ブルー カレント 3 インプレ。 ヤマガブランクス ブルーカレントⅢ69を実釣インプレ。操作感とシャープさがパワーアップ!

ブルーカレントⅢ53のインプレ

ショックリーダー:弾丸フロロショックリーダー 10lb 上記のタックルで実釣を行いましたので、参考にして頂ければ幸いです。 バイブレーションやメタル系のルアーの使用頻度が高いのであれば、もうワンランク反発力の強いロッドの方が快適に釣りができると感じる。 釣り糸を通して消しゴムでも付けて、部屋の中で消しゴムの散歩をするともっと良いのでしょうね。 ハッキリ言って前作の方がカッコイイw ページの左上に解説があります。 3フィートがいかに長いかよく分かります。

>

BlueCurrent Ⅲ

私は土肥富のレンジクロスフックSSサイズにガン玉を打って豆アジ用軽量ジグヘッドを自作します。 3g程度のジグヘッドリグやマイクロメタルジグ、7g前後のプラグや14g程度のメタルバイブ、さらには20gのメタルジグなど実に幅広くなっています。 ビッグベイト・スイムベイト• blocks-gallery-image:nth-of-type 7n ,. チューブラーな上に特別高弾性なブランクスでもなく1g以下のジグ単の負荷を感じ取り微妙な操作をするような釣りに特化していないので仕方ない所。 ほんとに読みたい人だけ読んでね。 基本的にアクション、テーパー共に前シリーズを踏襲。

>

ブルーカレントⅢ510 インプレ コルトUXとの比較レビュー

エギングロッド• ジグヘッド単体とプラグで「獲る」為の性能を研ぎ澄ましたバーサタイル・テクニカルモデル。 竿袋が付いているのは地味にありがたい。 3gが一番使いやすそう。 カルディアLT1000で総重量230gちょい。 この色だとストラディックの方が合うような気がしています。 wp-block-cover-image-text a:active,. blocks-gallery-item:nth-of-type 1n ,. 魚が咥えたあたりでなく魚体が触ったあたりを掛けてるのかスレがかりが多くなった• 3gジグヘッドにでやってみた。 近距離専用の高感度ショートレングス2ピースモデル。

>

ヤマガブランクス ブルーカレントⅢ 53インプレ│おたまの釣り日誌

ソリッドティップのロッドよりもアクションにキレが出しやすく、小さなロッドアクションでもキビキビルアーを動かしやすかった。 ローテーパー設計だけあって薬指と小指でリールフットを挟み持つスリーフィンガーでも若干ティップが下がる。 リアグリップにモデル名の表記があります。 また、ボトム付近を探る時は、アクションの後にツッというアタリが感じられるので、そこで軽くシャープにロッドを立てて合わせるとよいです。 wp-block-cover-image h2 a:active,section. 口が柔らかい これらに対応するためにフックサイズは間違いなく小さいほうが良いです。

>

のんびり釣りでもいかがですか?:ブルーカレント 74Ⅱインプレ

has-light-green-cyan-background-color,:root. 5s;-webkit-transform:scale3d 1. まとめ いかがでしたか。 でもバットはティップベリーに比べて強め• タイラバ• 1 ;-webkit-transition:background. 5gへ。 不意の大物にも余裕で対応出来るパワーの持ち主 出典: ブルーカレント93TZ NANOはアジやサバ、カサゴ、メバルといった小型の魚を狙うロッドですが、 ハマチやシーバス、タチウオ、クロダイなども問題なく獲る事が出来るパワーを秘めています。 3フィートの長さでも振り抜きがしやすく、軽くキャストしただけでもルアーがしっかり飛んでいくので、体力的にもとても楽でした。 短くして感度上げて軽量リグでもJHの重さがわかるティップにしたよ• 手に吸い付いて離れない感じ。 blocks-gallery-item figcaption,. その上で、軽く、よく飛び、強いというシンプルな基本性能を最も顕著に体現させてきたブルーカレントシリーズのモデルチェンジは、根幹となる設計が進化したという意味を持ちます。 ルアー・フライ• 24 ,-6px -6px 10px -3px rgba 0,0,0,. 穂先 ティップ :チューブラーらしく、程よい反発力がある• ライトゲームロッド• 潮の重みを感じにくいような状況でも、ラインとジグヘッドの重さをしっかりと感じながら、魚に違和感を与えずに「乗せ」、豆アジもしっかりと曲げて獲る事ができるしなやかさと繊細さを併せ持ちます。

>

【インプレ】BlueCurrent 93 TZ/NANO

ジグヘッドとプラグを意図した通りダイレクトな感覚で操作する為に、ベリーの調子を入念に調整した、攻めのJH&Plugモデルです。 う~ん・・・ パっと見はほとんどわからんな~。 オフショアキャスティングロッド• それからスイープフッキングしても間に合います。 ジャンルとしてはライトゲームロッドですが、長いレングスから生み出す圧倒的な飛距離や、ナノアロイを組み込んだ事で得られるしなやかな曲がり、大物が掛かっても追従するしなやかなブランクスなど、 魅力的なポイントがいくつもあります。 アンダー1gの軽量ウェイト使用時も、ブランクにしっかりと重みを乗せた心地良いキャストフィールを得る事ができ、実戦レベルの近距離レンジをカバーする飛距離を得る事が可能です。 ロックフィッシュロッド• 反響のアタリも抜けのアタリも取れる 反響のアタリとは「コン」とか「トン」とか人によっては「キン」とか「カン」で表現されるアタリでソリッドティップのロッドが得意とするわかりやすいアタリです。

>