九州 北部 の 梅雨 明け。 梅雨明け予想2020年【九州北部】

梅雨明け予想2020年【九州北部】

この先一週間の週間天気予報をみると、鹿児島(九州南部)は20日(月)頃から晴れが続く予報に、福岡(九州北部)や高松(四国)も雨の日が少なくなる予報です。 ここ数年、九州北部では豪雨災害が続いています。 オホーツク海気団と小笠原気団との凌ぎ合いにより梅雨前線が形成されますが、 南日本は、熱帯モンスーン気団の影響も受けるために大雨となりやすいのです。 2019年の九州北部の梅雨明けは7月15日前後と予想 2019年の九州北部の梅雨明けは7月15日前後と予想します。 気象庁(国土交通省)によると梅雨入りと梅雨明けの定め方は、この5日間の中日を示しており 梅雨が過ぎてから春から夏にかけて実際の天候経過を考慮して検討されています。

>

梅雨明け予想2020年【九州北部】

2018年:6月5日ごろ• これらのことから、 2021年の九州地方南部の梅雨入りの時期は5月24日から6月7日の間になると予想されます。 九州北部の梅雨の特徴 梅雨は 梅雨入りしてから約1ヶ月の間、曇りがち雨が多く全体を通して優れない天気が多い季節のことです。 さらに、8月5日頃にかけては、高温が予想されています。 2015年:6月2日ごろ• そして30~39日だったのは19回、40~49日だったのは27回、50~59日だったのは9回、60~69日だったのは5回となっていますので、40~49日だった年が最も多かったことがわかります。 九州北部の梅雨の期間が長くなってきていること、更には九州地方北部の梅雨期間の平均が43日となっていることを考えあわせると、2021年も30日たたずに梅雨が終わるということは、まずないと思われます。 この年は梅雨明けが平年より2週間以上早かったことから、とても短い梅雨となりました。

>

【九州北部の梅雨明け予想】2020年はいつ?平年との比較を気象予報士が解説

梅雨入りが早まり、梅雨明けが遅いことから、若干ではありますが梅雨が長引いている傾向にあります。 2019年:6月26日ごろ 出典元: 2014年、2015年は平年よりも早い梅雨入りでしたが、2017年以降は記録的な遅さ。 (御厨尚陽). 気象庁では、気象予測をもとに行う梅雨の入り明けの速報とは別に、梅雨の季節が過ぎてから、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行っています。 これらのことを考えると、 2021年の九州地方北部の梅雨明けの時期は7月15日から7月27日の間くらいになるのではと考えられます。 また、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあります。 ただし、南部は夏に降水量の多い太平洋側気候南海型なので、梅雨が明けても雨には注意してくださいね。 気象庁によると、6~7月は、太平洋高気圧が日本列島に張り出さず、長期間にわたって梅雨前線を日本付近に停滞させた。

>

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

九州南部は平年より10日、昨年より15日遅い 九州北部は平年より5日、昨年より15日遅い 四国は平年より6日、昨年より15日遅い 近畿は平年より3日、昨年より15日遅い 北陸は平年と同じ、昨年より15日遅い 梅雨明けです。 2019年の九州北部の梅雨入りは6月26日ごろと発表 2019年の九州北部の梅雨入りは6月26日ごろと発表がありました。 できれば早めにダニを減らしてくれればいいんだけど。 熊本県• 2019年は令和となって初めての梅雨になります。 1951年~2018年までの九州北部の梅雨明け 平均値が7月18日でした。 九州北部地方(山口県を含む)は、湿った空気の影響で曇りとなっている所がありますが、高気圧に覆われて概ね晴れとなっています。

>

九州北部・中国・四国で梅雨明け 平年より10日前後遅く(日直予報士 2020年07月30日)

8月に梅雨明けしたのは1957年と1954年の2回のみとなっているため、2021年は8月に梅雨明けすることもまずないでしょう。 5月中旬に梅雨入りした年は過去5回ありますが、2000年代に入ってからは1度もなく近年では梅雨入りが遅い傾向にあるのかもしれません。 九州北部は平年より11日遅く、昨年より5日遅い梅雨明けです。 佐賀県• 九州北部地方に属する県 九州北部地方に属する県は• きょう24日、九州南部、九州北部 山口県を含む 、四国、近畿、北陸で梅雨明けしたとみられると発表がありました。 暑さ続く 熱中症に注意. 平年と直近5年の梅雨入りのデータは下記の通りです。 梅雨入り、梅雨明けはどうやって決めるの? そもそも、梅雨入り、梅雨明けをどのように決めているのでしょう? 気象庁の過去のデータにも「頃」と書かれているので、確定日ではなく、 移り変わりの時期5日間の中日を、梅雨入り日としているようです。 私は犬を飼っているので、犬の布団の下にも「ダニ取りロボ」をひいていますが 匂いに敏感な犬が特に興味を示さないので動物にも利用可能でした! 価格は5枚で8千円近くしますが、アレルギー体質の方はオススメです!梅雨の時期のダニ対策に如何でしょうか。

>

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

平年:7月19日ごろ• 対策でマスクを着用する人が多く、熱中症対策の徹底を呼びかけている。 このため、九州北部地方(山口県を含む)は、7月30日ごろに梅雨明けしたと見られます。 気象庁は30日、九州北部が梅雨明けしたとみられると発表した。 今回は 気象庁の過去68年分のデータを基に九州北部の梅雨入りと梅雨明けを予想しました。 このデータから予測すると 九州北部の梅雨明け時期は「7月10日~7月25日」の間と言えるでしょう。 2021年 令和3年 九州南部の梅雨入り・梅雨明け時期を予想! それでは、まずは奄美地方を除く 2021年の 九州南部 宮崎県、鹿児島県の本土、種子島、屋久島 の 梅雨入り、梅雨明け時期の予想を、気象庁の過去69年間のデータから予測してみます。 また、気象庁の過去のデータを見てみると、降水量は九州南部の方が北部よりも多いようです。

>

梅雨入りと明けの予想2019年【九州北部】

平年の九州北部の梅雨入りは6月5日ごろ、梅雨明けは7月19日ごろ• これらのことから考えると、 2021年の九州地方北部の梅雨入りは早ければ5月27日から6月10日の間くらいになるでしょう。 まずは九州地方南部の梅雨の期間のデータについて、1951年から2018年までの過去68年間の気象庁のデータをチェックしてみましょう。 この年は梅雨入りが平年より3週間程度早く、梅雨明けも1週間遅かったため、とても長い梅雨となりました。 2019年はこれまでの記録を更新する最も遅い梅雨入りの6月26日ごろとなりました。 それでは早速、気象庁から発表されている九州地方北部の過去68年間のデータを見てみたいと思います。

>

梅雨明け予想2020年【九州北部】

1951年から2019年までの69年間の 梅雨入りの平年時期は6月5日頃。 なお、梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。 梅雨空から夏空へ、スイッチの切り替えがいつになるのか、もうしばらく悩む日々が続きそうです。 長崎県 以上の6県になります。 梅雨明けも同様で、その反対になります。 2021年 九州南部の梅雨入り時期を予想! 次に2021年の九州地方南部の梅雨入りについて大予想しちゃいましょう! 九州地方南部に含まれるのは鹿児島県まるごとと、熊本県と宮崎県の南部。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。

>