奈良 県 障害 福祉 課。 障がい福祉課から事業者の方へ

はたらく障害者応援フェアの開催/奈良県公式ホームページ

応募資格• 意見書• 地域生活支援事業の一部• 3 療育手帳に関すること。 障害者就労施設において生産される授産商品の販売会を開催するとともに、商品力・販売力の強化に関する研修会を実施することにより、授産商品の品質及び認知度を高め、今後の販売拡大につなげることで障害のある方の工賃向上を図ることを目的として、はたらく障害者応援フェア特選市を開催します。 令和2年9月4日(金曜日)からコールセンターが開設されます。 注意事項 (1)電話、訪問等による口頭での意見提出は受け付けできません。 ファックス:0745-44-4780 3. 障害の程度により、1級から3級までの区分があります。 。

>

地域情報:奈良県の障害福祉課一覧

日常生活用具給付意見書 ネブライザー・電気式たん吸引器用• 下記の質問票を作成の上、指定するメールアドレスへご送付ください。 計画(素案)の閲覧場所• 持参:平日8時30分 ~ 17時15分 (土日祝日を除く)に、健康福祉課窓口へ• 一定所得以上の人は対象外となります。 2 障害者福祉事業の企画及び調整に関すること。 ケア計画書 移動支援事業 施設入所者向け• 2 障害児(者)地域療育等支援事業に関すること。 利用者負担上限額管理事務依頼 変更 届出書• 3 障害者の権利擁護及び虐待の防止に関すること。 承諾書• 障害の程度により、1級から6級までの区分があります。 新高額障害福祉サービス費等給付費支給申請書• 研修修了証明書の交付について 奈良県知事名にて修了証書の交付を受けた方で、修了証書を亡失もしくは著しく破損した場合、申請により修了証明書の交付を受けることができます。

>

【奈良県より】新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業の申請受付開始

その他この案件に関係を有する方 2. 9 補装具費の支給に関すること。 事業者用の提出ポストをご利用ください。 地域生活支援事業の一部• 指定係 1 障害福祉サービス事業者、障害者支援施設等の指定に関すること。 また、厚生労働省等からの関係通知及び事業者向けの情報も随時掲載します。 日常生活用具の給付 在宅の身体・知的障害者 児 などに、日常生活上の不便を軽減するための用具の給付を行います。

>

はたらく障害者応援フェアの開催/奈良県公式ホームページ

9月3日までは、奈良県障害福祉課へお問い合わせください。 また、県民の方々に障害及び障害のある方に対する理解を深めていただき、障害のある方が困っているときに声をかけたり、サポートを実践したりすることができるよう意識の向上を図る体験型イベントも実施します。 受給者証再交付申請書 第6号様式 第10条関係• 移動支援事業 施設入所者を除く• 承諾書• 居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護、生活介護、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援、地域移行支援、地域定着支援 契約内容 障害福祉サービス受給者証地域相談支援受給者証記載事項 報告書 様式第29号 申請書・変更届・同意書• 障害児通所給付費支給変更申請書兼利用者負担額減額・免除等変更申請書 第10号様式の8• 川西町ホームページ 5. 地域生活支援事業利用 変更 申請書 兼利用者負担額減額・免除申請書 第25号様式 第28条関係• 事業者用窓口は、住民等の各種手続窓口とは別の場所になります。 意見書• 一定所得以上の人は対象外となります。 川西町役場健康福祉課窓口(平日8時30分 ~ 17時15分 (土日祝日を除く))• 地域生活支援事業利用 変更 申請書 兼利用者負担額減額・免除申請書 第25号様式 第28条関係• 例:義肢、装具、座位保持装置、車いす、歩行器、盲人用安全杖、補聴器など 1割の自己負担があります。 サービス管理責任者等研修について サービス管理責任者等研修(サービス管理責任者研修及び児童発達支援管理責任者研修)は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律及び児童福祉法の適切かつ円滑な運営に資するため、サービスの質の確保に必要な知識、技能を有するサービス管理責任者及び児童発達支援管理責任者の養成を図ることを目的としています。 ケア計画書• ま行 や行 ら行 わ行 障害児通所支援関連• 4 地域生活支援事業の事業者の指定に関すること。

>

障がい福祉課の主な申請書

障害のある人がつくった無添加、手作り、自家栽培の商品を出品しますのでどうぞお越し下さい。 自立支援給付係 1 障害福祉サービス(障害児に係るものを除く。 策定にあたり、住民の皆さまからのご意見を募集します。 意見募集期間・閲覧期間 令和2年12月9日(水)~12月22日(火)正午まで / 郵送22日必着 4. 自治体名 担当部署 住所 代表電話番号 〒630-8501 奈良市登大路町30 0742-22-1101 〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1 0742-34-1111 〒635-8511 大和高田市大字大中100-1 0745-22-1101 〒639-1198 大和郡山市北郡山町248-4 0743-53-1151 〒632-8555 天理市川原城町605 0743-63-1001 〒634-8586 橿原市八木町1-1-18 0744-22-4001 〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1 0744-42-9111 〒637-8501 五條市本町1-1-1 0747-22-4001 〒639-2298 御所市1-3 0745-62-3001 〒630-0288 生駒市東新町8-38 0743-74-1111 〒639-0292 香芝市本町1397 0745-76-2001 〒639-2195 葛城市柿本166 0745-69-3001 〒633-0292 宇陀市榛原区下井足17-3 0745-82-8000 〒630-2344 山添村大字大西151 0743-85-0041 〒636-8585 平群町吉新1-1-1 0745-45-1001 〒636-8535 三郷町勢野西1-1-1 0745-73-2101 〒636-0198 斑鳩町法隆寺西3-7-12 0745-74-1001 〒639-1095 安堵町大字東安堵958 0743-57-1511 〒636-0202 川西町大字結崎28-1 0745-44-2211 〒636-0213 三宅町大字伴堂689 0745-44-2001 〒636-0392 田原本町890-1 0744-32-2901 〒633-1212 曽爾村大字今井495-1 0745-94-2101 〒633-1302 御杖村大字菅野368 0745-95-2001 〒635-0154 高取町大字観覚寺990-1 0744-52-3334 〒634-0111 明日香村大字岡55 0744-54-2001 〒639-0293 上牧町大字上牧3350 0745-76-1001 〒636-8511 王寺町王寺2-1-23 0745-73-2001 〒635-8515 広陵町大字南郷583-1 0745-55-1001 〒636-8501 河合町池部1-1-1 0745-57-0200 〒639-3192 吉野町大字上市80-1 0746-32-3081 〒638-8501 大淀町大字桧垣本2090 0747-52-5501 〒638-8510 下市町大字下市1960 0747-52-0001 〒638-0292 黒滝村大字寺戸77 0747-62-2031 〒638-0392 天川村大字沢谷60 0747-63-0321 〒648-0392 野迫川村大字北股84 0747-37-2101 〒637-1333 十津川村大字小原225-1 0746-62-0001 〒639-3803 下北山村大字寺垣内983 07468-6-0001 〒639-3701 上北山村大字河合330 07468-2-0001 〒639-3594 川上村大字迫1335-7 0746-52-0111 〒633-2492 東吉野村大字小川99 0746-42-0441. 4 自立支援医療費(更生医療)の支給に関すること。 世帯状況収入申告書 様式第24号• 受け付けたご意見に対する町の考え方をホームページで公表します。 相談支援従事者研修制度の見直しについて このたび厚生労働省より「相談支援従事者研修事業の実施について」の改正があり 令和2年4月1日より適用されることとなっています。 児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス、居宅訪問型児童発達支援、保育所等訪問 契約内容 通所受給者証記載事項 報告書 様式第20号• 過誤申立依頼書• 奈良県 障害福祉課連絡先一覧 自治体名をクリックすると、各自治体のホームページ(トップページ)が開きます。

>

障がい福祉課から事業者の方へ

障害福祉サービス利用者負担上限額管理事務依頼 変更 届出書 様式1• 申請には、指定医師による所定の診断書、顔写真が必要です。 なお、会場内は新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を講じておりますのでご了承ください。 3 総合福祉センターに関すること。 例:入浴補助用具、一本杖、盲人用時計、人工咽頭、ストマ用装具、吸入器、電気式たん吸引器など 1割の自己負担があります。 過誤申立依頼書• 利用者負担上限額管理事務依頼 変更 届出書• 対象となる人は、視覚障害、下肢機能障害、体幹機能障害、脳原性移動機能障害、内部障害の人でそれぞれの等級が1~3級の人、療育手帳Aの人、精神障害者保健福祉手帳1級の人となります。 自立支援医療 精神通院 一定の精神疾病のために、通院の必要性が診断書をもとにして認められた人について、指定医療機関での通院診療にかかる自己負担分が1割となります。 対象となる人は、視覚障害、下肢機能障害、体幹機能障害、脳原性移動機能障害、内部障害の人でそれぞれの等級が1~3級の人、療育手帳Aの人、精神障害者保健福祉手帳1級の人となります。

>