ぼた餅 の 別名。 ぼたもちとおはぎの違いはある?別名と彼岸に食べる理由について

お彼岸に「ぼたもち」「おはぎ」を食べる理由って?意味・呼び名や作り方違い [暮らしの歳時記] All About

ぼたもちは、大きい牡丹の花に見立てて作るので大きい丸に作ります。 きな粉と砂糖は同量なので、それを混ぜ合わせて、塩を少し加えます。 春の彼岸はぼたもち 秋の彼岸はおはぎ という風に季節で呼び分けているんですね。 ダジャレみたいに名前がついているんですね。 ところで「暑さ寒さも彼岸まで」と言う言葉を聞いたことはないですか? 春のお彼岸が過ぎた頃には、寒さもゆるみ、農業が本格的にはじまります。 萩の餅(はぎのもち)• 現在は小豆の品種改良などで、春でも「粒あんの粒が固いっ!」という事がなくなりましたので、こしあん、粒あんのどちらでもお好みで食べる事ができますね。 邪気を払い、先祖の霊を慰めるために、お彼岸におはぎやぼたもちが捧げられてきたのです。

>

ぼたもちとおはぎの違いはある?別名と彼岸に食べる理由について

大きく作った牡丹餅を赤子に踏ませ、成長を祈る習俗がある。 だから本当は、自分たちで食べるものではなかったんですね。 それぞれ、漢字で書くと「牡丹餅」、「お萩」となり、文字通り、春のお彼岸の頃に咲く「牡丹」、秋のお彼岸の頃に咲く「萩」の花の様子から名付けられたと言われています。 おはぎ(ぼたもち)も餡でくるむため、あんころもちの一種だが、普通、あんころもちは米の粒が無くなるまで完全に潰した餅を使い、米粒が残る程度についた餅を使うおはぎ(ぼたもち)と区別される。 昔はぼたもちのことを「 かいもちひ(かいもち、掻餅)」と呼んでいた。 特に お彼岸は、先祖がその家に帰ってくる期間でもあり、生きている私たちが修行をする期間でもあります。

>

ぼたもち

あんが違う理由は小豆の 収穫時期が関係していました。 秋のお彼岸の『おはぎ』は粒あんの感じが萩の花びらに見えるという事でその呼び方になりました。 これは、収穫シーズンとなる秋の小豆は、皮までやわらかいことから、秋のおはぎには「つぶあん」を使い、春の小豆は冬を越して皮が硬くなっていることから、春のぼたもちには「こしあん」を使ったためといわれる。 しかし、ぼたもちとおはぎの歴史を思い、春のお彼岸にはこしあんのぼたもちを、秋のお彼岸には粒あんのおはぎをいただきながら、季節の風情を感じたいものですね。 秋には「」(お萩)」と呼ばれる事も多いですね。 皆さん、 「おはぎ」は好きだろうか? 日本人ならば、「今まで一度も食べたことがない。

>

「夜船」、「北窓」 (ぼた餅、お萩)

語源については、それぞれ、「ぼたもち」についてはの花に似せてこれを見立てたものであるとする説があり 、「おはぎ」についてはの花が咲き乱れている様子に見立てたものであるとする説がある。 それに対して私たちの生きている世界、この世を『此岸(しがん)』といいます。 今日は、横浜支社の営業IRさんの記事になります。 スーパーなどで売っているものもぼたもちかおはぎですよね。 ということで、ペッタンペッタン音がしないので、お隣さんなどからするといつついたのか分からない。

>

春のお彼岸でぼたもちを食べる理由、呼び方の由来やおはぎとの違い

「お萩もち」が短くなって「おはぎ」と呼ばれるようになり、こちらも萩の花に似せて 細長い俵型のような形に作られていた。 【雑学解説】4つの呼び名は日本の四季に関係している なんでも、この4つの呼び方は日本の四季に関係しているらしい。 おはぎは餅つきと違い、杵でつかないのでペッタンペッタンと音がしない。 大きさ 大きいもの・・ぼたもち 小さい物・・おはぎ どうですか?古くから日本にある食べ物だけに、住む地域などによっていろんな呼び方がありますね。 さて、「おはぎ」や「ぼたもち」は、萩や牡丹の花から名付けられたとのことですが、この両者を比べると大きさや形が違っていたり、餡(小豆)の粒の状態が違っていることがあります。

>

おはぎとぼたもちの違いは? 「夜船」「北窓」は同じ? [暮らしの歳時記] All About

夜船(よふね)• よって、 春はぼたもち、 秋はおはぎと春秋使い分けないといけないのですが、今は年中おはぎで通すお店が圧倒的に多いようです。 つぶあんなど小豆の形が残っているものをおはぎ。 由来はこうです。 166 1998年• ぼたもちは牡丹の花のように大きな丸い形で作られ、おはぎは萩の花のように細長い俵型のような形状で作られていたとされています。 姥餅(うばがもち)• そして『彼岸』は西に、『此岸』は東にあるとされています。

>

「おはぎ」「ぼたもち」「あんころもち」の違い

ぼた餅の由来は? ぼた餅の「ぼた」は「 牡丹」のこと。 ちなみにお餅は「皆殺し」だそうです。 カテゴリー: , , , , , , , , , , , , , , , , 投稿日: 投稿者: 投稿ナビゲーション. お彼岸はもちろんのこと、さまざまなシーンでぜひ味わってみてください。 自在餅(じざいもち)• こし餡のものと、つぶし餡のものがある。 雪がシンシンと降り積もる外を北窓から眺めている状況でも想像してみましょうか。 秋のぼたもちは、小豆の収穫時期なのでとれたての柔らかい小豆を使うことができます。

>

ぼたもち

そのため、彼岸や四十九日などに食べる風習が定着したのです。 このため、彼岸や四十九日の忌明けに食べる風習が定着したものと考えられる。 「開いた口に牡丹餅」ともいう。 では最後に今回の内容をおさらいしてみましょう。 粒が残らない滑らかな状態にしたものが「皆殺し」で、「全殺し」や「本殺し」とも呼ばれます。 ですので、今は 「おはぎ」と「ぼたもち」はほぼ同じです スポンサーリンク おはぎとぼたもちは地域によって呼び方が違うの? 北海道から沖縄まで日本全国で、 春のお彼岸にはおはぎ、 秋のお彼岸にはぼたもちを食べる風習があります。 「たなぼた」と省略することもある。

>