ティム ダンカン。 ティム ダンカンのことが大嫌いでした。

ティム・ダンカンの引退にNBAから続々とメッセージ

好きなように批評すればいい」と泰然自若の態度である。 4スティール と素晴らしい成績を残しています。 』とか。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ぐらいのノア、イバカといった選手がダンカンと入れ替わったとして、スパーズが優勝する姿がどうしても見えません。 レギュラーシーズン ダブル・ダブル達成試合数 830試合 歴代1位• 同年12月18日の戦の試合後に永久欠番セレモニーが盛大に執り行われた。 カンファレンス準決勝ではライジングチームのと対戦。

>

昨季スパーズの恩師ポポヴィッチHCの下でACを務めたティム・ダンカンが退任へ

ダンカンとロビンソンの2人だけでニックスの総リバウンド数を上回る35リバウンドをあげ、優勝に王手を掛けた。 ファイナルMVPを3回以上受賞するという偉業は(3回)と(6回)、(3回)に続き史上4人目の快挙。 USAバスケットボール男子年間最優秀選手 2003• 2007年4月15日の対の試合で、レフェリーのによるダブルコールで退場となった。 セント・クロイ・カントリー学校の体育教師は当時のダンカンを「ティムはとても大きかった。 スパーズにとっては2000年以来となる1回戦敗退となった。

>

NIKE AIR MAX DUNCAN ティム・ダンカンのバッシュ | sneaker

背番号「21」はサンアントニオ・スパーズの永久欠番になっています。 先読みして相手が打ってくるポイントにしっかり手を出してる。 スパーズに5度の栄冠をもたらしたダンカンは、遂に19年にわたる選手生活に終止符を打ったのであった。 史上最高のパワーフォワード 同じポジションで「実力」なら彼より優れた選手はいますが、「実績」では彼より優れた選手はいないでしょう。 連覇の夢は叶わなかった。 NBAを見ていた人のほとんどはそう感じています。

>

ティム ダンカンのことが大嫌いでした。

最多得点:53得点(対 戦 )•。 しかしダンカンの身を削ったプレイをもってしてもこの激戦を制することができず、第7戦では41得点15リバウンド6アシストをあげるが、延長戦にもつれた末にマーベリックスに惜敗。 レイカーズの壁 [ ] 早くもNBAにおける最大の成功を手にしてしまったダンカンだったが、チャンピオンチームとして臨んだも慢心することなく、平均23. 当時スパーズは1位指名権を得るために故意に多く負けたと巷で囁かれたことは、ダンカンに対する期待の高さの表れでもあった。 このシーズンはレギュラーシーズンで断トツの勝率を残したダラス・マーベリックスが優勝候補だったが、マーベリックスが1回戦で敗退してしまったことで、カンファレンス準決勝でのフェニックス・サンズとスパーズのシリーズが事実上の優勝決定戦となった。 ところでそんなティム・ダンカン選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか? ちょっとしたプレー分析&紹介を行ってみます。 ダンカンもシリーズ平均18. スパーズ一筋のキャリア ドラフト1位指名での入団 ダンカンはNBA入りする前から期待されており、1位指名はほぼ確実でした。

>

ティム・ダンカンの引退にNBAから続々とメッセージ

ただ、「バスケットボールの上手さ」と言うのはそこだけではないと気づきました。 ニックスの顔はデビッド・ロビンソンと共にリーグトップセンターの一角を成しただったが、ユーイングは故障でファイナルを全休。 しかしスパーズ自体はチームの高齢化に悩む時期に入っており、デビッド・ロビンソンやエイブリー・ジョンソン、ショーン・エリオット、ら主力選手は皆30代半ばに入っており、チーム全体に疲弊が見られ、このシーズンは53勝29敗とチャンピオンチームとしてはやや物足りない成績に終わった。 また最近のプレイヤーの中では最もバックボードの使い方が上手いとの意見も多く、バンクショットを得意としていることでも知られ、またパスセンスも高く、ディフェンダーに囲まれた際もフリーの味方にパスアウトできる判断力と柔軟性を持ち合わせています。 もくじ (クリックで移動します)• コービーは自分の欲しかったサラリーと引き換えに名誉を失い、 ダンカンはサラリーを失った代わりに優勝という名誉を手に入れた。 毎晩のようにを重ね、全ての月間新人賞を独占。

>

コービーブライアントとティムダンカンを比較!引退はあるのか?

212 1,295 6 ティム・ダンカン 15,091 2,859 7 14,968 2,062 8 14,715 1,765 9 14,662 1,534 10 14,464 1,101 2015-16シーズン終了時点でのブロック数 順位 プレーヤー レギュラーシーズン総ブロック数 プレーオフ総ブロック数 1 3,830 472 2 3,289 251 3 3,189 476 4 3. それぞれができるプレーを尊重して、それぞれの個性が現れるチームが増えていくと良いなぁと思っています。 スパーズに私がドラフト指名された時、彼は『なんでヨーロッパ人PGなんて指名したんだ?ヨーロッパ人PGとでは絶対に優勝できないぞ』って言っていたからね」 実際にキャリア1年目のパーカーに対し、ダンカンは口も利かず、とりわけ厳しく接していたのは有名な話だ。 パーカーはダンカンにかわってリーディングスコアラーとしてチームを牽引し、ジノビリは卓越した技術と爆発力でチームに活気をもたらし、そしてダンカンは攻守両面における要としてチームを支える存在となった。 他人に迷惑をかけていない以上はプレイの内容以外を批判すること自体が間違いです。 NBAオール・ルーキー・ファーストチーム 1997• こんな言葉、中学生の自分が言ったら「また何を言ってるんだ」と思っていただろうけど、自分自身が実感するから心からそう思えます。

>

【NBA選手名鑑

なお、元妻との間に生まれた2人の子供の親権は、ダンカンの所有となっている。 5ブロックをマークし新人王を獲得。 全試合フル出場の回数こそ少ないものの全てのシーズンで65試合以上出場しており、接触プレーが多いインサイドのポジションを主戦場とするが怪我にも強かった。 3リバウンドとなり、通算481ブロックはNCAA史上2位となりました。 彼らとダンカンを見分けられるのは身長だけだ」と語っている。

>