思い出 王手。 名人の思い出王手ラッシュwwwwwww

王手

将棋の普及活動や文化振興に長年貢献してきた個人や団体に贈られる賞。 姿焼き(すがたやき) 自分の玉の囲いが崩されず、そのまま残っているにもかかわらず、攻めが切れるなどしてすでに敗勢の局面に陥っていること。 その状態。 「王手は追う手」「王手するより縛りと必至」「玉は包むように寄せよ」という格言があるように、縛りをかけながら必至を狙う方が勝ちにつながることが多い。 チェスと勘違いしていると思う。 気にする(き-) 実否は分からないが、ある手順の中に自分のほうが悪くなるような雰囲気の手があることを発見し、それに対する対処を優先したりその手をよけたりすること。 理に適った、習いある手順。

>

名人の思い出王手ラッシュwwwwwww

実戦的には 「実戦では」の意。 中国の将棋(象棋)「」(王将・キングに相当する駒は「」)• 好手を指されて平凡な応手では形勢を維持できないさま。 王手(チェック)をされた側がどのような指し手を用いても回避できない場合は(チェスでは「チェックメイト」)となり、回避できなくなった対局者の負けとなる。 僥倖(ぎょうこう) 幸運を願い待つとの意味であるが、過去に十四世名人が、相手が仕掛ける僥倖に頼る手に対して一喝したことがある。 一方から追い立てるような無策な王手をかけたところ、ただいたずらに相手玉を逃してしまうだけに終わった、ということはよくあります。 置物として生産・販売されている。 島黄楊(しまつげ) 駒に使用される材のひとつ。

>

<国内男子ゴルフ>思い出の芥屋(けや)で”2度目のV”王手。出水田大二郎が首位タイ浮上

複数人で集まり、特定の局面や戦法の検討を行うこと。 それはある程度尊重してもらってもいいのかなと個人的には思う」と発言。 スースーする 玉のいる段について、その段に飛車を打ちこまれると即王手になってしまう状態。 悪形(あくけい) 一般的に良くないとされるている陣形。 侮れない狙いを持つが、狙いを看破されると容易に不利になるとされる戦法。 脚の八角形の形はクチナシの実をかたどったとされている。 研究などで新手が発見されると「定跡が覆される」となるが、その手順は新たな手筋や戦法への参考として蓄積がなされる。

>

王手

指しやすい・指せる やや有利な局面ではないかと思われること。 プロ将棋ではほか、やなどを参照。 (将棋の)(じゅんぶんがく) の俗称。 二枚の板を継いで作成した将棋盤。 「~頭」と書いた場合は「とう」と読む。 だから大山名人の記憶に残ったのでしょう。

>

将棋で「王手ではないけど相手の王様が動ける場所がない(可能な手が全て自殺...

「好形」の対義語。 網が破れる• 鍛えの入った手は積み重ねた努力や研鑽から出された妙手や負けづらい指し手のこと。 。 この画像のでは右下の玉の負け。 勝手読み 自分の都合のいいよう指し手順を読むことをいう。 じっと すぐに攻めるような手や相手に応じる手を指さずに、陣形を整えたり、先を見越して指す手。 生中継されている対局を見ながら、どのような変化になるか予想し、どちらが有利・不利かを判定すること。

>

王手

証文の出し遅れ もっと早く指していれば有効だった手が、指した時には時期を失していたために無効になること。 頭はね 順位戦や三段リーグなどで、同じ勝ち星成績を上げても上がれる人数に制限があり、リーグ内下位の者は同じ勝ち星で自分より上位の者がいれば上がることができない。 将棋の大会やプロ将棋のタイトル戦や公式戦。 が奨励会時代にいつも棋譜並べをしていたことを揶揄して「盤を耕す」と表現したもの。 このような王手も一応「思い出王手」ではあるが、難解な局面が続いていた名局の場合は「形作り」と言われることがほとんどである。

>