルビナフィン塩酸塩 小林化工 後発品 R2. 31まで マイアロンローション0.05% 0.05%1g クロベタゾールプロピオン酸エステル 前田薬品工業 後発品 R2. 31まで ニトラゼンローション2% 2%1g ケトコナゾール 岩城製薬 後発品 R2. 31まで 尿素クリーム20%「SN」 20%1g 尿素 シオノケミカル 後発品 R2. 例えば喘息によるmorning dipを抑えるためには、前日の夜9時ごろを目安に貼付して頂くとよいと思われます。 31まで ヘパリン類似物質ゲル0.3%「トーワ」 1g ヘパリン類似物質 東和薬品 後発品 R2. 30まで アデフロニックズポ12.5 12.5mg1個 ジクロフェナクナトリウム 武田テバファーマ 後発品 R2. 高血圧症• 31まで アクリノール液0.2%「ヤクハン」 0.2%10mL アクリノール水和物 ヤクハン製薬 後発品 R2. 31まで ジクロフェナクNa点眼液0.1%「あゆみ」 0.1%1mL ジクロフェナクナトリウム あゆみ製薬 後発品 R2. また、皮膚吸収(血清中濃度)に関して患者と健常成人はほぼ同等と推測されています1。

>

ツロブテロールテープ1mg「HMT」

31まで ウイルソン軟膏「東豊」 10g 酸化亜鉛・豚脂 東豊薬品 後発品 R2. 31まで ウリモックスクリーム10% 10%1g 尿素 池田薬品工業 後発品 R2. 31まで タクロリムス軟膏0.1%「NP」 0.1%1g タクロリムス水和物 ニプロ 後発品 R2. 本剤は吸入ステロイド剤等の抗炎症剤の代替薬ではないため、患者が本剤の使用により症状改善を感じた場合であっても、医師の指示なく吸入ステロイド剤等を減量又は中止し、本剤を単独で用いることのないよう、患者、保護者又はそれに代わり得る適切な者に注意を与えること。 〕 高齢者〔「高齢者への投与」の項参照〕 重要な基本的注意 気管支喘息治療における長期管理の基本は、吸入ステロイド剤等の抗炎症剤の使用であり、吸入ステロイド剤等により症状の改善が得られない場合、あるいは患者の重症度から吸入ステロイド剤等との併用による治療が適切と判断された場合にのみ、本剤と吸入ステロイド剤等を併用して使用すること。 更に、低酸素血症は血清カリウム値の低下が心リズムに及ぼす作用を増強することがあるので、このような場合には血清カリウム値をモニターすることが望ましい。 31まで クロモリーク点眼液2% 100mg5mL1瓶 クロモグリク酸ナトリウム テイカ製薬 後発品 R2. 31まで クロモリーク点眼液2% 100mg5mL1瓶 クロモグリク酸ナトリウム テイカ製薬 後発品 R2. 貼る場所を乾いたタオル等でよく拭いて、きれいにします。 31まで ブセレキュア点鼻液0.15% 15.75mg10mL1瓶 ブセレリン酢酸塩 富士製薬工業 後発品 R2. 31まで ワイドコールクリーム20% 20%1g 尿素 池田薬品工業 後発品 R2. 31まで フェノール「東豊」 10mL フェノール 東豊薬品 R2. 薬剤名 影響 カテコールアミン製剤 不整脈 エピネフリン 不整脈 イソプロテレノール 不整脈 カテコールアミン製剤 心停止 エピネフリン 心停止 イソプロテレノール 心停止 キサンチン系薬剤 低カリウム血症による不整脈 テオフィリン 低カリウム血症による不整脈 アミノフィリン製剤 低カリウム血症による不整脈 ジプロフィリン 低カリウム血症による不整脈 副腎皮質ホルモン剤 低カリウム血症による不整脈 プレドニゾロン 低カリウム血症による不整脈 ベタメタゾン 低カリウム血症による不整脈 ヒドロコルチゾン 低カリウム血症による不整脈 利尿剤 低カリウム血症による不整脈 トリクロルメチアジド 低カリウム血症による不整脈 フロセミド 低カリウム血症による不整脈 アセタゾラミド 低カリウム血症による不整脈• 31まで デルムサット軟膏0.1% 0.1%1g デキサメタゾンプロピオン酸エステル 東光薬品工業 後発品 R2. 31まで ソルニムクリーム0.05% 0.05%1g フルオシノニド 東和薬品 後発品 R2. 31まで 亜鉛華デンプン「マルイシ」 10g 亜鉛華デンプン 丸石製薬 R2. 本剤は、24時間貼付により主薬の90%近くが皮膚に移行します。 31まで ワイドコールクリーム20% 20%1g 尿素 池田薬品工業 後発品 R2. 用法・用量を超えて使用を続けた場合、不整脈、場合によっては 心停止を起こすおそれがあるので、用法・用量を超えて使用しないように注意すること。 3.心疾患のある患者[心悸亢進、不整脈等が現れることがある]。

>

医療用医薬品 : ツロブテロール (ツロブテロールテープ0.5「EMEC」 他)

これら薬物動態パラメータについて統計解析を行った結果、生物学的同等性が確認された。 残りのライナーをひっくり返し、ライナーをずらしながら残りのテープを貼っていきます。 5mg、1mg、2mg を用意しておりますので、患者さんにあった規格の製品をお使い頂くようお願いします。 31まで カイノチームクリーム0.05% 0.05%1g ジフロラゾン酢酸エステル 摩耶堂製薬 後発品 R2. 31まで 塩酸テルビナフィンスプレー1%「マイラン」 1%1g テルビナフィン塩酸塩 マイラン製薬 後発品 R2. 31まで カルテオロール点眼液T1% 1%1mL カルテオロール塩酸塩 東亜薬品 後発品 R2. 31まで フサコール点鼻液0.05% 6.048mg8mL1瓶 ケトチフェンフマル酸塩 メディサ新薬 後発品 R2. 31まで キンダロン軟膏0.05% 0.05%1g クロベタゾン酪酸エステル 前田薬品工業 後発品 R2. (取扱い上の注意) 1.使用時及び保管についての注意:患者には本剤を内袋のまま渡し、本剤を使用するときに内袋から取り出すように指示する。 31まで タクロリムス軟膏0.1%「NP」 0.1%1g タクロリムス水和物 ニプロ 後発品 R2. 貼る場所を乾いたタオル等でよく拭いて、きれいにします。 5㎎、3~9歳未満には1㎎、9歳以上には2㎎を1日1回、胸部、背部又は上腕部のいずれかに貼付します。

>