酔 鯨 純 米 吟醸。 酔鯨 純米大吟醸 弥 Ya 720ml

酔鯨 吟麗 純米吟醸 秋あがり 寒露 / はせがわ酒店 オンライン店

芳醇な体験が詰まった1本であることは間違いない。 であれば、できた酒を人間がブレンドするほうがうまくいくのではないかという判断だ。 この日本酒はまさに「ハレの日」の酒。 全国15校600名を超える生徒が通う書道塾の経営、作品制作、個展、ワークショップ等を通じて日本の伝統文化である「書」を未来を担う子ども達へ、そして世界へ継いで行く事を志として刻み続ける。 ひと夏を越えることによって味の熟成が進み、深い味わいに仕上がっています。 それは味わいも同様で、飲んですぐに感じるのは果実のジューシーな甘み、コクのあるボディのアタック。 山田錦といえば兵庫県産が知られるが、「特A地区」はその中の10%のみ。

>

酔鯨 吟麗 純米吟醸 秋あがり 寒露 / はせがわ酒店 オンライン店

もう一つは鏡川付近から採れる水であり、こちらは輪郭に丸みのあるやわらかい水。 そこにあるのは、3つの酵母を使った圧倒的な香りを漂わせた酒。 そんな酒米をぜいたくにも精米歩合30%まで磨き上げてDAITOは造られています。 特上ともなれば0. 爽やかな「果実香」と酔鯨の中では、米の旨味が特に感じられる「未濾過すっぴん生酒」です!! 酔鯨ならではのキレの良さと、スパッと切れる後口。 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児、乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

>

酔鯨 純米大吟醸 弥 Ya 720ml

本来であれば1種類で造っていくのですが妥協を許さない酔鯨、さすがです。 その後、酔鯨独特の酸味と柑橘を思わせる苦味が引き締め、すうっとキレていく。 特別な意味を持ち、構成するすべてのものが稀有な逸材でできております。 香りはあくまで控えめとし、キレが良く飲み飽きのしない純米吟醸酒です。 いまの時期ならば、新年に新たな気持ちをセットする意味を込めて、意を決して開けてみたい酒だ。 米の旨み豊かな純米酒の味わいに、生酒のフレッシュな味わいがマッチした、力強くキレの良い純米・生酒です。

>

【酔鯨】純米大吟醸「彩

ラベルの書:前田鎌利(まえだ・かまり) 一般社団法人 継未-TUGUMI- 代表、書家。 2010年にソフトバンクアカデミアに第一期生として所属し、初年度首席の成績を修める。 ドライでさっぱりとした味わいの酒に仕上がります。 しっかりとした旨味にキレの良さが特徴です。 これらを商品毎に使い分けています。 酔鯨 特別純米 酔鯨酒造 【酔鯨 特別純米】・・・毎日の晩酌に合わせて頂ける食中酒を目指して醸しました。

>

酔鯨 酔鯨酒造

コンセプトは「食中酒として料理も酒も共においしく」。 2014年に独立起業し、書道塾 継未-TUGUMI-を設立。 ラベルは秋の季節感を感じていただけるように、前半と後半の2シーズンに分け、デザインを変えて展開いたします。 高知では「皿鉢料理」のような大皿をみんなで囲んでお酒と一緒に楽しむ文化があり、酔鯨酒造も料理に合わせる「食中酒であること」をポリシーに酒造りを行っている。 だからこそ数に限りがある限定酒。 Jリーグ「絶対突破」、ソフトバンク「志高く」。

>

【酔鯨】純米大吟醸「彩

ただ、どんな種類の米でも良いのかというと、そういうわけではありません。 そのDAITOで培った技術とノウハウ、そしてさらなる新しい挑戦を経て完成したのが、今回の藤巻百貨店オリジナル純米大吟醸「彩-Irodori-」だ。 日本のワイン• その中取りのみを貯蔵してボトリングすることで、 できたての美味しさを保ち続けることができています。 実は藤巻百貨店の日本酒第一号記念の「お祝い価格」で提供するこちら。 酔鯨 純米酒 吟の夢 酔鯨酒造 【酔鯨純米酒吟の夢】・・・地元高知県産の酒米「吟の夢」を使用し、杜氏、蔵人の技術を生かして造るこだわりの純米酒。

>

酔鯨 吟麗 純米吟醸 秋あがり 寒露 / はせがわ酒店 オンライン店

DAITOは酒米の王様とまで呼ばれる「山田錦」を使用しています。 クール便での配送をご希望の場合は、「」を配送希望商品と一緒にカートに入れてお会計ください。 3-10月クール宅急便ご選択下さいませ。 中取りだけをフレッシュなままボトリング 「中取り」とは、お酒をしぼっていく過程で最も香味が優れた部分を指します。 幾度もの困難に立ち向かい、日本の未来を案じた男。 また、ソフトバンクアカデミアの実績によりプレゼンテーション講師も行い、著書『社内プレゼンの資料作成術』(ダイヤモンド社)がベストセラーに。 さて、どんな味わい?酔鯨は、高知の有名な酒蔵。

>

酔鯨 純米吟醸 高育54号 通販/高知の地酒販売中

造り手は高知県を代表する蔵元のひとつ「酔鯨酒造」。 なかでも特A地区に認定された地域のものが使われています。 これにより、フレッシュ感を損なわずに酒がさらにうまくなってゆくのだ。 「こんなお酒に出会ったことない!」という声が必ずや上がることだろう。 客人をもてなす場、パーティー、結婚式、そんなシーンに、この酒すごいんだぜと人にすすめながら飲んでみてほしい。

>