どん 丸 反町。 オール500円!海鮮丼70種以上『清水屋丼丸(しみずやどんまる)佐久中央店』お持ち帰り専門店

メニュー写真 : Bay丼丸 反町店 (ベイ ドンマル)

仮にリーズナブルな値段だったとしても、ネタが少ないなど海鮮丼と呼ぶには物足りないようなものが多い印象。 私、『丼丸 反町店』オーナーの千葉匡(ちば・ただし)と申します」 「きょうのあら汁はスズキで出汁を取って、そこにほっき貝も入れています。 せっかくなのでネタの内容を聞いてみると、「きょうはネギトロにマグロ、イナダ、スズキ、サーモン、エンガワ、エビ、イクラ」とのこと。 まぐろネギトロ丼 ねぎとろ、まぐろ。 なかには、この特盛を二つ食べていくお客さんもいますね。

>

Bay丼丸 反町店(東神奈川/海鮮丼)

非常に分かりやすいですね。 ウニねぎとろ丼 うに、ねぎとろ。 わたしの個人的尺度で「大手」としておりますが、大手ではない!と言う意見も出るだろう業態です。 目黒東山店特別メニュー クアトロ丼 まぐろ、サーモン、えんがわ、ねぎとろ。 わたしもそうです 笑。

>

うえ村

注文した「日替わり丼」が運ばれてきた 何より驚いたのは提供スピード。 批判ではなく、そうじゃないとこの価格は出せないし、かなりの原価率をお店が被って500円を実現していると思います(すごいです)。 貝づくし丼 あさり、ホタテ、赤貝? えび二色丼 ボイルえび、甘えび。 次はメインの「日替わり丼」を食してみる。 あったよ! 一つひとつのネタがしっかりとしたサイズ感で、朝採れというだけあって身がぷりっぷりしている。

>

丼丸反町店|横浜市神奈川区の安くておいしいワンコイン海鮮丼|はまれぽ

北海丼 数の子、いくら、うに、かにフレーク、サーモン、生ホタテ、とびっこ。 筆者の場合、「丼丸」の海鮮丼が紛れもなく食わず嫌いだった。 しかし、海鮮丼で500円はかなりの企業努力だと思います。 丼丸の各店舗は基本的にフランチャイズ(FC)オーナーの運営ですが、FC制度の自由度が高く、各オーナーごとの裁量で方針を決められるため、店舗によってサービスやメニュー構成、料金設定等が微妙に異なります。 ココはおしょぶ~の推測も入りますが、要は「暖簾代」と仕入れルート一括・最低価格だけの決まりしかない…「あとは各オーナーが好きにやってよ」と言う「海鮮丼専門店」の集合体の様な感じですね。 カニいくら丼 いくら、かにフレーク、錦糸卵。 あくまで、刺身のレベルは値段相応ですので、その辺はよろしくです。

>

うえ村

「握り寿司」は、有りません。 500円なら失敗してもダメージは小さいということで、疑念を解決すべく「丼丸 反町店」へと足を運んだ。 まぐろ丼 まぐろ。 因みの今回おしょぶ~は、オーソドックスな「海鮮丼」のネタ大盛700円を楽しまさせて頂きました。 売っても売っても、もうからない。

>

オール500円!海鮮丼70種以上『清水屋丼丸(しみずやどんまる)佐久中央店』お持ち帰り専門店

イクラの下のエビは、包丁でたたいていますね。 穴子ヅケ縁側丼 穴子、まぐろヅケ、縁側。 丼丸 目黒東山店 店内の様子 いずれの店舗も、駅前商店街やオフィス街の近くを中心に、小さな敷地で販売しているのが特徴。 うみまる丼 まぐろ、サーモン、いか、えび、生ホタテ、ねぎとろ、いくら。 海鮮丼には、 わりばしとおしょう油を別に付けてもらえます。 わたしが食べた丼だと、切るのは1個のホタテを3つにカットぐらいでしょう。

>

うえ村

5倍にできる 「シャリもネタもどちらも大盛りにしたい場合はプラス300円で『特盛』っていうのがあります。 焦ってもしょうがないので、まずはあら汁からいただくことにする。 FacebookのURL 宴会収容人数 5人 ウェディング・二次会対応 ご用意しておりません。 ちなみに「丼丸」とは、ほぼ一律500円(税別・以下同)で海鮮丼が食べられる海鮮丼の専門店で、全国に400店舗以上を展開しているチェーン店だ。 バクダン丼 ねぎとろ、サーモン、明太子、イカ、まぐろ、たくあん、納豆。

>