政府 自粛 要請。 政府/「緊急事態宣言」発令「4月7日~5月6日」外出自粛要請(全文)

GoTo東京自粛、キャンセル無料 政府、3日にも方針公表:時事ドットコム

緊急事態宣言の全文は以下の通り。 【内田幸一、斎川瞳、竹内麻子】. 政府は3月11日に予定する東日本大震災追悼式についても規模縮小などを検討する。 これらの国・地域に滞在した日本人が帰国する場合は入国を認める。 令和2年2月26日、安倍総理は、総理大臣官邸で第14回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催しました。 政府は旅行・宿泊事業者に対し、代金の35%を補償する。

>

大規模イベント自粛要請「今後10日間程度は継続を」首相

その中で、イベント等の開催について、現時点で全国一律の自粛要請を行うものではないものの、地域や企業に対し、感染拡大防止の観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討するよう要請したところです。 西村経済再生相「この3週間が勝負」. 政府は事業者に対し、代金の35%を補償する。 外食需要喚起策「GoToイート」は、27日~12月17日、都内で食事券の新規発行の一時停止や発行済みのプレミアム食事券・ポイントの利用を控えるよう求める。 韓国での感染者急増を受け、同国の大邱市と慶尚北道清道郡に過去2週間に滞在した外国人を、入国拒否の対象に追加した。 首相の表明を受け、大阪府の吉村洋文知事は「国と協力する。 国内の急速な感染拡大を回避するために、極めて重要な時期であるため、専門家会議の判断が示されるまでの間、今後10日間程度は、これまでの取り組みを継続するようお願いしたい」と述べた。 首相は対策本部で「専門家会議の判断が示されるまでの間、今後おおむね10日間程度は取り組みを継続するよう協力をお願いする」と述べた。

>

東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

小池氏は65歳以上と基礎疾患のある人を対象に、GoToトラベルの割引適用の一時停止か、利用自粛を呼びかけたいと要請。 大邱市と慶尚北道清道郡からの入国拒否は中国の湖北省と浙江省に続くもので、中国以外に対象を広げたのは初めて。 会議では、トラベル事業の自粛要請に伴うキャンセルを無料とするとの回答が政府からあったことも報告された。 菅義偉首相は20日、分科会に先立ち首相官邸で開かれた全国都道府県知事会議で、新型コロナの感染が再拡大している現状について、「(感染者数が)連日全国で2000人を超え、最大限警戒すべき状況にある」との認識を示した上で、GoToキャンペーンに関し「感染拡大地域では原則4人以下で飲食することについて検討を要請している」などと継続を前提に協力を呼びかけた。 同日開催した新型コロナウイルス対策本部で明らかにした。

>

令和2年2月26日 新型コロナウイルス感染症対策本部(第14回)

東京都は2日夜、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、政府の観光支援事業「Go To トラベル」の都内発着分をめぐり、重症化リスクの高い65歳以上の高齢者と基礎疾患がある人への利用自粛要請を正式決定した。 25日に示された提言では、各地で医療体制などへの負担がさらに深刻化していて、このままの状態が続けば通常助けられる命を助けられなくなる事態に陥りかねないとして危機感を示しています。 また安倍総理大臣は大規模イベントなどの自粛要請について「今月19日ごろを目途に、これまでの対策の効果について、専門家会議の判断が示される予定だ。 都の会議に先立ち、加藤勝信官房長官は2日の記者会見で、キャンセル料の扱いについて「都と連携して検討している」と述べ、調整を急ぐ考えを示していた。 これに対し、加藤氏は2日の会見で「国が実施する事業であり、運用の最終的な判断は国が行う」としつつも、「知事の判断をしっかり踏まえてやっていく必要がある」と述べ、小池氏の対応を注視する考えを示した。 菅義偉首相は27日の政府の新型コロナウイルス感染症対策本部で、観光支援策「Go To トラベル」に関し、感染が拡大している札幌、大阪両市を出発地とする旅行について「利用を控えるよう直ちに呼びかける」と自粛を要請した。 ネット上では「サービス業や医療従事者はそんなに休めない」「時給しかもらえないアルバイトはつらいのでは」などと批判が噴出した。

>

GoTo東京自粛、キャンセル無料 政府、3日にも方針公表:時事ドットコム

年末年始の新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、西村康稔経済再生相は27日の閣僚懇談会で、休暇の分散を所管業界などに呼びかけるよう協力を求めた。 専門家会議のメンバーで、日本感染症学会の舘田一博理事長(東邦大学医学部微生物・感染症学講座教授)は、「インフルエンザのように暖かくなると消えるウイルスではない。 経済への冷や水になることを恐れ、両者とも見直しの判断を先送りしてきた末の急転決着。 観光庁は27日夜、自粛対象となる予約済みの旅行について、12月7日までに解約すればキャンセル料を無料にすると発表した。 政府が方針を変えた背景には、逼迫(ひっぱく)する医療提供体制への危機感があるとみられる。

>

首相、札幌・大阪発の旅行「Go To トラベル」利用自粛を要請

会議では、新型コロナウイルス感染症への対応について議論が行われました。 トラベル見直しをめぐり、小池氏はこれまで繰り返し、政府が判断すべきだと主張してきた。 北海道と大阪府は首相の求めに応じる意向だ。 政府は、売り上げが急減した小規模事業者らへの特別貸付制度の創設など総額1・6兆円規模の金融措置も講じる。 イタリア半島の小国・サンマリノも対象に追加したほか、イランは対象地域を拡大した。

>

安倍首相 イベントの自粛要請「10日間継続を」 新型コロナウイルス

次の目安期間までは、現状の対策を続けるべきという考えを示した。 両市を目的地とする旅行は24日に対象外としたが、専門家が出発分も制限を求めたことを受け修正に踏み切った。 中国・四国• 両市をめぐっては、政府のコロナ分科会が25日、感染状況の基準で上から2番目の「ステージ3(感染急増)」相当となった地域について、出発分も除外を検討するよう提言していた。 この後の記者会見で、国民の皆様には、改めて私から詳しくご説明いたしますが、緊急事態を宣言しても海外で見られるような都市封鎖を行うものではなく、公共交通機関など必要な経済社会サービスは、可能な限り維持しながら、密閉、密集、密接の三つの密を防ぐことなどによって感染拡大を防止していく対応に変わりはありません。 9日で2週間になるなか、安倍晋三首相が大規模イベントの自粛や一斉休校を要請するなど、全国的な感染防止策がとられており、専門家会議の評価や見通しが注目されていた。 ウイルスとの闘いは、数か月あるいは半年、年を超えて続くと考えている」と述べた。 一方、田村大臣は「『通常の医療を提供しづらくなっている』という、悲鳴のような声も聞いている。

>