うるる bpo。 うるるBPO、徳島県及び小松島市と「事業所の立地に関する覚書調印式」を行いました

うるるBPOの特長について

日本は労働人口が年々減少しつつあることから、ITを活用した業務の効率化が進んでいます。 非常に働きやすい現場です。 コストの面でも依頼するのであればうるるBPOである、と考えていたとのこと。 徳島市からとても近いので、私以外も徳島市から通っているスタッフはいます。 経営者の桶山氏から「岡ちゃんなら安心して任せられる」と太鼓判を押された、センター長の岡氏とは、どういう人物なのでしょうか。 校内の会議ではサービスの継続利用について議題に上がることもあるそうですが、「業務には欠かせない」という意見が上がっているとのことです。 急いで電子化したい場合は、特急でスキャニングをしてくれます。

>

合理的なプラン提案がある「うるるBPO」のスキャニングサービス|文書電子化サービスの選び方ガイド

過去10年に渡って培ってきたノウハウと、世界9か国にまたがるオフショアリソースを駆使して、 ビジネスの合理化・効率化を強力にサポートいたします。 スキャニング業務受け入れ体制を増強します。 落胆して、「特にどうしても小松島市への進出にこだわっているわけではないので」と正直に職員へは感想を述べ、他を探そうと思っていたのです。 一方でお客様から様々なご要望を頂き、各種施工サービスに留まらず、BPOサービスへとサービスを拡大致しました。 東京本社からお菓子の提供もあって、甘いものを食べてリラックスできるお菓子タイムもあります。 ホームページには電子化する文書の種類やページ数、スキャニングの方法ごとの、料金の目安を掲載。

>

合理的なプラン提案がある「うるるBPO」のスキャニングサービス|文書電子化サービスの選び方ガイド

また、多くのオフショア・ニアショアセンターなどの複数のリソースを活用し、お客様にご満足頂けるアウトソーシングを実現しております。 うるまBPOが取り組んでいるデータスキャンやOCR処理なども、労働人口が少なくなるなかでもセキュリティに配慮しつつ、少人数で維持・管理できるようにするためには不可欠なサービスであるといえるでしょう。 また、中国は日本同様、漢字圏に属している為、漢字を含まれている業務も対応可能です。 若い人たちはいいアイデアを持っていますので、学生とコラボして新規事業もやってみたいですね。 その他に自動販売機も設置していますが、半分は会社が負担していますので、1缶50円で買えます。

>

BPOサービス|サービス案内|株式会社うるる

新卒時に就職したコールセンターの福岡拠点は、競合が多く企業が求職者に選ばれるような状態でした。 株式会社うるるBPOでは契約書をデジタル化するスキャニングサービスを展開しています。 BPO事業として、従来の施工サービス(データ入力・スキャニングなど)に加え、システム開発受託・電子化総合アウトソーシング・メーリングサービス等の総合型アウトソーシングを展開しております。 このような背景から、紙文書の「ペーパーレス化」を進める動きが加速しております。 行政は数年ごとに部署異動がありますが、例え異動して仕事絡みの繋がりが無くなったとしても、彼らとなら一生の友になれそうだと思いました。

>

うるるBPOの特長について

私たちは200坪のワンフロア物件が必要でした。 最初に現地に行ったときは、地方は「ご当地もの」が必ずあるものだと思っていたのですが、そういった特徴を感じる体験が少なかった(笑)。 うるるBPOが選ばれる理由 機密文書の取扱いに対応可能 契約書を始め、不動産関連書類や医療関連の文書、領収書など機密性の高い書類をスキャン・電子文書化しているうるるBPO。 大規模な業務を アウトソースしたい• jp 【報道関係者お問い合わせ先】 株式会社うるる 広報室 担当:小林 TEL:03-6221-3069 E-Mail:pr uluru. 具体的には、「働き方改革関連法」が2019年4月より順次施行されたことにより、企業は、生産性向上や時間や場所に捉われずに働ける環境の整備する必要がある。 入社して最初の1か月半は東京でマネジャー研修に参加しました。

>

うるるBPO、スキャニング業務特化の徳島事業所を拡張 ~スキャナー機150台体制に増強し、高まる「ペーパーレス化」ニーズに完全対応~

ありがたいことに、小松島へ出張したとき、職員が徳島大学の先生を紹介してくれました。 体制や環境をうまく築いてきた東京の実績を、小松島市でも変わらずに展開したいと思い、オフィスを作りました。 データに変換できれば書類や文章検索が可能になり、大量の資料をいちいち開いて必要書類を探す手間が省けます。 うるるさんに依頼するようになってからは早い作業ながら情報の正確性も高まりましたし、何かあってもすぐに対応してくれるフットワークの軽さもありがたいです。 おかげで営業活動やマーケティングなどにもつなげられています。 なお、新事業所は、2020年4月より稼働を開始する見込み。

>

会社概要

対応業務は、データ入力業務(名簿入力・名刺入力・アンケート入力など)・スキャニング業務(文書スキャン・OCR・ebook化など)・DM発送・コールセンター代行・事務局運営代行・ECサイト運営代行 など、お客様の様々なご要望にお応えできる体制となっています。 スタッフはほぼ女性で主婦の方が多いですが、無理することなく働けていると思います。 こちらからお送りしているデータ量を考えると作業が早く、かつ正確性も高め。 徳島市に比べて小松島市の方が企業数が少ないので、知名度が上がりやすく採用しやすい利点があります。 調印式では、徳島県知事 飯泉嘉門氏及び小松島市市長 濱田保徳氏と、株式会社うるるBPO代表取締役社長 桶山雄平が覚書に署名を行いました。

>

うるるBPO、スキャニング業務特化の徳島事業所を拡張 ~スキャナー機150台体制に増強し、高まる「ペーパーレス化」ニーズに完全対応~

ブラジル(日系スタッフ) 日本との時差を活用した業務で、24時間対応の拠点となっております。 株式会社うるるの100%子会社である株式会社うるるBPO(本社・東京都中央区)は、書類のスキャンに特化したうるるBPO徳島センターを2019年4月にオープン。 小松島市内のみならず、徳島市内の人たちからも選ばれる企業づくりを目指しています。 ・生産活動(コア業務)従事時間の創出 お客様の「非生産活動(=単純作業)」の外注によるノンコア業務の削減 貴社事業のお悩みをぜひお聞かせください。 本社BPOセンター 環境について うるるBPO本社(東京都中央区)には、業務に必要な各種機材が充実(業務用スキャナ機が約80台)しております。

>