中国 初 の ホンダ ブランド ev 量産 に 向け た コンセプト カー 初 披露 へ 北京 モーター ショー 2020。 中国初のホンダブランドEV量産に向けたコンセプトカー初披露へ 北京モーターショー2020 / StartYourEngines|清水和夫が主宰する自動車関連映像専門サイト

ホンダ、量産EVのコンセプトカーを「北京モーターショー2020」で世界初公開

なおホンダの四輪ブースでは、ほかにも中国ホンダとして初となるプラグインハイブリッドモデル「CR-V PHEV」や各種電動化モデル、新型量産モデルなども出品される予定。 安全な交通社会の実現についてホンダは、「道を使うだれもが安全でいられる『事故に遭わない社会』の実現に向けた『Safety for Everyone』という安全思想のもと、事故ゼロ社会の早期実現を目指す」として、中国における実証実験の年内開始を予定しています。 ディスプレイナビゲーションには同期機能を採用する。 X-NV コンセプトは、ホンダの現地法人の本田技研科技(中国)有限公司と東風本田汽車有限公司(東風ホンダ)が共同開発し、東風ホンダから中国市場に初めて投入する量産EVを示唆したコンセプトモデルだった。 走行モードは、「ノーマルモード」、スポーティ性を重視した「Sモード」、経済的で省エネを重視した「Bモード」が切り替えられる。 また、ワールドワイドで展開する世界戦略車のキャラクターも有していると思われ、世界最大の自動車市場、そして高いSUV人気を誇る中国では、注目を集めること間違いなしの1台といえるだろう。 他には、EVの分野では他メーカーに比べ遅れを取っている同社に対して疑問の声などがあった。

>

中国初のホンダブランドEV、量産に向けたコンセプトカー初披露へ…北京モーターショー2020

また、次世代の「Honda SENSING(ホンダ センシング)」として、認識・予測・判断性能を向上させた安全運転支援システム「全方位ADAS」を搭載。 北京モーターショーで世界初公開された「Honda SUV e:concept」 最大の注目点は、次世代の「Honda SENSING(ホンダ センシング)」として、認識、予測、判断性能を向上させたという安全運転支援システム「全方位ADAS」の搭載。 同モデルはコンセプトカーではありますが、天地に薄い前後ライトなど、最新のトレンドに沿うエクステリアデザインが目を惹きます。 これからのホンダのSUVの新しさとエレガントさを感じます。 EVコンセプトカーのほかにも、北京モーターショーのホンダ4輪ブースでは、中国ホンダとして初となるプラグインハイブリッド搭載モデル「CR-V PHEV」、各種電動化モデル、新型量産モデルなどを展示。

>

ホンダ、中国初の量産EVコンセプト「SUV e:concept」や「CR

中国で初となるHONDAブランドEVの量産を見据え、その方向性を示す新しいEVコンセプトカーは、今回公開されたイメージ画像から判断すると、クロスオーバーSUVルックを纏った電気自動車に仕立てられていると想像される。 国策としてEVの普及を目指している中国。 また、アキュラブースでは量産モデルを中心に、2輪ブースではFUNモデルを中心に出展がされる。 将来的な中国生産を見据えたEVコンセプトカーを初公開する そんな中、ホンダは北京で9月26日のプレスデーを皮切りに開催予定の「2020年北京モーターショー」において、中国で初となる将来の同ブランドEVの量産を見据えて、その方向性を示すEVコンセプトカーを世界初公開すると発表しました。 ホンダの最新の「SPORT EV」技術を搭載したピュアな電動SUVに位置づける。 とくに、中国はEV/PHEVモデルがさまざまなメーカーから登場しており、世界でもっとも電動化が進んでいる市場ともいわれています。 ホンダは2019年春、中国で開催された上海モーターショー2019において、中国向けEVコンセプトカーの『X-NVコンセプト』をワールドプレミアした。

>

ホンダが北京モーターショーで現地生産を見据えたEVコンセプトカーを出展

1回の充電での航続は、最大480kmとした。 日本で好調なスタートを切ったホンダe。 」 「これはまだ全然煮詰まっていない段階じゃないの? こんな段階で発表しちゃうの? 実現するか疑わしい。 纐纈敏也@DAYS. ホンダは、「事故に遭わない社会」の実現に向けた「Safety for Everyone」という安全思想を掲げ、事故ゼロ社会の早期実現を目指して、中国における実証実験の年内開始を予定しているそうです。 ヴェゼルとほぼ同じボディサイズの電動SUV 広州モーターショー2020で発表されたM-NVは、2019年秋に中国で発売されたX-NVに続く東風ホンダの市販EV第2弾だ。 同社は、EVコンセプトカーについて、「将来、中国で初となるホンダブランドのEVの量産を見据え、その方向性を示すEVコンセプトカー」と説明しています。 また「Acura」ブースでは量産モデルがなり中心に、同社の二輪ブースではFUNモデルを中心に出展するとしています。

>

中国初のホンダブランドEV量産に向けたコンセプトカー初披露へ 北京モーターショー2020 / StartYourEngines|清水和夫が主宰する自動車関連映像専門サイト

同車の市販モデルが2019年秋、『X-NV』として中国市場で発売された。 」 「外見より中身。 トリムパネルには、ブルーテックのテクスチャパネルがあしらわれた。 同会場で公開されるEVコンセプトカーは、将来、中国で初となるホンダブランドEVの量産を見据えて、その方向性を示すモデルとしている。 サイドビューは、昨今流行りのクーペSUVテイストで、フロントフェンダーからサイドスカートに流れる造形が特徴的です。

>

ホンダ、2020年北京モーターショーの出展概要

今回、中国で初となるホンダブランドEVの量産に向け、その方向性を示すEVコンセプトカーを披露する。 ホンダCR-V PHEVの外観 また、CR-V PHEVも出展されています。 今回、中国で初となるホンダブランドEVの量産に向け、その方向性を示すEVコンセプトカーを披露する。 同社独自の2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」をベースに、バッテリーやコンバーターのシステムの高効率化が図られ、走行性能やレスポンス、静粛性など、日常走行のほぼ全ての領域で「最もEVに近い」フィールを実現したとしています。 ダッシュボード中央に、デュアルLCDスクリーンを備えた多機能インストルメントパネルを採用する。 100km走行あたりの電力消費量は13. リアは、細長い水平基調のテールランプを採用。 また、次世代の安全運転支援システム「全方位ADAS」の技術訴求を展示。

>

ホンダ、中国初の量産EVコンセプト「SUV e:concept」や「CR

さまざまな実用的なアプリも車載化された。 テスラがEV市場ではシェア1位で、BYDやSAIC(上海汽車)の地元勢のほか、BMWやフォルクスワーゲンなどのドイツ勢もEVの現地生産を含めた投資を加速していています。 」 「ハイブリッドはもはや時代遅れ。 ファッション性や未来的な雰囲気を備えた魅力的な空間を狙う。 Honda SUV:e conceptのフロントデザインは、ブルーのライトが印象的でロゴマーク、フロント上端、ヘッドライト周り、バンパー左右を際立たせる形で点灯。 ホンダと広州汽車の中国合弁、広汽ホンダからは、中国専用EVの『理念 VE-1』を発売するほか、2020年以降はプラグインハイブリッド車(PHV)の投入を予定している。

>