知識 基盤 社会。 根本は「工業化社会」から「知識基盤社会」への変化

知識基盤型社会

基礎・基本を身に付け、いかに社会が変化しようと、自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、より良く問題を解決する資質や能力。 21世紀の基本的な課題として、持続可能な発展を遂げる社会への転換が挙げられる。 以下に、東京都教育会の見解を述べてみたい。 3.リーダーとしての資質を備える高度人材の育成 我が国が世界をリードし続ける国であるためには、我が国を牽引し、国際的なリーダーシップを発揮できる高度な科学技術関係人材を育成することが重要である。 これを受け、学習指導要領の改訂が行なわれた。 こうした変化に伴う主な特徴としては、生産性の高い科学界とビジネス効率の向上がもたらした急速な技術進歩、情報通信技術の影響力の増大、知識集約型の産業やサービス部門への移行、ネットワーキングや共同制作の増加、求められる技能の高度化、などがあげられますこれらを総合すると、「知識基盤社会」とは、「知識を生み出し、加工し、使いこなし、人々に伝えて、みんなで共有することによって動いていく社会」のように考えられます。

>

提言16

我が国の地域社会の在り方として、コミュニティ(地域共同体)の解体・消失が指摘されて久しい。 さらに、チームには、チームを目標達成に導くリーダーの存在が不可欠であり、高度な専門的能力かつ広範な知識を持つ博士号取得者に特にその役割が求められている。 つまり、現在の学校教育システムは工業化社会に必要な人材を育成するために作られ、整備されてきたシステムです。 2 知識基盤社会と教育改革 知識基盤社会という言葉について、文部科学白書(平成18年度)は次のように述べている。 このような社会では、必要とされる知識や技術の全てを個人の問題に帰することはできない。 また、学問分野の融合化・総合化の傾向が強まり、地球環境や生命倫理等の課題に見られるように、科学技術・学術と社会との調和を保つことも一層重要となる。 様々な経験を有する研究者が切磋琢磨することでアカデミアを活性化する観点から、アカデミア内のみならずアカデミアを超えた研究者の流動性を確保し、人材の移動を活発化させる必要がある。

>

提言16

「学習指導要領等の改善について」の中央教育審議会答申(平成20年1月17日)では、「知識基盤社会」について述べている。 我が国の経済は、バブル崩壊以後の停滞・低迷期から脱し、今後は回復・上昇局面に差し掛かることが期待される。 さらに、EUの誕生をはじめとして、地域ブロックで連携を強めて競争力を確保しようとする動きも活発化しつつある。 先行き不透明な時代であればこそ、我が国社会全体の、そして国民一人ひとりの力をどう発揮できるのかが問われているのである。 物質的経済的側面と精神的文化的側面のバランスのとれた人間性を追求していくことが、国際社会を構築していく上でも基調となると考えられる。 このチームには、知の創造から目的基礎研究、研究開発、社会経済的価値の提供までの各段階で役割を果たす人材や、その各段階を俯瞰して関連付ける人材が必要である(図5、6)。 1.イノベーションの創造に不可欠なチーム力の向上 科学技術と社会の関わりが深化・複雑化している知識基盤社会において、求められる人材の素養・能力は多様である。

>

第1章 知識基盤社会が求める人材像:文部科学省

提言16 提言16: 知識基盤社会における教育 知識基盤社会という言葉が、21世紀の新しい社会・新しい教育を表す言葉として、しばしば用いられている。 今後は、平成18(2006)年度以降の第3期科学技術基本計画が定められ、科学技術創造立国に向けた取組が加速するものと予測される。 イノベーションの創造はチームとしての取組が欠かせない。 自ら思考するとは、課題解決のため、各自の知識・認知の枠組みを基盤に情報を操作することであり、既得知識の確認と必要な補充指導は不可欠である。 導入の経緯については阿曽沼明裕による要を得たまとめがあり、それにしたがえば、「知識社会」とは元来フリッツ・マッハルプ、ピーター・ドラッカー、ダニエル・ベル等が20世紀中葉にアメリカで新たに登場しつつあった社会を名指すために用いた言葉で、それが1990年代半ばのEU経済の長期的な停滞を背景にOECDの科学技術政策担当者たちによって導入された「知識基盤経済(knowledge-driveneconomyあるいはknowledge-based economy)」という考え方をテコに、「各国の政策に影響を与えるほどの新しい知識社会論へと飛躍させ」られるに至ったのだという。

>

知識基盤型社会

だから、大学も、その前にある初等・中等教育も、知識をため込むだけでなく、積極的に使いこなすような力量を身につけさせる必要がある、と読めます。 また、求める人材の具体的なニーズについて産業界も大学や学生等に対し明確に発信できていないとの指摘もある。 このように、知識基盤社会の教育では、単に知識の量を増やすのではなく、『生きる力』の育成を基本理念として重視している。 また、大学等は、研究者をより安定的な職に就ける際、公正で透明性のある人事の下で、出身大学学部卒業後に大学等の機関又は専攻を少なくとも1回は変更した者を選考することが期待される。 [] 概要 科学の進歩と技術の変化は、知識基盤型経済への移行をもたらします。 また、我が国は世界でも例を見ない速度で少子高齢化が進み、平成62(2050)年には生産年齢人口(15~64歳)約1.5人で老齢人口(65歳以上)1人を支える状況になると試算されている。 1 大学院教育の実施にあたり、学外における高度な研究水準をもつ国立試験研究所や民間等の研究所の施設・設備や人的資源を活用して大学院教育を行う教育研究方法の一つ。

>

第1章 知識基盤社会が求める人材像:文部科学省

この動きの第一歩として、1999年、ブダペストで世界科学会議が開催され、ブダペスト宣言が採択された。 「情報化社会」はのちに「知識基盤社会」と言われるようになりましたから、最近ではこの変化を、「工業化社会から知識基盤社会への転換」というのが普通です。 3 知識基盤社会と初等中等教育改革 この発想は、初等中等教育にも導入される。 経済協力開発機構(OECD)は、1997年から2003年にかけて、多くの国々の認知科学や評価の専門家、教育関係者などの協力を得て、『知識基盤社会』の時代を担う子どもたちに必要な能力を『主要能力(キーコンピテンシー)』として位置付け、国際的に比較する調査を開始している。 知的好奇心・課題意識をもとに、思考し、好奇心を満足させ課題を解決する主体的な心の働きを大事にする。 我が国の総人口は、平成18(2006)年に1億2,774万人でピークに達した後、長期の人口減少過程に入り、平成62(2050)年には約1億60万人になるものと予測されている。

>

第1章 知識基盤社会が求める人材像:文部科学省

(平成19年度「文部科学白書」27頁) 4 学校での対策 以上、知識基盤社会について、その時代的背景、教育改革との関係、初等中等教育との関係について見てきた。 このような人材は、産業界ではイノベーション創出の中核を担い、アカデミアでは知的価値や社会経済的価値の基礎となる研究成果を生み出し、あるいは産業界とアカデミアの協働・共創の場で産・学にまたがる知識の全体を俯瞰し異分野を融合できるリーダーである。 「授業改善」の必要性は、この「工業化社会のシステムである学校教育」を「知識基盤社会に必要な学校教育システム」に変化させるためなのです。 今、人間は物に代わり知識を創造しこれを活用して利益を得ようとしている。 例えば、「終身雇用制」「」が崩れました。 人口減をどのように捉えるか、社会のあらゆる分野でシステムの再構築が重要な課題となっている。 知識と情報を作り、広め、活用する能力は、競争上の優位や富を生み出し、生活の質を改善するための中心的手段となりつつあります。

>