その 人 は 遠く。 映画 その人は遠く DVD|映画|DVD

その人は遠く : 作品情報

監督 -• 次のアップは大輪の笑みをたたえたいづみ。 久しぶりに観るので懐かしく思いながら楽しみたいです。 - 日活. でも、 「私の事をどう思ってる?」、 今後どうしたら良い?なんて直接は聞きづらいですよね。 映画の中で山内さんに「お姉さん!」と呼ばれる芦川さんはピッタリでしたね。 また、あの昔の田園調布駅で芦川いづみさんが山内賢さんの帰りを待つシーン。 交通事故のタクシーに乗っていた和泉雅子から山内は惚れられるが、同時に山内の心にはいつも芦川がいるとも指摘される。

>

その人は遠く : 作品情報

それにしても、芦川いづみさんが山内賢さんのために精魂込めて作ったペン皿は、年上のお姉さまの真心として、いつまでも脳裏に残ります。 ある日不意に恵以子が家出した。 美術 - 中村公彦• 今日観た映画はとても良かったです。 ところで、浪人から大学生になった山内賢さんの下宿に、嫁ぎ先から出戻った芦川いづみさんが勝手に入室して彼のレコードを聴いています。 井波恵以子 -• 「その人は遠く」は、禁断の恋をちょっと色っぽい表現と切ない心理描写で綴った、若い二人の恋物語です。 ぜひ、DVD化して発売をしてください。

>

『その人は遠く』

『その人は遠く』については他のブログにも別のコードネームで同じようなことを読まれるかも知れませんが、小生が自身書いたものを加筆・改作したのもので、盗作ではありませんからご安心下さい。 奈津子は九州で高校教師になる決心をし、で量介と恵以子の前から去って行くのであった。 奈津子は結婚しても姉弟のままでいて欲しいと言い、新居へ量介を招きます。 アパートで独り暮らしを始めた量介の世話をするようになった恵以子は彼に好意を持つが、量介は奈津子への思いが強かった。 吉川 - 杉山元• ある日、奈津子が鎌倉彫りのペン皿をくれた。 1963年公開 この映画では、従姉弟どうしの結婚が暗黙のうちにタブー視されている事を物語っています。 最初は勉強の妨げになると文句を言っていた量介は、ひと目見た瞬間から奈津子の魅力に参ってしまいます。

>

sakaaltimes.com:カスタマーレビュー: その人は遠く [DVD]

奈津子の心境の変化 その頃奈津子は、家庭生活でゴタゴタしていました。 主題曲 - 『オー! チャーリー イズ マイ ダーリン(スコットランド民謡)』(作詞:滝田順 合唱:コーロ・ステルラ) 映像ソフト [ ]• 音楽 - 西山登• 因みに併映は、石原裕次郎主演の『太平洋ひとりぼっち」である。 清潔感があってこういう役が合う女優さんですね。 四回目のショットは後ろ姿から横向きになるいづみ。 電報配達人 - 紀原土耕 スタッフ [ ]• 細川叔父 -• 量介は勉強も手につかなくなるような気分だった。 翌年、量介は奈津子夫妻の新居を訪ねる。

>

その人は遠く: まさたみの粒焼き

奈津子は大阪の大学教授・大沢と結婚することになった。 大沢が原因不明の自殺をしたのはそれからしばらくたってから。 やはり似ていると思われましたか。 どれも初期の作品ですが、芦川いづみさんの真骨頂だと思います。 1963年、日活の堀池清監督で作られた清純作品。 また、この『その人は遠く』は、小津安二郎脚本、田中絹代監督の日活映画『月は上りぬ』が描いたような、戦前は土地などの資産を持って優雅な生活をしていた日本の上流階級が、戦後社会の中で、サラリーマンになっていくことを示唆した作品とも言えるでしょう。

>

『その人は遠く』

大沢が原因不明の自殺をしたのはそれからしばらくたってから。 管理人 - 原恵子• 合格の発表も量介には少しも嬉しくない。 。 心臓の弱かった母親が、自動車事故のショックで亡くなってしまったのです。 美しき年上の女性への切ない思いを描いた、青春純愛ロマン。

>

楽天ブックス: その人は遠く

列車のデッキから指でOKサインを出すいづみ(この仕草に見ほれて、うっとり)。 お互いに惹かれ合う、年の離れた従姉と従弟の切ない恋物語。 ちょっと目が何回か合う女性がいると、自分を見ていた!とすぐ思っちゃうんですよね」 29歳・飲食業 「この子、俺を最近見つめてるな?と思ってたら、そうじゃなくて嫌われてたことがありました。 1963年、すでに『泥だらけの純情』があり、『男の紋章』や『にっぽん昆虫記』が公開されていた時代だが、こうした清純な映画も公開されていたのである。 なんとバッハの組曲2番4楽章のブーレb曲。 製作主任 - 山野井政則• そして1963年と現在とでは、その辺の倫理感覚は変化していないような気もします。

>

sakaaltimes.com:カスタマーレビュー: その人は遠く [DVD]

車を運転していたのは旅館を営む井波家の娘恵以子だった。 細川叔父 -• その美しさの要因は端正な顔立ちはいうまでもなく、内面から滲み出るそれにあると思います。 「泥だらけのいのち」の最後は辛かったですが、こちらは希望が持てるような終り方でしたね。 特に和服は最高です。 突然久子が倒れたのは数日後、死因は心臓マヒで倒れたところを車がはねたのだ。

>