ローカル 路線 バス。 ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z(BSテレ東)の番組情報ページ

バス路線図検索

それ以前の9弾は再放送、それ以降の11~25弾は毎回欠かさず録画して観ました。 太川陽介と蛭子能収のコンビから、俳優の田中要次と作家の羽田圭介氏に代わっての第3弾(特別編を入れると4回目)。 南東北を舞台に、より多くの陣地を取ったチームが勝ちとなります。 一日目 【松島町役場】 - (不来内経由松島線) - 【】 - (大郷町住民バス黒川病院線) - 【】 - (徒歩約0. 最終日の前バスターミナルでは、時間の感覚が狂った蛭子の発言を発端に、出演者のみならず撮影スタッフまで笑いの連鎖が起きた。 番組中、羽田氏と田中が何度も話題にし、ナレーションの太川陽介も指摘したように「どこで奥羽山脈を越えるか」が最大のポイント。

>

ローカル路線バスの旅Z第12弾、井上和香編のまとめと感想

紙の地図や時刻表、案内所や地元の人からの情報のみ使用OK」 何といっても最大の魅力は移動手段がローカル路線バスのみ。 森尾由美さんがビシビシ蛭子さんにダメ出しをするのも一つの面白要素です。 2016年4月より『土曜スペシャル』は放送時間が1時間半に短縮されたが、当番組は従来通り2時間半で放送されている。 ルートだけでなく、撮影交渉も自分たちで行う。 海に沈む夕陽を眺めることができた。

>

テレ東『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』はなぜ人気? プロデューサーが明かす“ガチ旅”の舞台裏!

太川のファインプレーにより、20時頃にゴールの直江津駅に奇跡的に到着した。 第22弾 茨城県の偕楽園からを横断し、長野県の善光寺へ向かった。 8:37のバスはすでに出た後で、お弁当を食べながら1時間半待つことに。 それくらい『ローカル路線バスの旅』が好きでした。 いずれにしても、このまま放送を続ければ、赤字は膨らむばかり。

>

「ローカル路線バスの旅 陣取り合戦」第3弾 山形~宮城が11/18放送。安藤美姫が登場!

あんなにがんばって走り回ったり聞き込みしたり、見ていて感心しました。 その日の撮影が終わり、カメラがストップすると太川が必死になだめているそうで、そんなリーダーの姿が何度も目撃されているとか。 さすが個性派俳優さんです。 初日、大都市で短距離の路線が多い内からのスタートで、度重なる徒歩移動と乗り継ぎの忙しさから知らないうちに京都府に入っており、府境の「バンザイ」をし損ねてしまった。 5kmで済んだ。 電車目の前で足止めたのに、自分は悪くない的な感じで謝りもしない」 「黒瀬さんがまさかこんな嫌なキャラとは…頑張れない上に人任せキャラが印象最悪やん。

>

「ローカル路線バスの旅 陣取り合戦」第3弾 山形~宮城が11/18放送。安藤美姫が登場!

大雪の中、白根からさらに新潟駅行きのバスにも間に合い、20時過ぎにゴールの萬代橋に奇跡的に到着した。 ・第7弾(マドンナは秋本奈緒美編)で、最終日にむつバスセンターで時間切れになってしまったこと。 根室交通の空港バスを厚床で下車すると、JR根室本線厚床駅に接続。 最近のテレ東のローカル路線バスシリーズには、ジャニーズやAKBが常連となりましたが、ついにオリンピック入賞者まで登場です。 3分の待ち時間で亀山駅行きのバスに乗るファインプレーでした。 番組では「マドンナ」と称している)1人を加えた3人が、 日本国内にある路線バスを乗り継いで3泊4日の日程内に目的地への到達を目指す。

>

「ローカル路線バスの旅 陣取り合戦」第3弾 山形~宮城が11/18放送。安藤美姫が登場!

それとは対照的に、 地図とにらめっこの太川さんとお眠な蛭子さんとの温度差が見所です。 ローカル路線バスは、本数の少なさと路線が廃止になっているケースも多いです。 予定通り13時のあわら湯のまち駅行きバスに乗り、福井方面に向かいます。 しかし、院内に到着したところ、近隣の住民からバスがないと指摘され、横堀まで歩くことになってしまった。 列車の本数が多ければ実用的な例もある 旭川空港には旭川~富良野間の都市間バス「ラベンダー」が通り、これに乗ると美瑛駅で下車できる 北海道の例はかなり寂れた駅になるが、空港最寄りの市の中心駅に運行する路線バスは多い。

>