インパール 作戦。 5分でわかるインパール作戦!真実は?経過と結果などをわかりやすく解説

牟田口廉也

もっとも、盧溝橋事件をの謀略により中国第29軍が起こしたとする見解を前提にすれば、牟田口のとも評される。 腕もなくなったら足で蹴れ。 「スリム軍の損害は16,700(うち4分の1が死者)、他方東南アジア連合軍のこの年の1月から6月までの全損害は約40,000人であった。 実はこの時点で、最重要援蔣ルートの1つへの要衝ディマプルまで、遮る連合軍部隊が存在しない状態であったために、日本軍が前進を継続していたらディマプルは陥落していた可能性が高いと、戦後のイギリス軍の調査で結論付けたものも存在する。 また、第33師団長陸軍中将が、同様の進言をするものの牟田口は拒絶。

>

牟田口廉也

「インパール作戦」の真実。 しかし、作戦中補給を求めても、空返事しか返さない牟田口に業を煮やした各師団は、指揮命令系統を超えて第5飛行師団に窮状を訴えた。 「現況においては辛うじて常続補給をなし得る情況。 『』 -. クローサー WA Crowther 准将• 恥を知れ恥を」と殴りつけた。 いったんはインパールの北にあるコヒマを制圧し、連合軍の補給ルートを遮断できそうに見えたが、旧日本軍は前線への補給が続かず、作戦は失敗。 本作戦を押していたのは上記のように米国側および中華民国であり、1944年3月に実施できる確固たる保証を欲していた。

>

インパール作戦とは?悲劇の原因・牟田口廉也、生き残りや子孫などについて解説!

「がなく航空作戦は無理」という陸軍に対して、牟田口が「それならばチンドウィン渡河まででよい」と、むしろ支援を断る結果になったためである。 このように移動手段がもっぱら徒歩だった日本軍にとって、戦場に赴くまでが既に苦闘そのものであり、牛馬がこの険しい山地を越えられないことは明白だった。 - 緬甸方面軍作戦課長、作戦中第33軍参謀長に異動。 しかし、準備された兵站物資は約3週間分。 「自分が着任前、東条首相と会談したが、その節、ビルマ政策は首相として対インド政策の一環として関心があり、また大東亜戦全局の戦局指導上、ビルマ方面に期待すとの話合があり、私、河辺も対印施策に関心がある」 東条の意を受けた河辺は、ビルマ方面軍司令官として対印施策の実現を目指した。 第31師団は4月5日にコヒマの攻略に成功したものの、「テニスコートの戦い」で敵の駆逐に失敗。

>

ビジネスマンが学ぶべき旧日本軍の大失敗「インパール作戦」

この作戦・兵站計画は、英軍の戦力・作戦などを完全に度外視したもので、一緒の「願望」であると言わざるを得ない。 , p. 小畑参謀長は就任後わずか1か月半の5月に、河辺方面軍司令官の承諾を得て罷免された。 インパール作戦を認可した大陸指には、数々の押印がある。 しかし、牟田口は4月29日のまでにインパールを陥落させることにこだわり、• 「われわれは、日本軍の補給線が脆弱になったところでたたくと決めていた。 8月4日に行われた自らの葬儀においても、遺言により、自説を記したパンフレットを参列者に対して配布させた。 ( 2010年9月)• 訓示は1時間以上も続いたため、で立っていることができない幹部将校たちは次々と倒れた。 そのような状況下で雨季が到来すると、塹壕は水浸しになった。

>

インパール作戦「日本兵かわいそう」地元が語り継ぐ歴史 [モノ語る]:朝日新聞デジタル

最前線は飢えやマラリアなどで戦闘どころではなく、作戦継続は困難と判断した佐藤幸徳・第31師団長は何度も撤退を進言したけど、現場を知らない牟田口は続行を命じて撤退を許さなかった。 牟田口司令官と佐藤師団長の対立 戦線の維持が難しい状況になっても牟田口中将はインパール侵攻を諦めず、各部隊に前進を言明します。 極度の飢えから駄馬や牽牛にまで手をつけるに至るも、死者・餓死者が大量に発生する事態に陥った。 ビルマに来て2カ月経っても、裕一に戦地に行く命令が出ない中、中井が帰ってくる。 お年寄りにはそれぞれの体験があった。 いずれの日にか再び来たって英霊に託びん。 伊藤は「予の軍隊生活二十年の間、かくも悔しきことなかりき」と後任の大隊長に送った通信文で述べたという。

>

ビルマの戦い~インパール作戦 「白骨街道」と名付けられた撤退の道|特集|NHK 戦争証言アーカイブス

かって東條英機に重用された牟田口廉也ですが、インパール作戦における重大な失敗に対して反省の姿勢を見せず、自己を弁護する態度を取り続け、今現在も無能との酷評を受け続けている旧日本陸軍軍人…。 (中略)てめえら俺達兵隊を虫ケラとでも思ってやがんのか! 性根を据えて返答しやがれ!」。 剛毅不屈万策を尽くして既定方針の貫徹に努力するを必要と存じます」(上奏文) 作戦開始から2か月が経過した1944年5月中旬。 なお、田部はに派遣されていた頃、騾馬は駄馬としての価値を上司に報告した経験があったという。 () - 旅団長:M. 牟田口は、まずインドへの侵攻拠点として、防衛線をビルマ領内のチンドウィン川西方ミンタミ山系に進めることを考えた。 73年前、23歳だった齋藤元少尉は死線をさまよいながら、戦慄の記録を書き続けた。

>

インパール作戦とは?悲劇の原因・牟田口廉也、生き残りや子孫などについて解説!

兵站がいかに戦局を左右するのかを太平洋戦争や朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争などの戦局を通して解説している。 そのころ牟田口中将は第18師団長であり、第15軍司令官飯田祥二郎中将の隷下(れいか)にあった。 しかし、(昭和37年)に元イギリス軍中佐からインパール作戦成功の可能性に言及した書簡 を受け取ったことを契機に、自己弁護活動を行うようになり 、死去までの約4年間はインパール作戦失敗の責任を問われると戦時中と同様、「あれは私のせいではなく、部下の無能さのせいで失敗した」と頑なに自説を主張していた。 『陸戦史集』第17(第2次世界大戦史 インパール作戦 下巻)、陸戦史研究普及会(編)、原書房、1969年。 牟田口司令官はこれに激怒して佐藤師団長を更迭、また第33師団長・柳田元三(やなぎたげんぞう)中将、第15師団長・山内正文(やまうちまさふみ)中将も佐藤師団長と同様に撤退を進言したため、牟田口司令官はこの二人も更迭し、第15軍は実質的に崩壊してしまいました。 248• すると牟田口は当時4日後に移動を予定していたにもかかわらず、「今日すぐに出発する」と発言して周囲を狼狽させた。 幕僚が病身の師団長のためにパンを焼かせたり、洋式便座を担いだ侍従兵を連れさせたりしたが、この様子を見た将兵の士気は下がった。

>

朝ドラ『エール』は なぜ凄惨なインパール作戦を描くのか

また、米国は(昭和18年)以来、による中国からのの計画に執着しており、援蔣ルートの増強を求め、の建設と作戦用燃料の建設計画を立てた。 その直後イギリス=インド軍の W. 「てめえらにシンから敬礼する気持ちのある兵隊なんざあ、一日中駆けずり回ったところで、一人でも居るかってんだ。 また、インパール作戦後の1944年後半のイギリス軍の損害について、ルイ・アレンは著書にてレイモンド・キャラハンの引用として、イギリス軍第33軍団は、1944年7月から11月まで日本軍を追撃したが、7月から11月まで週平均兵力8万8,500人が投入されたうち、インパール以遠で日本軍を追撃できたのほぼ半数であり、2万人を超えるマラリア患者を中心に、4万7,000人の戦病者が発生し、死傷病者は5万300人にも上り、そのうち作戦中の死者は たった49人であった。 参考として1944年(昭和19年)初頭、空輸による中国への補給量は毎月13,000トン前後だった。 日本軍の伝統として、補給が軽視されており、河舟・車両等機械力による大量補給は殆ど行われなかった。

>