アカギ 浦部。 アカギ 第四十四話 「偶機」

闘牌伝説アカギの頭脳プレーをまとめてみた。

鍵穴を満たすには別の力を借りるしかない。 初登場時ので13歳の少年期、再登場した6年後の19歳、さらに1年後の20歳で青年期の姿が描かれる。 ヤケか。 罰符についてはノーテン・チョンボいずれの場合も通常の点棒支払いに準じる。 仲井編(6巻 51話 - 7巻 56話) [ ] 赤木が治の元から消えてから数ヶ月。 によって、150の国と地域に配信されることが決定。

>

福本伸行『アカギ』 浦部戦 種明かし|林くんは静かに暮らしたい|note

逆転トップ・・・! ニセアカギは勝利を逃す。 ・自局、鷲巣は日和って西を切るが、それがアカギの待ち牌。 ニセアカギ -• アカギより少し年上。 そんな戯れ事じゃまるで埋まらない。 その後現れた閻魔大王もぶん殴って、アカギへの執念を金に見事に復活を果たし最後の戦いとなります。 2019年5月1日発売• 偽の怒り。 浦部がテンパイしていたのは分かった。

>

アカギ 浦部 手 13

この6年間、アカギによると何度も死線をくぐって来た、とのこと。 鷲巣麻雀の最終局面において自身の勝利を確信するも1900ccの流血と勝負の長期化により昏睡し、部下たちの輸血という違反行為により勝負に敗北する。 ギャンブル全般において異常なまでの勝負強さを発揮し、対戦相手から「」「」などと銘打たれる天才博徒。 そんなこち亀時空で鷲巣はかつての体力を取り戻し、亡者たちを従えて反乱を起こします。 竜崎 -• 不穏な幕開け……! アカギの配牌はパッとせず、対する鷲巣は好調。

>

アカギ 浦部 手 13

6:これを言い始めるとだいたい負ける 引用: 相手が 「牌効率的には〜」 「この牌は壁があるから当たらない〜」 「ノーテン押しは確率的に〜」 とか言い始めたらこの名言で言い返してやりましょう。 トイツ場と見た上で、見えてしまった北しかも地獄待ちはないから打ってくると見込んだアカギの勝ち。 元々はチキンランの捜査を行っていたが、その過程でアカギの博才に興味を抱く。 失敗が怖くて あと一歩が踏み出せない時に 勇気を与えてくれる珠玉の名言です。 半荘終了後、8人中得点上位4人が勝ち抜け。 「みんな随分、手のこんだことをするね。

>

アカギ 〜闇に降り立った天才〜

鈴木(白服) -• 『ワシズ -閻魔の闘牌-』では、元特攻隊員で先身性と頭の切れる逸材だった所以から、勢力を広げる前の鷲巣がその類い希な資質に目をつけ、配下にする過程が描かれた。 ま、半分だな」 「半分?800万の半分の400万ってことか?」 「なにズレたこと言ってんだよ。 人の心理を見抜き、 コントロールする術に優れた アカギらしい名言です。 再放送あり。 九州弁を喋る。 -- 名無しさん 2014-07-20 15:08:37• そういう情報が最後にものを言うのが麻雀…」 ------------------------- 13話:アカギのセリフ 「奴が失ったのは自分の情報…一方で俺は完全に伏せた。 残念ながらその縄じゃ俺は縛れないよ… 不合理に身をゆだねてこそ…ギャンブル…!」 ------------------------- 8話:南郷のセリフ 「あのアカギが真面目に働いているなんて…!」 8話:アカギのセリフ 「あらら…」 ------------------------- 8話:アカギのセリフ 「なんでもっとスカッと生きねえのかなぁ…」 ------------------------- 9話:ニセアカギ、アカギのセリフ 「何も考えずに言っても6割5分の確率で当たる!単純に確率! 確率に疎い奴らを煙にまこうとしても、俺には効かねえよ?アカギさん」 「クククク…なるほど2流だ。

>

闘牌伝説アカギの頭脳プレーをまとめてみた。

偶然そうなるってことに無防備… 奴の金庫の鍵穴は、偶によって満ちる…!」 「アカギは北を待っていたというより、対子場による牌の重なり… その結果に生じる浦部のカンを待っていたんだ…! 言わば… 偶然の機会を待っていた…!」 「人は、理は避けられても偶然までは避けられない。 南郷は、赤木に何か感じて、赤木に代打ちを任す。 狩野龍二(かのう りゅうじ) かつて天に次ぐ東のナンバー2と評され、「東北の昇り龍」の異名を取った元代打ち。 名勝負ランキングベスト8第2位『地獄での戦い!鷲巣VS閻魔大王』 資金が底を突き、それでも勝負の続行を望んだ鷲巣は足りない分を血液で清算します。 鷲巣は鈴木からの差し込みでいつでもアガれる状況でしたが、アカギからの振り込みを待ちます。 もちろん南郷も… しかし矢木に電流走る…!!」 ------------------------- 2話:ナレーターのセリフ 「賭博とは、賭けるものがあるかないかで決定的に勝負の質が変わる… 賭けているものがない時、勝負を制するのはセンスと集中力。

>

麻雀でつい言いたくなるアカギの名言10選

「回天の闘牌」2015年8月1日発売• 一晩の勝負に21年の時間を賭けた作品もアカギくらいのものでしょう。 つまりアカギは北を待っていたというより、 対子場 トイツば による牌の重なり、 その結果生じる浦部のこのカンを待っていたんだ。 チキンランでタケルが勝つように仕組むも、本番でアカギが予想外の行動を取ったために失敗に終わり、タケルが重体に追い込まれてしまった。 「激浪の闘牌」2005年6月7日発売• 浦部戦だって組長が余計なことしなきゃ勝ってたのに。 心が満ちないんだ。 2018年2月2日閲覧。

>

HERO

安岡と私は一心同体、安岡に手を出したらうちの組に喧嘩を売ったとみなします。 極端な出っとが特徴の、組のち。 アカギと戦ったのが1958年、それから44年後のことでもあり、偽者である可能性が言及される。 その直後、アカギはツモる。 漫画界に、 天才と呼ばれるキャラクターは数あれど、 アカギほど「天才」の 称号が似合うキャラクターもいません。 黒崎(黒服) - (4 - 7話)• 山田(やまだ) 鷲巣の部下の一人。

>