トピックス 意味。 「トピックス」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「トピックス」の意味とは?使い方や例文・株価指数の捉え方も解説

暦も近年は、1年の全12か月が1枚に記載されたものや、ひと月またはふた月が一覧できるような […]• 提示したい内容を、よりわかりやすくするためにつける 小見出しを、トピックと呼ぶこともあります。 具体的には、「話題性のある出来事」や、その時に人々の間で広く「話の種(タネ)」にされている事柄などを指します。 「現在の時価総額」が基準年(1968年1月4日)と比べ、何倍かを計算し、指標として用いています。 ニュース番組の前半に放送される、今日起きた事件や最新の世界情勢がニュースです。 ニュースや情報番組などでもよく耳にするワードですよね。 この「日経平均株価」は東証再開時からの指数が継続的に発表されていることから経済関係者のなじみも深く、経済の長期的分析を行う際や、代表的銘柄の動きを把握する際によく用いられる傾向があるようです。 株式市場の「トピックス」は意味が違う ニュースで「トピックス」といった場合に注意したい のが、株式市場(東証株価指数)を伝える時に使われる「トピックス」です。

>

「トピックス」と「ニュース」の違いとは?分かりやすく解釈!

日本語での「トピック」と「トピックス」の使い分けは厳密に行われているわけではありませんが、話題が複数の時は「トピックス」が使われることが多いようです。 英語表記は「 topic」です。 ・今回の会議のトピックは、売上低下の原因についてです。 トピックスとは?トピックとの違いは? 「 トピック」は特に注目してほしい話題や問題ですが、「 トピック ス」と呼ぶこともあるのではないでしょうか。 このような特徴から、日経平均株価は 「外需関連株の動きを知るのに適している」と言えます。

>

「トピックス」と「ニュース」の違いとは?分かりやすく解釈!

けっこう間違って使う人が多いです。 また、講演などにおいて「題目・論題」という意味で使われることもあり、「テーマ」と同じ意味を持ちます。 しかし日本語では厳密に単数形と複数形の使い分けはされておらず、複数の事柄に対しても「トピック」と使うこともあります。 題目」「主題、テーマ、見出し」になります。 「東証株価指数」を指すときは「TOPIX(トピックス)」と英字が併記されることが多いですが、カタカナの発音としては「話題」の意味のトピックスと同じであるため、混同しないようにしましょう。 ヘッドラインでまずは、人の興味を惹き付ける必要があると言えるでしょう。 例文 ・ホームページの「最新トピックス」を更新する ・日本チームの大躍進によってスポーツトピックスがにぎわっている また、情報番組などでは、「本日のトピックスです」として、話題の事柄を紹介することもあります。

>

「トピックス」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

大よその市況を把握するためにも、使いやすい指標です。 2 話題になる事柄・出来事。 朝はすべてに目を通している時間はないので、気になるトピックをいくつかピックアップしている。 トピックモデルでは、単語の出てくる順番は無視して、単語とその出現確率だけに注目します。 また、話題。 企業のホームページの場合は新商品のリリース情報などがニュースとして掲載されることが多いです。 例えば、ニュース番組や情報番組などで、取り上げる話題が1件の場合は、「今週のトピックは参議院議員選挙です」という感じで使用されます。

>

TOPIX(トピックス)とは? 意味をわかりやすく解説!

トピックフォロー トピックフォローは、 Twitterで興味のあるトピックをフォローできる機能。 トピックス。 「日経平均株価」とは、東証一部での取引が活発で流動性の高い「225銘柄」を対象とした株価の平均値を使用したもので、「東証一部」全体の平均ではありません。 その後、この指数は算出・発表の主体を日本短波放送(現在の日経ラジオ社)、日本経済新聞社に移して現在に至ります。 よって、市場の概況を知りたいときには、使いやすい指標だと言えるでしょう。 早速、謎の?ピグモン解説員赤いシャルルと一緒に意…• くわしくは下記の記事で紹介しているので、こちらもぜひ読んでみてください。

>

「トピック」の意味と使い方、類語「トピックス」「キーワード」「テーマ」との違い

最新の情報。 また、算出方法も、日経平均での「単純平均」とは違い、 「加重平均」で算出されます。 同じ意味で、「主題」や「議題」にも言い換えが可能です。 したがって、テレビのニュースや新聞で、2種類の「トピックス」を混同してしまうことはまずありえないでしょう。 英語は「topic」、「トピックス」は複数形 「出来事」「題目」という意味で使われるカタカナ語「トピックス」は、英語「topic」の複数形です。 逆に複数の話題がある時でも、トピックということがあるんですよ。

>

「トピック」の意味とは?使い方・類語や「トピックス」も解説

サブジェクト subject:英語 「 主題。 それは、外需関連株が変動するだけで指数が大きく動いてしまうという点です。 「ニュース」と「トピックス」の違いをまとめると、 「ニュース」は「新しい、最新の事件や出来事」、「トピックス」は「話題性のある事柄や出来事」です。 複数の話題を取り扱うときは「トピックス」といいますが、一つの話題でも「トピックス」ということもありますね。 トピックモデル トピックモデルは、 文章中の「単語(トピック)が出現する確率」を考える確率的法則性のこと。 海外トピックス、最新トピックス、メイントピック、ホットトピック、カレントトピック(最新の話題の意)などの用例があります。 」という意味もあります。

>