有吉 パン アポロ。 有吉弘行が歓喜。幻のパン「アポロ」捜索に見る「簡単に教えたがる人」問題(てれびのスキマ)

幻のパン、スペースアポロってなに?美味しい?まずい?│楽蔵

行く当てがなくなった一行は、有吉のTwitterに寄せられたコメントのなかに大きな手がかりを発見。 有吉は「これだけインターネットで情報があふれてる世の中で『アポロパン』って1件も出てこなかったのよ」。 。 有吉弘行が歓喜。 スーパーやドラッグストアで購入したという声もありますが、入荷してもすぐに売り切れてしまうほど人気となっています スポンサーリンク 甘いフの生地に懐かしめの白く甘いクリームがはさんであって、ザラメのジャリジャリした食感が楽しめます。 番組ではマツコもこれを試食し「懐かしい味わいでおいしい」と高評価。 パンのカタチを月に見立てて、スペースアポロとネーミングしたのではないでしょうか。

>

マツコ&有吉 かりそめ天国で話題「フジパン スペースアポロ」感想・レビュー

このパンは私も知っていますね。 ナガイパンは赤看板の『ナガイパン』と書かれた看板で広島県では割と有名だったようです。 スペースアポロはナガイパンが作ってるの? こちらは残念ながらスペースアポロはナガイパンデは作っていません。 フジパンから復刻!復活のアポロは『スペースアポロ』 実はニッチマンも、このアポロいっぺん食べてみたい!と思っていたので、フジパンに再販の予定や復刻希望のお願いをしていました。 。

>

有吉弘行、思わず苦笑い!番組スタッフのとんでもない“凡ミス”が発覚

。 全国販売(北海道・沖縄除く)、価格は9月15日時点では未定、販売店舗は既存の取り扱い店となります。 現物を手にしたときの有吉さんの嬉しそうな顔も😄 再現してくれたナガイパンさんも優しいなぁ。 けっこう入っています。 有吉の思い出のパン「アポロパン」とは? 有吉さんは、出身地広島で3歳頃よく食べていた思い出のパン「アポロパン」が忘れられないようです。 番組内で試食した有吉は「そうそう!こんなの!」と大感激し、放送終了後には視聴者から「感動した」「復刻して欲しい」という意見が殺到。 同番組の「幼い頃に食べたパンを探す」という企画から始まったそうで、有吉さんの記憶に強く残っていたのが、このスペースアポロという菓子パンだったとか。

>

有吉弘行が歓喜。幻のパン「アポロ」捜索に見る「簡単に教えたがる人」問題(QJWeb クイック・ジャパン ウェブ)

半円形で中はクリーム• マツコも「テレビってやっぱすごいわね、見直したわよ。 気軽に食べれる価格帯も魅力の一つでしょうしニッチマンの予想価格は 150円程度ではないかな?と思います。 Twitterなどを見てみるとやはり一度食べたい!や再販希望!といった声も見られますね。 あのパンを、フジパンが再現し「スペースアポロ」として期間限定発売する 有吉弘行が広島で3歳のころに好きでよく食べていた「アポロ」というパンについて調査する内容が、テレビ朝日系「マツコ&有吉かりそめ天国」で2020年8月に放送されましたが、 この時の大きな反響を受け、フジパンが期間限定で復活することを発表しました。 「 緑のパッケージ」「 半円形でなかはクリーム」「 表面にザラメ糖のようなざらつき」「 40年ほど前に広島で販売されていた」という有吉の曖昧な記憶を手がかりに商店街で聞き込みを開始。 。

>

有吉の思い出のパンが40年の時を超え…「かりそめ天国」で探した「アポロパン」復刻発売決定/芸能/デイリースポーツ online

番組公式ツイッターも「奇跡的な展開!ついに40年の時を超え、有吉さんの思い出のパン『アポロパン』が復刻&全国発売決定です!」と興奮気味につぶやいている。 広島で40年前に販売されていた という手がかりをもとに、番組では ずん・飯尾和樹が広島で調査。 では10月1日楽しみにまってます。 名称が違うので何とも言えませんが特徴は一致しています。 ちょっと砂糖でザラつきあり。 ちなみにスペースアポロは北海道と沖縄を除く全国で販売中。 この記事内容を見ると、 「アポロ」なる半月型の菓子パン 緑の宇宙飛行士のイラストが印象的 このように書かれていました。

>

有吉の思い出の味ナガイパンの「スペースアポロ」を食べた感想と世間の反応|好奇心は猫の塊

上のツイッターはどうやらブログのスクリーンショットの模様。 小さい兄弟がフランスパンをちぎってわけるのだが、お兄さんのほうが長くなった・・・それを一口食べて、もう一度長さをそろえて(同じ長さ!)、弟に渡す・・・そんなCMだったような気がする。 スペースアポロの販売地域や店舗は? こちらは北海道と沖縄をのぞく全国販売。 ざらめは想像していたよりも大きめで「ジャリッジャリッ」とした食感がアクセントになっています。 有吉さんの記憶では、40年ほど前に広島の熊野町で販売されていたとのことなので、昔、熊野町にナガイパンの店舗があったのかもしれませんね。 ふかさか商店さんで売っていた 以上、有吉の記憶で5つの特徴があります。 封を切った時からふんわり甘い香り。

>

【かりそめ天国】有吉が言っていたアポロは広島のナガイパンのやつか?画像が出てこない!

呉のメロンパンなど広島県呉市の物産展、TAUで開催 — 広島ニュース 食べタインジャー tabetainjya 確かに、雰囲気は有吉さんが言っていた感じに似ていますが、名前の違いやザラメがついていない点から、その可能性は低そうですね。 ファミマでの購入価格なので、スーパーなどにあれば、もう少し安く購入できるかもです。 — ヒコウキ planesheep 棚しか映ってませんが、隣のパンにファミマベーカリー、の文字がありますので恐らくファミリーマートだと思われます。 視聴者からの「発売を希望する」といった反響も大きく、フジパンがその声に応えて発売に踏み切ったそうです。 ナガイパンは現在アポロを製造や通販はしていない!再販は? 上記の番組内容からもわかるとおり、 現在ナガイパンではアポロの製造や販売はしていません。 しかし、40年前の商品の詳細って会社の資料に残ってないものなんですね。

>

有吉弘行が歓喜。幻のパン「アポロ」捜索に見る「簡単に教えたがる人」問題(QJWeb クイック・ジャパン ウェブ)

名前は「アポロ」• 社内調査を行ったものの、レシピなどの詳しい資料は残っていなかったことから唯一、資料に写っていた写真と当時の社員の記憶をたどり「試行錯誤を重ね商品の再現に成功しました」ともつづられている。 ナガイパンは、いまは「フジパン」ブランドのパンを作っている。 「マツコ&有吉かりそめ天国」視聴者から「アポロを発売してほしい!」の声続出 番組では、当時の味を知る社員や商品写真などを頼りに試行錯誤して再現。 分かり次第、このブログで紹介させていただきます。 有吉が食べていたものと同じものは発見することはできなかったものの、パンメーカーの試行錯誤によって再現に成功。 ミルク風味のクリームとザラメをサンドしたスポンジケーキですね。 これは探しにいかねば! ちなみに商品名は 「スペースアポロ」という名前になっていました。

>