相続 税 申告 必要 書類。 相続税申告書の添付書類一覧

相続税の申告書に添付する書類一覧(必須提出及び任意提出書類) 松本寿一税理士事務所

相続税の申告書を提出する必要がある場合、どんな資料を準備しておければよいのか不安になります。 これらは、相続の開始をしてから10日以上経過した後に発行した、最新のものでなくてはなりません。 結婚前に亡くなってしまったお子さんの場合には、別途戸籍の取得は不要です。 。 相当地代の改定方法に関する届出書 上場株式関係• 【生命保険やそのほかの財産】 相続財産 添付書類 取得場所 生命保険金等 保険金支払い通知書 各生命保険会社等 生命保険証書のコピー または契約内容のわかる資料 手元にあるもの 満期返戻金のある火災保険等の保険証書コピー、解約返戻金のわかる資料 入院給付金等の支払通知書 解約返戻金のわかる資料(保険金の支払いがなかった保険の場合等) 保険代理店契約の生命保険会社 電話加入権 電話番号と所在場所 書き出す ゴルフ会員権 預託金証書または株券のコピー 手元にあるもの 退職金 支払通知書 勤務先 貸付金 金銭消費賃貸契約書および残高のわかるもののコピー 手元にあるもの 書画骨董等 品名、作者名、写真等 書き出す 自動車 自動車の車検証 手元にあるもの 自動車保険の保険証コピーまたは契約内容のわかるもの 自動車保険の解約返戻金がわかるもの 保険代理店 その他 未収金 手元にあるもの• まずは、何をしたらいいのだろう? 相続手続きは大変ですよね。 非上場株式の評価に必要な書類(通常は専門家に計算を依頼するため、指示に従ってください)• このあと詳しくは説明しますが、戸籍謄本の代わりに「法定相続情報一覧図の写し」を添付してもよいことになりましたので、戸籍謄本の代わりに利用する場合があります。 3-1. なお、お葬式の費用については、亡くなった人のために使用した費用という考え方です。

>

相続税の申告に必要な添付書類

これらの書類は重要ではありますが、取得する優先順位の高い書類ではありません。 書面に、被相続人と相続人全員の氏名、生年月日、死亡年月日、住所、本籍地を家系図としてまとめればよい。 亡くなったことを証明するための戸籍謄本、亡くなった方との関係を示すための戸籍謄本が求められますので、これらを取得したのちに金融機関にて必要な手続きを確認するようにしてください。 債務がある場合には、債務に関する書類も揃えて添付します。 相続税の修正申告は、「税務調査による場合」、又は「申告書提出時に相続財産が未分割で、その後分割が確定した場合」がほとんどですが、中には財産の計上漏れが数年後に発覚するケースもあります。 その他の特例を適用するために必要となる書類 自宅の敷地がある場合、亡くなった方の配偶者がいらっしゃる場合など、 一般的な相続税申告の場合にはこれまで説明してきた書類で十分です。 直近5年間の株式取引明細:株式を管理している証券会社で取得• 過去の通帳コピー お手元 — — 〇 被相続人のものだけではなく、名義預金や生前贈与などを確認するために、家族全員分が必要です。

>

相続税の申告に必要な書類まとめ|必要書類の取得方法から申告期限までやさしく解説

【3】第11表、第12表、第13表、第14表を参考に、取得財産の価額、債務控除できる金額、加算される贈与財産の価額、課税価格を記入します。 住民票の写し(相続開始の日以後に作成されたもの) *配偶者は不要• なお、債務は「借金」だけが対象になるわけではありませんので、これから、債務控除の対象になるもの、ならないものについてご紹介していきます。 会社の登記事項証明書• この「登記事項証明書」には、家や土地の種類、面積、抵当権設定の有無などが記載されています。 ) 3、相続税の申告に必要な添付書類たち 上で見た相続税の申告書等には、申告書内で記載した計算過程が正しいことを証拠づけるために、添付書類をつけなくてはなりません。 支払いメモを提出する際には、いつ、誰に、いくら支払ったのかを記載してください。 預貯金は通帳の記帳内容から残高が明らかな場合を除き、金融機関の窓口で取得した残高証明書を取得して添付書類として提出します。 団体信用生命保険付きの住宅ローン• 先代の遺言書又は遺産分割協議書 配偶者の税額軽減の適用を受ける場合• 被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本等(相続開始の日から10日を経過した日以後に作成されたもの)• 金地金・貴金属・書画・骨董等(名称・種類・購入年月日・購入金額・購入先が確認できるもの又はメモ)• できれば被相続人が亡くなって2ヵ月以内に、被相続人の戸籍・除籍謄本、相続人の戸籍謄本を入手しておきたい。

>

[手続名]相続税の申告手続|国税庁

「過少申告加算税」は、修正申告を提出した時期によって税率が異なります。 必要な書類 何を確認するのか どこで入手するのか 自筆証書遺言 遺言の内容を確認 家庭裁判所 公正証書遺言 公証役場 3-2. 配偶者がいるのか、子供がいるのか、兄弟がいるのか等を判断することができるのです。 定期預金証書とは 定期預金証書とは、定期預金をした際に、預け入れの証明として、通帳ではなく証書を選択すると金融機関から発行されるものです。 2:非常に柔軟な相談対応が可能です! 無料相談は、 平日(9時~19時)に限らず 土曜日(9時~18時)・ 日曜日(10時~17時)も対応しております。 申告書作成に必要となる書類 これからご説明する書類は、必ずしも相続税の申告書に添付しなくてはいけない書類ではありません。 (注1)• 自発的に修正申告を行うケース 自らが誤りに気付いて修正申告をする場合が、このケースです。

>

相続の申告に必要な資料は?

相続税の還付実績が証明する財産評価の 高度な専門知識と豊富な経験。 3-4-1. また、相続財産を確定させるためにも、「財産に関する書類」を準備しなければならない。 例えば、令和2年1月1日から令和2年12月31日の間に亡くなった人の相続財産に関する申告の場合は、「令和2年分」を使用する。 主には預貯金、有価証券・保険・退職金などがあげられます。 取得場所:特例を使う方の住所地の役所、行政サービス窓口 必要部数:最低1部ずつ 不動産登記のため2部以上あると好ましい 金額:300 円(証明書自動交付機の場合250円) 備考:機械で取得できる役所もあります。 親戚等が所有する不動産をタダで借りているような場合を使用貸借といいます。

>

重要!相続税を減らす「債務控除」について相続税に強い税理士が解説

解約返戻金等の金額が分かる証明書等 保険金の受取額(まだ受領していないものも含む)を把握するための資料 退職金など• 亡くなった人とどのような関係の人が相続人となるのか• 必要となる書類は効率良く集めたいですよね。 また、相談により話し合いで分割することもできます。 (第1表)申請書 (第2表)相続税の総額の計算 (第3表)財産を取得した人のうちに農業相続人がいる場合の各人の算出税額の計算書 (第4表)相続税の加算金額の計算書 (第5表)配偶者の税額軽減額の計算書 (第6表)未成年者控除額・障害者控除額の計算書 (第7表)相次相続控除額の計算書 (第8表)外国税額控除額・納税猶予税額の計算書 (第9表)生命保険金などの明細書 (第10表)退職手当金などの明細書 (第11表)相続税がかかる財産の明細書 (第12表)農地等についての納税猶予の適用を受ける特例農地等の明細書 (第13表)債務及び葬式費用の明細書 (第14表)純資産価額に加算される暦年課税分の贈与財産価額及び特定贈与財産価額・出資持分の定めのない法人などに遺贈した財産・特定の公益法人などに寄附した相続財産・特定公益信託のために支出した相続財産の明細書 (第15表)相続財産の種類別価額表 ただし、申告にはすべての書面が必要となるわけでない。 亡くなられた方が老人ホームに入所していた場合 亡くなられた方が老人ホームへ入居されていた場合、小規模宅地等の特例を適用するには亡くなられた方の戸籍謄本の附票、老人ホーム入居契約書類、介護保険の被保険者証を添付する必要があります。 固定資産税評価証明書など特例農地等の評価の明細• 申告期限後3年以内の分割見込書(申告期限内に分割ができない場合に要提出) 小規模宅地等の特例の適用を受ける場合• 135• 相続が開始した場合、スムーズに資料を収集する必要があります。 被相続人の最近三年間の取引明細書(顧客勘定元帳) 非上場株式• 亡くなった日時点で敷金を預かる賃貸契約を締結している場合は、その契約満了時に預かった敷金を返還しなければならないということが確定しているので、相続税の計算上債務として扱われます ただし、細かい論点があるため注意が必要です。 相続時精算課税適用者がいる場合には、被相続人及び相続時精算課税適用者の戸籍の附票の写し(相続開始の日以後に作成されたもの) 不動産関係• 相続人が取得した財産の内容がわかる書類 相続税は、相続等によって財産を 取得した方にかかってくる税金です。

>

相続税の申告書に添付する書類一覧(必須提出及び任意提出書類) 松本寿一税理士事務所

全て一度に集める必要はないのです! 優先順位が高いものから順番に集めていけば大丈夫なので、少しずつでも結構ですので、準備する 優先順位の高い書類から集めるようにしてください。 ですから、申告が漏れていた場合は追加徴税が発生します。 遺言書又は遺産分割協議書の写し• 相続人全員の印鑑証明書 (遺産分割協議書に押印したもの)• 解約返戻金のわかる書類 その他の書類• 上原会計事務所は、相続税申告を業務の中心とする税理士法人であり、公的書類の収集から申告まで安心してお任せいただけます。 この特例の適用を受ける場合には、 自宅敷地を取得する方の住民票の写しを相続税の申告書に添付する必要があります。 そして、相続財産として税金がかかってくる場合もあるわけです。 この戸籍謄本には、被相続人の出生~死亡までの連続した情報が記載されている必要があります。 代筆や委任状に関しても、それぞれの入手先で必要な手続きが異なるため、 入手場所ごとに訪問前にお電話などで確認されるのが確実です。

>