夜勤 事件 攻略。 Steam:The Convenience Store

夜勤事件プレイレビューと攻略チャート

エンディング1で見られるテキストも、遭遇した霊たちのバックボーンに触れてはいるけど、情報の開示が半端すぎてあんまり見た甲斐が無い。 ゲームを途中でやめると次は最初からになってしまいます。 誰も居ないのに勝手に空いたり閉まったりする自動ドアを見ても無反応である。 しかし店長はいないし、タイムカードもきらなくてよくなる。 妙に入り組んだ街になっており、コンビニまでそこそこ歩く。 そして深夜ということもあってめちゃめちゃ暗い。 ・コンビニの品ぞろえに違和感。

>

たったこれだけ!夜勤ダメージから回復する。その攻略法とは?

目の前にある要素をきちんと把握していれば、ゴールへたどり着くのはそう難しくないはず。 あれ、これこの状態で何をどうすれば次進むの?って場面が結構多い。 ・ゴミ箱エリアにねずみが出たので始末をしておけという指示。 すると、2年前に行方不明になった自分の「妻」が電話に出るのだった。 「きさらぎ駅」からの帰り道を訪ねるも、駅員は その駅は何処の路線にも存在しない事を伝えてくるのだった。 ・防犯カメラでゴミ捨て場エリアを見てから、レジエリアを出る。 しばらく頑張ってればどういうことかはわかるけど、わかっててもわかりづらい。

>

母親

日本語の声の演技により、プレイヤーの体験が向上します。 バックヤードや防犯カメラを使ったギミックは面白かったし、コンビニという環境をきちんと活かしたゲームになっていた。 最序盤に家を出ようとすると、 「ご飯を食べる」、「着替える」、「懐中電灯を持つ」とのメッセージが出てくるが、どうすればご飯を食べられるのか、どうすれば着替えられるのかなどの 誘導が一切無い。 今回は消費期限の切れたものを下げる作業。 夜勤事件の舞台は、タイトルのとおり深夜のコンビニ。 全部正解してもピンポンとか鳴らないのでわかりづらい。

>

夜勤事件プレイレビューと攻略チャート

ゲームは約40分でクリアできます。 レンチを忘れて帰るので、それを使って室外機を壊すと「鍵」が手に入る。 四日目には店長がいなくなっていて、タイムカードを打つ必要もなくなっている。 ここまで来れば、かなり気分もスッキリするはずです。 第2水曜の12:20以降は任意。

>

たったこれだけ!夜勤ダメージから回復する。その攻略法とは?

左下の「終了する」は『ゲームを終了する』ボタンなので注意。 そういう全体的な不親切さが、意図されたものなのかわからないけどやり辛かった。 何故かおでん屋っぽいイートインがある。 ・その後しばらく店でうろついていると第二夜終了(おっさんがマップから立ち去るまで?)。 そして2年前に失踪しており、現在まで警察でさえ有力な情報を得られていない事。 タバコはレジ内、ビールはドリンクエリアにある。 自分でプレイしながら作ったやつなので、抜けがあったら申し訳ない。

>

『夜勤事件』感想レビュー。恐怖の深夜コンビニバイトと地獄の出勤時間を味わえる一作。

いわゆるバイオハザードみたいなアクション要素はなく、操作を急かされる場面もありません。 プレイヤーはレジの読み取り機をスマホに当てるだけで良い。 この 生活リズムの乱れが夜勤による体へのダメージを大きくしている要因です。 ネタバレ感想 ゲームとしては面白かったけど、シナリオ的には投げっぱなし食らった感じが否めない。 欠勤 同じキャラを3日続けて夜勤に呼び出すと発生。 冷凍食品近くの下層。

>

【ホラゲ】深夜のコンビニで働く女子大生の恐怖体験『The Convenience Store

あいつマジなんなの。 放っておけばレジまでやってくる。 街中で人に会ったり、なにかイベントがあるわけではなく、暗くて複雑な住宅街をひたすら迷う。 バックヤードにねずみ駆除スプレーがある(緑のかごの中。 恐怖要素 恐怖要素としては、自動ドアの開閉であったり、部屋に閉じ込められたり、監視カメラに幽霊が映ったり、その幽霊にばったり遭遇してしまったりです。 まずは良かった点を以下にまとめます。

>

母親

・立ち入り禁止だったエリアを抜けていくと小さな小屋があり、扉の鍵を開ける。 何も見えねえ。 入り口直ぐそば上段のテレビ。 300円のゲームなので多くを望むものじゃないのはわかってるけど、これは予算感とは異なる部分で、ゲーム中の文言をわかりやすくしてくれるだけでいいんだよな。 ぶっちゃけ20~40分プレイしたってだけで途中で投げただけだろ・・・。 From the creators of Key Features: Immersive experience: An atmospheric, photo-realistic graphics intensifies the horror experience. この客ちょっとタカアンドトシのトシに似てんな。

>