シチズン 株価。 「若者の時計離れ」その先にあるものは... シチズン株価下落の背景を読む: J

シチズン時計(7762)の分析|財務堅固だが当面の業績悪化を懸念

2017年以降はスマートフォン市場の主流が高価格帯から中価格帯へとシフトしており、高単価部品の販売減少が継続しそうである。 289• [7762]シチズン時計 配当金まとめ [7762]シチズン時計 配当金 ・利回り・配当性向の実績 配当金の支払い実績 [7762]シチズン時計の 配当金支払い実績です。 景気後退時に損失が発生しやすい工作機械事業を抱えていることから事業継続の為に潤沢な手元資金が重要ではあるが、それにしても多い。 工作機械事業と同じく自動車産業への依存度の高さが伺える推移となっている。 0円とさせていただきます。

>

[7762]シチズン時計の株価・配当金・利回り

こういった企業に我々も投資していきたいですね。 ・ 信用残時系列データは、信用銘柄でない場合、表示されません。 シチズン時計はマルチブランド展開を強化しており、定期的に欧米の伝統ある腕時計メーカーを買収して傘下に加える手法を好む。 2021年には中国に新工場が完成する予定であり、これにより生産能力が現状の倍近い水準にまで拡張される。 今後に期待するしかないですね。 16年に高価格「フレデリックコンスタント」買収。

>

「若者の時計離れ」その先にあるものは... シチズン株価下落の背景を読む: J

悪くないと思います。 会社の利益配分に関する基本方針 当社は、配当及び自己株式取得の合計額の、連結当期純利益に対する比率を「株主還元性向」と捉え、3年間の平均で60%以上とすることを基本方針としております。 。 株式市場はシチズン時計の「次の一手」を注視している。 シチズン時計は高収益かつ競争力がある事業を有する為、敢えて低収益で将来性のない事業を維持する必要はない。 素晴らしい形ですね。

>

シチズン時計 (7762) : 株価/予想・目標株価 [Citizen Watch Co.,]

目先は利益確保に成功しているものの、ブライダル需要の縮小による宝飾品事業の衰退を踏まえれば、撤退は時間の問題であった。 t)をつけてください。 チャイナショックによる日経平均株価の下落局面でシチズン時計は日経平均株価よりも激しい下落を味わった。 自動車産業がCOVID-19の流行による投資意欲の減退から回復しない限りは工作機械事業が低迷する他、新車販売台数の減少がデバイス事業を低迷させそうである。 総還元性向が60%はなかなか高いですね。 時計事業で培った小型精密部品の製造技術と、クオーツ時計で培った水晶振動子などの水晶デバイスの開発力を組み合わせることで、部品サプライヤとしての地位を確立している。

>

シチズン時計(株)【7762】:企業情報・会社概要・決算情報

2007年の自己資本比率は62. 支払時期 中間配当金 2020年12月4日 1株につき2. これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当に付きましては株主総会、中間配当につきましては取締役会です。 (単位:百万円) まとめ [7762]シチズン時計は、国内の時計メーカー銘柄です。 営業利益率という観点では、過去10年間を通して営業利益率7. 前年実績比で70. 2019年度の年間配当金につきましては、現時点では24. 配当につきましては、連結業績との連動と安定配当のバランスを勘案し決定いたします。 かつては腕時計の機械体(ムーブメント)の生産量世界第1位(グループ)を誇り、国内最大手。 2010年の売上高249億円から、2018年には売上高58億円にまで減少しており、顕著である。 そうしたことから、若年層の腕時計離れが確実に進んでいる。

>

シチズン時計(株)【7762】:企業情報・会社概要・決算情報

これらの顧客産業の設備投資意欲に売上高が左右される。 配当金が業績に連動して増加したにも関わらず、株価が低迷したことで配当利回りは顕著な上昇傾向が続いた。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. (単位:百万円) 営業利益 [7762]シチズン時計の 営業利益です。 「シチズン」(CITIZEN)ブランドの時計で知られる他、工作機械の分野でもスイス式自動旋盤を中心とする「シンコム」(Cincom)ブランドで名高い。 2007年にプローバ、2012年にプロサー、2016年にフレデリックコンスタントを買収しており、これらのブランドが売上高を底上げしている。

>