川内 原子力 発電 所。 九州電力 川内原子力発電所展示館

九州電力 お知らせ

一例として鹿児島県が2010年度(平成22年度)に購入した安定ヨウ素剤8万1千錠、および粉末300グラムの金額は43万6千円であった [ ]。 その後、この事故で死亡した協力会社社員のがなぜ危険な場所で作業させていたのかの説明が九州電力側からなされておらず、によるに当たるとして、当時の所長や次長(その後所長になる)を2013年1月23日付でにした。 昭和56年5月 2号機着工。 - この施設を中心に最新のアメダス風向・風速の状況を表示します。 また、原発に近い場所で、スラブ内でのM7. 登場作品 [ ] 『』 の小説(2002年)に川内原発が登場する。

>

川内原発(原子力発電所)の場所はどこ? 唯一稼働中の原発はどうなる?

熊本地震による川内原発への影響 今回の地震をうけて、川内原発への影響はあるのでしょうか? 【毎日新聞 2016. 川内原発の住所と地図 今回、熊本・大分の地震の影響で、「今後の稼働は大丈夫か?」と心配されている原子力発電所があります。 2011年3月11日の東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故を境に、日本のエネルギーをめぐる状況は大きく変化した。 CLOSE• 2020年12月26日再開予定 3号機 APWR 159万kW 低濃縮二酸化ウラン 2019年度(平成31年度)予定 計画中 年表 [ ]• 日本経済新聞 2016年12月7日• 小山真人「 」 『』第85巻第2号、、2015年2月号、 pp. 川内原子力発電所1、2号機の新規制基準適合性審査に関する事業者ヒアリング 20. ちなみに駅の東口に建つチェーンホテルの名称は「東横INN 薩摩川内駅東口」。 CLOSE• 川内原発は、鹿児島県のどの位置にあって、現在はどのような状況なのでしょうか? 川内原発の住所は、鹿児島県薩摩川内市久見崎町字片平山1765-3です。 どんな主張でも、ダブルスタンダードでは説得力がありません。 [ ]• 小説中では、の本体である加久藤カルデラが大規模な噴火()を起こす前に川内原発を廃炉にし核燃料を撤去していたことから、加久藤カルデラからの火砕流が到達しても放射性物質の漏洩による汚染を免れたとされる。 CLOSE• 2016年4月10日閲覧。

>

[鹿児島県] 川内原子力発電所 : 原子力発電所(原発)・原子力関連施設

CLOSE• 川内原発(せんだいげんぱつ)とも呼称される。 CLOSE• 災害対策 [ ] 地震 [ ] この節のが望まれています。 6)と同程度の規模の地震が川内原発の近くで起きることが予想されている。 10月にはLPG設備の廃止に伴い公害防止協定が改定され、重油使用とされている。 CLOSE• 地図で見るとこういった位置になります。

>

九州電力 お知らせ

現時点では、川内原発の現状に変わりはないようです。 震災以前、国内では54基の原子力発電所が稼働し、電力の約30%賄っていた。 審査方法も「既に今回より大きい地震を想定している」として見直さない方針だ。 (平成27年)8月14日 - 1号機、発電を再開。 九州電力は、川内原発の運用中に活動があり原発に影響を与える可能性が最も高いのは桜島で約1万2千8百年前に発生した桜島薩摩噴火であるとして、同規模の噴火が桜島で起きた場合の火砕流の動きをシミュレーションし、原発には影響がないと結論づけている。 昭和62年3月 当社原子力発電所の累計発電電力量1,000億kWh達成(試運転を含む) 平成4年4月 当社原子力発電所の累計発電電力量2,000億kWh達成(試運転を含む) 平成4年6月 川内原子力発電所の累計発電電力量1,000億kWh達成(試運転を含む) 平成6年7月 川内原子力発電所営業運転開始10周年。

>

九州電力 お知らせ

244-245。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 CLOSE• また、広報用地震計では補助建屋最下階で8. 桐島瞬「「現場発! 2010年4月10日閲覧。 火山学者の井村隆介()によれば、現在川内原発がある場所には、過去約10万年の間に、(約10万年前)と(約3万年前)の2つの火砕流が到達しているという。 蒸気発生器細管の摩耗減肉(1号機)• 「 議事録」(平成27年1月21日、原子力規制委員会)19-27頁において、議事録内では氏名を伏せられている意見陳述者が地震動の策定に関する意見を述べている。 2016年4月10日閲覧。

>

鹿児島県/川内原子力発電所周辺環境放射線調査結果(平成30年1月~3月),川内原子力発電所温排水影響調査結果(平成29年度冬季調査)及び運転状況

3月26日)などであった。 CLOSE• [鹿児島県] 川内原子力発電所 : 原子力発電所(原発)・原子力関連施設 日本の原子力関連施設におけるSPEEDI環境放射線モニタリングと気象情報 [鹿児島県] 川内原子力発電所 : 原子力発電所(原発)・原子力関連施設 基本情報更新日時(リアルタイムデータを除く): 2015年2月28日 文部科学省原子力安全課が運営するが提供する、日本全国の原子力関連施設(原子力発電所等)およびその周辺のSPEEDI環境放射線モニタリングポストに関する情報(2014年3月現在)、さらにそれらの地点における数値予報モデルやアメダスの風向きデータ等に基づくリアルタイム気象情報を提供します。 同原発では、地震応答観測装置二十六基と記録表示用地震計一基の地震データが記録される。 同年11月17日に通常運転に復帰。 - SPEEDIマップの上に風向きや雨雲の状況を表示します。 2016年4月10日閲覧。

>

九州電力 川内原子力発電所展示館

2010年2月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 なお、公開されたデータのうち揺れが激しかった箇所はの壁で639ガル(南北方向。 CLOSE• 2014年5月30日時点の [ ]よりアーカイブ。 安全を優先すれば、お金や時間がかかります。 昭和58年9月 1号機試験送電開始。 2016年4月10日閲覧。 「 」 『原子力広報 薩摩川内』第28号、薩摩川内市企画政策部原子力対策課、2012年1月、 4頁、 2016年4月23日閲覧。

>