琉球 新報。 海龜困琉球礁岩 海巡搬百米成功救援

琉球新報 NIEルーム

中国の『』は同年8月1日、この件を報じた。 - 琉球新報ホームページ、2006年5月27日閲覧• 全国で唯一、戦争によって廃刊された新聞となった。 - 琉球新報ホームページ、2011年3月12日閲覧。 株式会社 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• しかしながら、同紙はとともに新聞発行が不可能になり、に廃刊した。 - チャンネル• にはの(春闘)の影響で約2週間新聞休刊したこともあった。

>

日父子檔正副機師 執飛同航班

応募先は琉球新報NIE推進室(〒900-8525 那覇市泉崎1-10-3)です。 紙面は縦35. 同企画でジャーナリズム大賞特別賞受賞• 琉球新報は上告せず、上原の勝訴が確定した。 東京支社 - 〒104-0061 四丁目9-6 陽光銀座三原橋ビル3階• 『思想の科学研究会 対談・ 軍政下の沖縄『日本占領軍その光と影 下巻』• - 小中学生新聞「りゅうPON」創刊。 嘉陽宗章笑說,心情有一半是開心,但另一半則是怪怪的,「沒想到父子可以駕駛同一個航班」。 『沖縄大百科事典』の大田昌秀執筆による「琉球新報」(1893年創刊)と宮城悦二郎による「琉球新報」(1945年創刊「うるま新報の改題紙)、2つの「琉球新報」項目の存在。

>

琉球新報 NIEルーム

同年11月16日、『環球時報』は「琉球は日本固有の領土とは言えない」、「琉球は独立国で、中国が長く宗主国だったが、日本に占領された」、「日本が琉球諸島を自国の領土にする目的で世界遺産登録を利用するなら、戦後の国際秩序への挑戦だ」という内容の論文を掲載している。 1945年• - 全国的に行われた「一県一紙化」を目的とする政府指導により「琉球新報」、「」、「」の三紙が統合し、新たな新聞「」を発行した。 - 「黒い政治」で日本ジャーナリスト会議(JCJ)奨励賞• 「」()• ほかにもニュースはあるだろうに……と注文をつけたくなるほどだった。 - 朝刊から連日多色カラーの報道写真を掲載。 また沖縄の反対運動に中国が関与しているのは、米国政府の公式報告書に記載されている」と批判している。 - 「」の委託印刷を開始。 編集委員の宮本雅史は、沖縄で4年間生活して「地元紙二紙「琉球新報」「」の紙面には、1年を通して米軍基地反対を訴える記事が載らない日はない。

>

琉球新報

2018年11月26日閲覧。 沖縄平和運動センター議長逮捕報道 [ ] 2015年2月22日、沖縄県名護市辺野古の米海兵隊基地ゲート前で、返還統合のための工事に反対しているらが米軍占用施設内に不法に進入し2名が違反容疑で逮捕され、翌23日に送検、証拠隠滅や逃走の恐れがないと判断され23日夜釈放される事件があった。 9月15日に「創刊70周年」(ウルマ新報創刊18年)を打ち出した。 これほど盲信している県民に、何時か誰かが真実を知らせる役割を果たさなければなるまい。 (メディアには)報道の自由があるが、事実と違うということでの抗議だ」としている。 琉大タイムス1962年5月22日号」• 創刊目的 に明言するように、日本に国民的に「同化」することを目指した。

>

会社案内概要

- 記者が連載「子供たちの赤信号〜学校保健室はいま」でアップジヨン医学記事賞特別賞• 〒900-0005 沖縄県那覇市天久905• 更にには1面など主要ページを全国主要地方紙として初めて連日カラー化に踏み切った。 朝日新聞や沖縄2紙が潰れてほしいと思うのは勝手だ」としている。 」と批判している。 以前は、Eテレ・総合、沖縄テレビ放送、琉球放送、琉球朝日放送と、民放は沖縄テレビが最初になっていた。 マスコットキャラクターは。

>

海龜困琉球礁岩 海巡搬百米成功救援

運営代表委員のは、「本当に間違えたのでしょうか。 琉球新報刊『琉球新報八十年史』『アメリカ占領時代 沖縄言論統制史』参照。 【アーカイブ】沖縄の声-嘘が目に余る沖縄メディア!確たる証拠「山城博冶逮捕の動画」についての論点ずらし• 県によると、「視察クラスター」は全国初とみられる。 」と自著で述べている。 株式会社 - 上位9位に名を列ねていない(時点)ものの、繋がりは深い。 第一次琉球新報 [ ] 第一次「琉球新報」は、出身の、、ら旧の支配層によって創設。

>

海龜困琉球礁岩 海巡搬百米成功救援

これは週休2日制が定着したことを受けてのものである)。 、第三部文書編 ウルマ新報発刊の経緯 米軍将校の来訪 195頁。 - 愛称は本紙で公募されたものから選ばれた。 《琉球新報》、《沖繩時報》報導,這架航班從那霸機場飛往宮古機場,使用的是波音737-800機型,正駕駛是五十八歲的嘉陽宗章,副駕駛則是今年三月剛升任副駕駛的二十九歲嘉陽龍太郎。 当初の記事は全て軍政府提供で、アメリカ側から見た日米の戦況が伝えられ、8月15日付の第4号では「渇望の平和 愈々到来!」の見出しで日本政府のポツダム宣言受諾を報じている。

>