バウンド ドック レビュー。 HGUC バウンド・ドックのパッケージ・ランナー レビュー

【レビュー】ガンプラ「HGUC 1/144 バウンド・ドック」レビュー 「機動戦士Zガンダム」の可変大型MSが待望のHGUC化。完全変形も嬉しい!

HGUC バウンド・ドック レビュー HGUCでバウンド・ドックがキット化されました。 一つ前に発売されたエントリーグレードと違い、ツインアイとトサカ前後はホイルシールで色を補う従来の仕様です。 ポージング ビームライフルを持たせて。 右肩のイエローは別パーツにて色分け済みで、合わせ目も出ません。 HGUCゼータガンダム(REVIVE)と並べて。

>

HGUC バウンド・ドック レビュー

ピンク色どうなの?って思うけど、意外とマッチしてるというか違和感はないです。 胴体部は胸部、腹部ともに可動箇所があるので、上半身をかなり幅広く前後スイングさせることができます。 先端には大型のクローが造形。 後端部のバーニアは全て独立可動。 また緑色の動力パイプは軟質素材のTPEが使われています。 シールドのモノアイはクリアパーツが使われていました。 まずは大きさを比較。

>

HGUC バウンド・ドック レビュー

7mと非常に大きな機体であり、スカートの中に上半身を収納する特徴的な変形プロセスを持ち、それがキット化時にどう反映されるかも注目が集まった。 付属のシールはモノアイと頭部や脛部分の黄色を補うホイルシールです。 別売品を調達する必要はなく、これでしっかりと飾る事が出来ます。 298• 近年の高いガンプラ技術によるキット化なので、全体的な構造も色分けもよく、より精密で再現性の高いキットになっていると思います。 安価ながら、プレイバリューあり、まとまりあり。 この状態で止めてちょっと通りますよ形態というのも乙な感じ。 上半身は前後・左右と柔軟に動きます。

>

【レビュー】ガンプラ「HGUC 1/144 バウンド・ドック」レビュー 「機動戦士Zガンダム」の可変大型MSが待望のHGUC化。完全変形も嬉しい!

ディスプレイベース パーツは全ては使用せず、今回は画像の物のみの構成。 砲口が浅い所で埋まってるのが惜しい所。 MS形態時の特徴的な触覚はプラ同士のBJ接続なのでピンクの機体をグレーやら黄色やらに塗り替えたい場合ひと工夫必要です。 表面の装甲は各部ともパーツによる色分けとなっています。 一通り説明書をどうぞ。

>

【HGバウンドドック】HGUC1/144バウンドドックの素組みレビュー|ゲンゴロウのような愛らしいスタイルに惚れた

後ろから。 また拡散メガ粒子砲パーツを挟み込む事で展開状態を再現可能。 手に持たせたあと、前腕部外側のパーツを外して接続します。 そして手首はボールジョイントです。 難点を付けるとしたら、MA時に頭部が少し浮いてしまう所とぐらいでしょうか。 アップで比較。 肘関節は90度以上大きく曲がります。

>

HGUC バウンド・ドック レビュー開始!! 【バウンド・ドック、悪くない機体だ】

そろそろ塗装に集中しようかな。 動力パイプを塗装する場合はマルチプライマーなどの密着剤が必要そう。 とりあえずEMIAゼータと並べてみる。 MA形態で飾るのに直置きでは寂しいので、ありがたい配慮です(その分お値段上がってますが)。 肩に貼る「F00」のマーキングシールが付属するのも特徴です。

>

HGUC バウンド・ドックのパッケージ・ランナー レビュー

ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。 腕は大きく上がります。 2軸あり握りの形も出来ます。 。 G30thと今回のRX-78F00は、設計コンセプトの近いガンプラと言っていいでしょう。

>