スマレジ タイム カード ログイン。 スマレジ タイムカード ログイン

利用規約

店内のポジションや役割、権限の設定 店長や経理、一般従業員などの役割を作成し、 それぞれ設定した権限毎にスマレジ・タイムカード内で行う操作に制限を設けることが出来ます。 但し、当社に故意又は重過失がある場合はこの限りではありません。 )の知的財産権その他の権利の使用許諾を意味するものではありません。 当社の免責 当社は、当社に故意又は重過失がある場合を除き、本条に基づき当社が行った措置に基づきお客様に生じた損害について一切の責任を負いません。 利用開始後のプラン変更は可能です。 さまざまな業種の人たちが、毎日欠かさず使う勤怠管理だから、ユーザーが本当に必要としている機能に注力し、とにかく操作の使い勝手(UX)を重視して開発しています。

>

利用規約

テーブル管理 各テーブルごとの情報を、リアルタイムで確認、操作することができます。 【csvサンプル】 メールアドレスを登録すると自動で認証メール送信 社員のメールアドレスを登録すると、自動的に認証メールが送られます。 利用するには月額4000円も払わないといけないようで…。 第20条(一般条項)• 本条第2項各号のいずれかに該当する場合• 第11条(保証の制限)• 本サービスをユーザーとしてご利用いただくには、本利用規約をお読みの上、ご同意いただく必要がございます。 承認された休暇は勤怠情報や給与計算、シフトに自動的に反映されます。 第2条(本利用規約の適用及び変更)• 当社は、本サービスを使用してお客様が管理・運営する経営戦略や販売戦略等について、一切の責任を負いません。 給与計算の作業が不要 残業、時間外労働、休日出勤など色々な給与ルールに則り 従業員の勤怠データをもとに自動で計算するので、給与計算の作業自体が不要です。

>

無料で使える勤怠管理システム「スマレジ・タイムカード」を初期設定してみた|あらゆるシステムを比較する人事担当者|note

)を被った場合(当社がお客様の利用を原因とする請求等を第三者より受けた場合を含みます。 お客様は、契約ID及びログインアカウントが第三者に使用されたり盗まれたりしていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。 会計・注文レシート• 第12条(責任の制限)• 規定を作成する 事前に設定した規定に近づいた従業員に警告通知を行うことで、 労務担当者が作業することなく、 従業員の勤怠状況を適切な状態に保つことが可能です。 「個別規程」とは、本サービスに関して、本利用規約とは別に、ガイドライン、ポリシー、規程、規約等の名称で当社がウェブサイト上に掲示又はユーザーに配布する文書をいいます。 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権をいい、それらの権利を取得し又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。

>

プランと料金

第7条(解除及び終了)• その他、便利な設定項目 店内ポジションで作成した役割を割り振ったり、全体出退勤画面への表示の有無など、 異なる労働環境でも効率よく管理するための設定項目を用意しています。 セキュリティの確保 本サービスは各種のセキュリティ手段を備えておりますが、セキュリティを確保するためには、実際に使用する担当者が係る手段の内容を理解し、必要に応じて所要の操作を行っていただく必要があります。 テクノロジーの進化にあわせて新しい記録方法に対応していきます。 「社員」「アルバイト」はもちろん、部署分けや、独自のルールなど、職場環境にあわせて自由に設定することができます。 配膳管理• お客様は、これらを他の著作物等と同様に扱わなければなりません。

>

‎「スマレジ・タイムカード」をApp Storeで

また、同一環境において永続的に使用できる事を保証するものではありません。 勤怠管理だけなら無料でご利用いただけます。 2段目は「設定を行う」というよりは「打刻方法を案内する」パートです。 自動更新 前項の契約期間満了の2ヶ月前までに、お客様と当社の一方又は双方より書面又は当社が指定する方法による変更又は解約の申し入れのない場合、本契約は更に1カ年自動的に更新されるものとし、以後も同様とします。 操作手順 スマレジのホームページを開き、右上の『ログイン』をクリックして、ログイン画面を開きます。

>

フードビジネスプラン

管理画面を利用することによりさらに便利に! 管理画面では 「給与計算」「シフト作成・管理」「有給休暇管理」 「日報管理」「プロジェクト管理」「労務アラート」 など様々な機能もご用意しております。 お一人さまからでもご利用いただける設計になっています。 スマレジ・タイムカードの3つの特徴 1.。 お客様は随時所要のデータのバックアップを作成していただく必要があります。 意図的に虚偽の情報を流布させる行為• 休眠アカウント等の削除 当社は、予めお客様に通知・催告することなく、最終のアクセスから180日以上経過しているお客様の契約ID及びログインアカウントを削除することができるものとします。 警告状況は、警告・違反履歴の一覧で確認できるので、労務担当者もひと目で把握できます。

>