葛根 湯 副作用。 葛根湯(カッコントウ):ツムラ1番の効能・効果、副作用

葛根湯の効果的な使い方と副作用

葛根湯がよく効く人 風邪の症状にはさまざまな種類がありますが、葛根湯は以下のような初期症状に効果を発揮します。 葛根湯の効能は? 葛根湯といえば風邪のときに飲む薬というイメージが強いですが、漢方薬で有名なツムラのサイトによると、実は風邪のほかにも以下の効能があるといわれています。 高さ40~70cmの多年草で、生薬としては、マメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したものを用います。 そして内科医師である管理人が監修しています。 麻黄には、 発汗作用と利尿作用があるため、頻尿になると言われています。

>

三和葛根加朮附湯エキス細粒

自然発汗がないカゼの初期の症状(頭痛、発熱、悪寒など)• 猪苓湯は、膀胱や尿道、または腎臓に炎症が起こり、熱を持って尿量が減少し、のどが渇くなどの症状が出た場合によく使われます。 漢方薬の副作用としては、大きくわけて3つのものがあります。 心配な方は医療機関で医師やようにしましょう。 桂皮(ケイヒ) 桂皮は、クスノキ科のケイの樹皮を乾燥したもの。 なお、年齢、症状により適宜増減する 三和葛根加朮附湯エキス細粒の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 小青竜湯(ショウセイリュウトウ):ツムラ小青竜湯、クラシエ小青竜湯など• 尿量が少なく、喉の渇きを感じる 2017年3月24日 カテゴリー• 副作用・注意点 発汗作用が強すぎることがあるので、もともと汗の出やすい人には使えません。 「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状です。

>

葛根湯の副作用は多い?頭痛に下痢や頻尿の可能性もアリ!

風邪薬としてよく知られている 葛根湯は、7種類の生薬が配合されています。 生姜は、生のショウガを「生姜」、蒸して乾燥したものを「乾姜」、生のものをそのまま乾燥したものを「乾生姜」といいます。 吐き気• 葛根湯を飲むのにベストの時期は、• 0g):利尿作用・鎮静作用・健胃作用・抗めまい作用• それゆえ熱が出始めたときの発汗剤として用いられます。 薬を服用している人 併用薬の効果に影響を及ぼす場合があります。 文献によっては麻黄が入っている漢方を授乳婦に投与する際は少し気を付けた方が良いと考える報告もあるため、授乳中に使用する薬はかかりつけの医師に相談してみるとよいでしょう。 そのため、本来はそれぞれで処方する漢方を変える必要があるんですね。 どんな症状の患者にも葛根湯を処方し、最後には付き添いにまで葛根湯を飲ませるというオチの話です。

>

葛根湯にも副作用。漢方薬は本当に体に優しいのか?

飲み始めに明 らかにアレルギー症状が出ていたら、服用を中止してください。 生薬 効果 カッコン(葛根) 解熱鎮痛 ケイヒ(シナモン) 風邪、鎮痛鎮痙、解熱鎮痛消炎 タイソウ(なつめ) 風邪、鎮痛鎮痙、健胃消化(けんいしょうか:消化を助け、胃を健やかにする)、止瀉整腸(ししゃせいちょう:下痢を止める) シャクヤク(芍薬) 鎮痛鎮痙、冷え、風邪、皮膚疾患、消炎排膿 マオウ(麻黄) 悪寒、身体疼痛、関節痛、頭痛発熱、発汗、鎮咳、去痰 ショウキョウ(生姜) 風邪、健胃消化、鎮吐、鎮痛 カンゾウ(甘草) 鎮咳、去痰、粘滑、緩和 葛根湯の副作用 病院で処方されるような有効成分が一つの薬ほどではありませんが、漢方薬にも副作用はあるので気をつけましょう。 下痢・腹痛 添付文書上での効能効果(医療用) ツムラ 自然発汗がなく頭痛、発熱、悪寒、肩こり等を伴う比較的体力のあるものの次の諸症: 感冒、鼻かぜ、熱性疾患の初期、炎症性疾患(結膜炎、角膜炎、中耳炎、 扁桃腺炎、乳腺炎、リンパ腺炎)、肩こり、上半身の神経痛、じんましん クラシエ・オースギ他 感冒、鼻かぜ、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み コタロー 頭痛、発熱、悪寒がして、自然発汗がなく、項、肩、背などがこるもの、あるいは下痢するもの。 「他の人は効いてるみたいなのん、なぜ自分だけ・・・?」と思うかと思いますが、実は花粉症などアレルギー性鼻炎に必ずしも小青竜湯が効果を発揮してくれるというわけではないんです。 手や足がしびれる 手や足がしびれ震えや力が入らないといったことが起こったら、副作用の可能性があります。 この麻黄には、ドーピング検査の規制物質に指定されているエフェドリンという成分が含まれているので、大会などにでるときは注意が必要です。 フレーバーもたくさんあるのでデザート感覚で食べられます。

>

葛根加朮附湯(カッコンカジュッブトウ)の効能と副作用とは?徹底解説!

葛根 カッコン• 主に、発汗、鎮咳、利水の効能があり、発熱、頭痛、咳嗽(せき)、喘息などに用いられます。 量については、年齢や体重、症状によって適宜調整します。 毎日簡単に摂取していくために、自分で工夫を行っていきましょう。 気になる方は医師に相談してみてください。 風邪などを発症して数日以内に使用する漢方薬ですので、【風邪のひきはじめに葛根湯】の言葉通り、 風邪のひき始めの前半に飲む漢方薬です。 桂皮 ケイヒ 桂皮 ケイヒ は、クスノキ科トンキンニッケイやその他同属植物の樹皮を乾燥させたものです。

>

漢方薬の「葛根湯」とは?葛根湯の効果効能4つと飲み方・副作用

その他、一般的によくある副作用としては(添付文書のようなものです)からも確認できますが、薬を出す製薬会社が作る公的な書類で、信頼性が最も高いものから引用したものを下記に記載します。 主に、手足の冷え、腹痛、下痢、のぼせなどに用いられます。 尿意の頻発 猪苓湯は、漢時代に書かれた「傷寒論」および「金匱要略」という漢方の古典書をもとに生薬の成分を配合しています。 この「日本薬局方」に定められている「葛根湯」には、使用する生薬の分量が少しずつ異なる4種類の処方があります。 発汗過多 などがみられることがあります。

>

葛根加朮附湯(カッコンカジュッブトウ)の効能と副作用とは?徹底解説!

その起源は遠く2千年以上もさかのぼります。 では、漢方薬である小青竜湯はどうなのか?というと、妊娠中には絶対に使わないようにしてください。 麻黄(マオウ) 麻黄は、マオウ科のマオウなどの地上茎を乾燥したもの。 わからない場合は、医師や薬剤師に相談すると含有量をチェックしてもらえます。 他にも、慢性胃腸炎、生理不順、月経異常、冷え症、貧血症、血の道症、産前産後の諸病、婦人の更年期障害、急激に起こる筋肉の痙攣を伴う疼痛、神経痛の症状にも効果的です。

>