としま 区 民 センター。 区民センター|東京都北区

フォトギャラリー|生まれ変わったとしま区民センターを紹介します。

東京・豊島区が東池袋で整備を進めていた「としま区民センター」が完成し、11月4日に供用を開始する。 8em;left:-2px;padding:0 1em 0. (8)混雑する場合には入場制限を行うこと。 エントランス・外観• (10)入退出時 入退出時の行列含む や集合場所等において対人距離を確保すること。 再開の目途が立ちましたら、ホームページにてお知らせいたします。 ( の提出をお願いいたします。

>

としま区民センター【Toshima Civic Center】|フロアガイド・アクセス・駐車場

スタジオC :防音室のスタジオは全3室 8F• 貸室利用者向けの休憩ラウンジです。 (3)イベント等について、参加者はマスクを着用し、主催者や演者等はマスクやフェイスシールドを着用する等の飛散の対策を行うこと。 施設を安全にご利用いただくために、ご利用の際は、フロントスタッフまでお声がけください。 当施設では、指導行為をお見掛けした際、職員がお声がけ確認させていただきます。 としま区民センター 施設情報 所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-20-10 電話 03-6912-7900 ファクス 03-6912-7922 利用時間 午前9時から午後10時まで 休館日 メンテナンスのため、臨時休館する場合があります。 あらかじめご了承ください。 和室:フラットで広々とした和室は、茶道、華道など和の集まりはもちろん、小さなお子さん連れの集まりにも使えそう。

>

豊島区池袋スポーツセンター イケスポ!

トイレ:パウダールーム、フィッティングルームを完備!• トイレ:親子が一緒の個室に入れる「おやこトイレ」、パパ・ママそれぞれ使える授乳室、おむつ替えスペースもあります! 3F• (7)利用者 ないしは観客 同士が大声で会話を行わないように周知すること。 多目的ホール:講演会からレセプション、パーティー、演劇、クラシックコンサートも 舞台背面には大型LEDビジョンを常設。 キッチンルーム:料理教室のほか、会議室としても利用できます。 詳細は以下をクリックしてご覧ください。 休日歯科応急診療所• 施設の利用につきましては、同意書(個人・団体)の提出をお願いしております。 「特別教室」参加ご希望の方は、当日9階受付にお越しください。

>

区民センター|東京都北区

(6)発熱や軽度であっても咳や咽喉痛などの症状がある人は入場しないように呼びかけること。 滝野川西エコー広場館• をもちまして券売機メーカーの保守終了に伴い使用販売を終了いたします。 (5)参加者の体温を測り、熱のある方や体調のすぐれない方は入場・利用させないこと。 (12)感染が発生した場合に備え、個人情報の取り扱いには十分注意いただきながら、参加者の氏名・連絡先を把握すること。 ダウンロードしてご利用ください。

>

豊島区池袋スポーツセンター イケスポ!

3トンまで バイク駐車場 なし 自転車駐輪場 自転車は地下1階の駐輪場に駐めてください。 (2)開催中は常に室内の換気を行うこと。 再開の予定がつき次第、当ホームページでお知らせいたします。 詳細情報. (13)区民センターを利用する前後に交通機関・飲食店等での密集を回避するために交通機関・飲食店等の分散利用を喚起すること。 (令和2年9月19日より一部内容に変更があります) 【利用にあたって順守する条件】 (1)3密(密閉、密集、密接)の回避を行うこと。

>

貸室・施設概要

) 受付時間のお知らせ 貸室予約・使用料納付および使用料の還付事務の受付時間は 9時30分~20時30分となります。 同区が掲げる「国際アート・カルチャー都市構想」のシンボル「Hareza池袋」のエントランスゲートとして、旧豊島区民センターと隣接する生活産業プラザを一体的に改築・改修し、区民の多彩な自己表現の場や文化創造の拠点に再生させた。 管理一元化を図り、区民生活の向上を目的とした複合施設です。 小ホール:リサイタルやピアノの発表会、カラオケ大会にも。 。 年明けは、1月4日(月)の8時30分より営業いたします。 (11)大阪コロナ追跡システム(利用者のQRコードへの入力)の登録・利用に協力すること。

>

大阪市立都島区民センター|大阪市立都島区民センター

交通アクセス. (4)消毒液をご用意いただき、会議室・ホールの手に触れる箇所や設備を適宜消毒すること。 マスクをお忘れになった場合は、購入していただきます。 詳しくは施設にお問い合わせください。 尚、ご来館の際は、『認印』をご持参いただきます様合わせてお願い申し上げます。 (9)演劇等の場合は演者の発声による飛沫感染対策として、前方席の使用を控えるなどにより、演者と客席の距離(最低2m)を確保すること。

>